理科

#15 中学理科の基礎作り

0

2022/8/3

こんにちは!土台シリーズラストは理科です!

中学では、理科と一括りにしても、さまざまな分野を学びます。どの分野でも共通していることは、生活の中で起きる出来事を理科の知識で説明できる!ということです!

では理科を学ぶにおいて大切なことを紹介します。

①様々な事象に興味を持つ

冒頭でも触れたことです!呼吸や人体の仕組み、働き。音の響き方、伝わり方。目に見えるもの、目の働き。コンセントを使うとき、使えるW(ワット)。

日常のさまざまなことが理科の知識で説明できます。

興味もなくただ暗記するのと、習った知識を活かして学ぶのとでは大きな差があります。


②苦手意識を捨てる

「理科って暗記と計算両方あって苦手」と思っている方は、少し考え方を変えて見ましょう。暗記ではなく理解できるようにするのが良いです!そのために、いきなり難しい問題集に取り掛かるより、自分にとってわかりやすい問題集や参考書からはじめましょう!そうすることで苦手意識が薄れ、できた!という自信につながります!


他の教科よりかなり少ない内容でした。というのも、覚えようとするより理解し、計算は数学でも触れた通り、慣れです。理科の計算が苦手な場合、数学または算数で躓いている可能性があります。

理科のどの分野が苦手なのかを分別することも大切です!


これで中学の5教科の土台シリーズはすべて終わりです!ここまで読んでいただき、ありがとうございました!



0

この先生の他のブログ