英語
の月額コース

「週1テスト」で着実に単語力アップ!~単語集を最後まで完走しよう~

「週1テスト」で着実に単語力アップ!~単語集を最後まで完走しよう~
無料体験なし
事前に先生とチャットでのやり取りが可能ですが、Zoomを使った体験指導はありませんのでご注意ください。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • これまでに何度も単語集で挫折した人
  • 1週間後にはキレイサッパリ忘れている単語学習から脱却したい人
  • 一定のペースで単語学習に取り組みたい人

料金・時間

4,000
/月 (税込4,400円)
教材は先生が用意します
1回 30
(週1回(月4回))

対象学年

  • 高校1年生
  • 高校2年生
  • 高校3年生
  • 高校浪人
  • 社会人

内容

■講座内容

この講座はオンライン授業ではなく、チャットで単語テストを行なうためのものです。毎週1回、単語集の決められた範囲を講師作成オリジナルテストで確認します。全体の流れとしては以下の通りです。

【講師】テストを配布→【生徒】問題を解き、答案を講師に送る→【講師】丸付けをして答案を返却

ただし、テストはただ解くだけでは何の意味もなく、一定の成果を出さなければなりません。この講座では「8割以上」の得点で合格とし、得点が「8割未満」の場合は翌週に同じ範囲の再テストをすることにします(問題内容は変わります)。このようにすることで、確実に単語力を身に付けながら先に進むようにしています。


さて、単語を効果的に覚える秘訣とは一体何でしょうか?

単語というものは「1日5語」とかちょっとずつ勉強してもなかなか身に付かないものです。さらに、1週間も経ったら覚えたはずの単語の半分も覚えていない…そういう悩みを抱える生徒は本当に多いのではないでしょうか。

人の電話番号は覚えられないけど、自分の電話番号は暗記している。なぜでしょう?どっちも無意味な数字の羅列のはずです。自分の番号は人から聞かれるたびに確認するから、自然と覚えてしまう。つまり「触れる回数」が他人の番号よりも圧倒的に多いということが言えます。

これは英語の単語学習にも言えることで、触れる回数を増やせば覚えている単語も増えていく。同じ単語に触れる回数を多くするということは、同じ単語集を何周も読むということ。そのためには、「1日5語」のペースでは遅すぎるのです。大学入試のための単語集は2,000語以上載っているから、1周するだけで1年以上かかってしまう!

ペースを「1日20語」にしたらどうでしょうか。1週間のうち5日間取り組むとして、5ヶ月くらいで1周終わる計算になります。そして、教材というものは同じものを繰り返すほどにどんどんペースが上がっていきます。2周目は1周目よりもかかる時間は短くなり、3週目はさらに短くなり、ついには「1日100語」というペースになるのです!

どんな教材でも、最初の1周をやり切ることが一番難しいのです。特に単語集というものは、分量が極めて多いために、途中で挫折する可能性がとても高い、恐ろしい(?)教材です。この講座の目的は、単語集の「周回コース」の伴走を務めることです。この周回コースは1周が10kmもある長いコースです。しかも皆さんはこのコースを何周もしなければならないのです。1周走ると考えただけでも嫌になるかもしれません。ですが、その1周をいくつもの短い区間に区切ってしまえば、倦まず弛まず一定のペースで走ることができるようになります。

その「短い区間」をどのくらいの長さにするかは、今の皆さんの学年・学力、また単語集をすでに何周しているか、単語集に収録されている語数がいくつかなどによって変わってきます。かといって「1日5語」のようなペースでは1周に1年以上かかってしまうので、1つの目安としては、

受験生=100語~200語/週

非受験学年=50語~120語/週

実際にどれくらいのペースにするかは相談して決めることになります。


単語集を1冊やり切れば、それ以降の英語の勉強は相当はかどります。いずれ覚えなければならない英単語、この機会にマスターしてしまいましょう!

■使用教材

教材は大きく「単語集」と「熟語集」に分かれます。

使用する単語集は、現在の学年・学力・志望校によって次の①~⑦のいずれかを使います。(書名をクリックすると公式サイトにジャンプします。)

【非受験学年、英語の苦手な受験生、日東駒専・産近甲龍以下の大学志望の受験生向け】

英単語ターゲット1200〈改訂版〉(旺文社)

【非受験学年、GMARCH・関関同立以下の大学志望の受験生向け】

英単語ターゲット1400〈5訂版〉(旺文社)

システム英単語Basic〈5訂版〉(駿台文庫)

必携 英単語 LEAP Basic(数研出版)

【早慶上智レベルの大学志望の受験生向け】

英単語ターゲット1900〈6訂版〉(旺文社)

システム英単語〈5訂版〉(駿台文庫)

必携 英単語 LEAP(数研出版)

熟語集は以下のものを使います。2021年7月に〈5訂版〉が刊行されましたが、この講座の熟語テストは1つ前の版である〈4訂版〉(2012年刊行)に基づいていますので、版の違いにご注意ください。

英熟語ターゲット1000〈4訂版〉(旺文社)

■テスト形式

一口に「単語テスト」と言っても形式は様々です。受講生の現在の学力や志望校の傾向(記述式があるかないかなど)に応じて、本講座では様々な問題形式のテストに取り組むことができます。

 

 

 

 

■宿題の有無

「1週間で決められた分量の単語を覚える」ことが毎週の宿題です。(上で述べたように、量の設定は受講生に応じて変わってきます。)

■オプション(単語知識拡充サービス)

本講座は「受講生の学力・身に付けたい単語力に応じたオリジナル問題を作成し、それを受講生に提供し、答案を採点して合否を判定し、不合格なら翌週も同範囲をテストすることで受講生が着実に単語力を伸ばすことをサポートする」ためのものですが、追加料金+6,000円(税別)のお支払いにより、サービス内容をグレードアップさせることができます。具体的には以下の通りです。

・間違えた問題の単語に記憶の助けになる語源情報があればそれを提示する

・語法上要注意の単語については、例文を適宜提示して語法の定着を促す

・記述式問題で気になる間違い(不分明な(クセの強い)文字の書き方、3単現-sの付け忘れ、その他文法的間違いなど)を指摘し、アドバイスをする

つまり、単に○×を付けるだけでなく、受講生の知識を拡充するような情報を適宜提示します。基本料金4,000円(税別)だけの場合は、採点時にはこうした知識拡充のための情報を提示することはなく、○×を付けるだけとなります(ただし×だった問題が単語集のどこにあるかは示しますので、自分で見直しをすることは可能です)。オプションの有無で返却される答案がどのように違うかは下のイメージ画像をご参照ください。

【オプションなし(基本料金のみ)の場合の返却答案のイメージ画像】

 

 


【オプションあり(基本料金+オプション料金)の場合の返却答案のイメージ画像】

 

 

 

■オプション(コマ数追加サービス)

この講座は「1ヶ月に4回」のコマ数設定なので、5週目がある月はコマが空くことになります。その時はテストの間隔が2週間空くことになりますので、追加料金+1,000円(税別)をお支払いいただくことで1コマ追加することができます。

■保護者様へのご報告

毎月末に単語テストの成績表をお送りいたします。

■テスト可能時間帯/曜日

日曜日~土曜日の午前9時~午後9時

 所定の日時になったら講師がテスト問題をチャットで送付する

→生徒は受け取り次第すぐに解く(解答はノートに書く)

→所定の時間までに答案を写真に撮って講師に送る

→講師は答案の採点をして、オプション(単語知識拡充サービス)利用者以外についてはその日のうちに、オプション(単語知識拡充サービス)利用者については翌日までに答案を返却する ※オプション(単語知識拡充サービス)の場合はどうしても返却までに時間がかかる可能性がある点、悪しからずご了承ください。

詳細はチャットでのやりとりで決めたいと思います。

■お問い合わせの際にお知らせしていただきたいこと

・在学(卒業)校名

・現在使用中の英語教材(学校・塾・自習含めて)

・学校や模試の成績

・志望校

指導開始までの流れ

よく似た指導コース