総合型・学校推薦型対策

【高校受験】  気になる内申点

1

2021/6/10

高校受験生にとって内申点って気になりますよね。

気になるというか公立高校の受験の半分は内申点で決まるので「内申点の為に勉強する」高校進学を考えている中学生の本音はこうでしょう。


「内申点」と「内申書」は違うからね。

「内申点」は1とか4とかの数字だね。「内申書」は部活動や委員会活動、学校生活の事、それから資格だね、英検・漢検・P検、これらは「内申点」に加算される高校もあるのでどんなことが書かれているかな?って気になる所だよね。でもあくまで私立高校、つまり併願で出願する場合ですね。あとは出席状況か、これも書かれるね。ラインとしては1年間で30日間の欠席がある場合「不登校児」となります。


その「内申点」今年の中学1年生から変わります。

僕らの時代は相対評価と言いまして学年の7%が1と5、24%が2と4、38%が3,非常にわかりやすい、順位みたいなもんですね。


今は絶対評価、学年に1,2・・・何人いようと関係ないのね。

今後も絶対評価は絶対評価なんだけどその中身が変わるんだな。

各科目の「観点別評価」これが今でもベースになっています。

4項目だね、それぞれの4項目でまずA・B・Cを付けてその合計で1~5の内申点が付けられるという訳だ。正直、僕らの時代とは違ってかなりクリアーになってるんです。羨ましい。


僕、3年間音楽「1」よ。ずーっと「1」。見事でしょ?表彰されたいわ。 こういう観点別成績がなかったからいきなり「1」って書いてあるだけ。どうして?って聞くと「態度・・・」

中間テストはないけど期末テストは音楽あるからね。99点取った時も「1」こういう理不尽な事も起こる訳です。

今の中学生ではないね。まずありえないよね。

ただ、気を付けて欲しいのは「絶対評価」だからね。

よく親御さんと面談して耳にするのは「通知表はほとんど3で、平均位ですよね。」お母さん、大きな勘違い。オール3は真ん中、言ってみれば偏差値50ではありません。


先生が「まあだいたい・・・」となれば「3」です。これが学年全員という事も理論上起こる訳ですよね。ここが絶対条件の弱点かな。自分の順位がわからないの。模試でも受けないとわからないの。あくまで個々の評価なので。

だから各県で有力な模試ってあるのよ。東京で言えば「進研模試・Vもぎ」、埼玉で言えば「北辰テスト」、北海道では「北海道学力コンクール」という感じに。


その「内申点」の土台となる「観点別評価」が統一されます。

僕は個人的にいいなって思います。


《関心・意欲・態度》これが《主体的に学習に取り組む姿勢》になった。良い事ですね。

今までは「はい、ノート提出で~す」とかね、それで成績が付けられていました。この項目については具体例と共に先生方にもう指示が文部科学省から出ています。

《主体的》周りは関係ないの。自分が自分の理解力を広げるためにどれだけ努力したか、です。ノートばっかり取って先生の説明を聴いてない。僕も塾で指導していた時はかなりいました。

説明聴いていないのでそういう子は成績が伸びない、絶対に。本人は頑張っているんだろうから可哀想なんだわ。

だから僕の場合は説明・解説の時はノートを取らせなかった。「大丈夫?どこかわからないところあった?」これで大丈夫となればノート取る時間を与えていました。

同様な指示ですね「ノートを取っているいないは評価に入れられない」そりゃそーだ。ノート取らないで集中して覚えているのかもしれない。自分の頭の中でかみ砕いているのかもしれない。そうした形式にごまかされないように、って意味です。先生達はもう言われています。

「ノート提出」って言われて友達のノート借りて写してたでしょ?僕だけ?まぁ、もうそれはお見通し、意味がないっていう事です。


あとは《理解》が抜けて《技能》になってる。これも大きい。理解と言っても今の中学校では例えば歴史、これ暗記になっちゃうよね。覚えたか覚えてないかが成績、このスマホの時代に、意味ない。 ここでは単純に暗記しただけの知識はいらないという事ですね、だから定期テストも記述式が自然と増えざるを得なくなる。《技能》と《表現力》よ。記号答えて《表現力》はあり得ない。

先生が自然と評価つけるのが厳しくなるよね。

「言いたいことはわかる、言いたいことはわかるけどこの文じゃあ」《技能》はある子なんだろうね。学んだことをこういう風に使えるね、など考えられているのだろうから。

でも《表現力》でマイナスになるね。結局答案上で伝わらないって事は《技能》も怪しいので△、《表現力》は✖だね。厳しいけど。


こういう風に今の中学1年生から変わるのね。

僕が懸念しているのはこれって学校の先生になりたいって子がすごい減少するんじゃないかなって事。「主体的に学習に取り組む態度」これを感情押し殺して評価できるかな。僕はできない。

「この方が理解しやすいって自分で考えたんです、黙っていてください!」「コノヤロー」だよね。でも自分で自分の学習意欲を高めたので評価を上げるんです。

今でも日本は学校の先生が足りてないんです。2年間有効の「臨時免許」を発行して何とかやり繰りしてます。大学で教職課程取っても意味ないって判ったら「教育実習」とか頑張る?昨年度だってコロナの影響で「教育実習」なかったよ。それで「先生」に4月からなれてるんだ。頑張り次第っていう事だよね。シビアな時代が来るかな。


おーっと、それで、今の中学3年生ね、「内申点」ね。中間・期末でいい点とって、それもそうだけどこの「観点別評価」を見て、自分に何が足りないのかを考えて先生にアピールして効率よく「内申点」あげよう。ただテスト勉強しても無駄。 どの教科にも「態度」が入っているんだな、これもあと2年間だけ。先生の授業がくだらないってなったらどうなっちゃうのか? これから先生目指す子ども達はいろーんな事吸収していないとね。

こうしたガラリと変わる年は必ず何かしらの問題が起こる。昨年度の大学受験は「新テスト」だなんだって。「萩生田文部科学大臣ふざけんな!現場に混乱が起こる!子ども達の事を考えろ!」ってね。上手くマスコミにアピールしたもの勝ちだ。これは2018年に指導要領が改定されている。現場にもそれは伝わっている。移行期間なので全く無視してたのは高校の先生。

だから今年度、2021年、新テスト実施。だって今年度の受験生は指導要領変わっているから今までのテストはできないし。


ちなみに数学は今は、数ⅠⅡⅢABCだね。これも理系では「理系数学Ⅰ・Ⅱ・特論」になります。大丈夫、これは中身はさほど変わらないので。


不登校の子の内申点?

気になるよね。心機一転高校から頑張りたいって子もいるだろう。まず、今の担任の先生に相談。協力してもらうようにするの。先生の意見を聞く。それから「副申書」で攻めるか、色々な道を模索するかという選択肢になるので。

勘違いしないで欲しいのは、高校いけるよ、不登校児でも。頑張ればいいだけだ。一人では頑張れない、だったらご両親・先生・家庭教師、全て巻き添えにして頑張ればいい。 合格すれば迷惑でも何でもないから!!


あとは内申点が悲劇的に悪い子は私立だね。それしかないでしょ。これは個々の学校に問い合わせるのが一番確実だけどすべて話してくれるとは限らないよね。不安よね。過去の先輩のデータしかないよね。


首都圏になるけど「開成高校」ここは内申点見てないでしょ。

次に日大付属系、筆頭は日大豊山高校。

青山学院・学習院・成蹊・成城学園もさほど気にしないでいいよね。

早慶附属、早稲田系は全然気にしない、早稲田高等学院・本庄ね。

こうした大学の附属高校って「内申点」より「内申書」よね。こういう子か?って問題なければよね。


まあ、とにもかくにも「内申点」は高くて損はしないんだから、これから、中間・期末、頑張れる範囲で頑張っていこう!!












1

この先生の他のブログ