国語(中学)
の月額コース

【中1・2からの高校受験準備】 なんで答えが「ウ」なの?どこで減点されたの?あなたが解説する国語講座

【中1・2からの高校受験準備】 なんで答えが「ウ」なの?どこで減点されたの?あなたが解説する国語講座
無料体験あり
事前に先生とチャットでのやり取りとZoomを使った45分〜60分の体験指導/お打ち合わせが可能です。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • 選択肢をあと2つまでに絞れたのに、違う答えを選んでしまう…
  • 記述問題に解答するのを諦めてしまっていたり、書いても大きく減点されてしまうことが多い…
  • 模試で国語の偏差値が伸び悩んでいるので、高校受験に向けた自主学習の進め方を教えてほしい!

料金・時間

18,000
/月 (税込19,800円)
教材を話しあって決めます
1回 60
(週に1回(1ヵ月間に4回))

対象学年

  • 中学1年生
  • 中学2年生

内容

・「イ」と「ウ」のどちらも文章の内容に合っている気がするけれど、なんで答えが「ウ」なの?

・記述問題はとりあえず書いているけれど、いつも模範解答とズレてしまう……。どうしたら減点されない文を書けるんだろう?

 

定期テストや模試の返却日、お子様がこんなことをつぶやいていませんか?

それは、日頃の学習が「なんとなくの理解」で終わってしまっているからかもしれません。

 

そこで、わたしの授業では、「お子様が解説する時間」を多く設けます。

例えば、「ウ」が正解の理由だけではなく、「ア」「イ」「エ」を選んではいけないのかも説明していただきます。(ここまで解説されていない参考書もありますが、決して妥協してはいけないところ!)

また、記述問題は、採点者の視点で解答をつくらなければなりません。実は、採点基準は問題文から概ね推測できるのです。解き続ければ、–次第に定期テストや模試のパターンにも慣れていきます。

 

このように、「なぜこの答えになるのか?」と自分に問うのが当たり前になることで、解き方の癖や躓いている部分を自分で見つけられるようになっていきます。

すると、問題への理解が深まることで解き方のモヤモヤが解消され、自主学習にも自信をもつことができるようになります。

 

長文読解では、「なんとなく」で正解した問題は「不正解」と同じです。

なぜなら、国語の問題には、解答にたどり着くまでの明確なルートがあるからです!

したがって、自分で解説できる問題を増やすことが、国語の点数アップへの近道です。

 

そのためには沢山間違えることも大切です!

成長のエンジンですし、たとえスピードを出しても、「焦らず急ぐ」がモットーです。

お子様に合ったペースで進めます。


↓ZOOMで画面共有をしながら、解き方のポイントを確認します。

 

 

 ■宿題の有無

毎回出しますが、量はお子様と相談しながら決めていきます。やりきれる量を着実に積み重ねていくことが自信になり、モチベーションアップにも繋がります。

 

■指導可能時間帯/曜日(空き状況が変わり次第、更新いたします)

水21:15~22:15

木18:00〜20:00

金18:30~19:30

他、平日の10:00~18:00での指導も可能です。

(「長期休み期間中にまとめて授業を受けたい」等のご要望もご相談ください)

お問い合わせの際に、ご希望の時間帯や曜日を教えてくださいませ。


※ご質問やご相談は随時受け付けておりますので、お問い合わせください。

指導開始までの流れ

よく似た指導コース