中学生の夏休みの勉強の仕方

0

2022/8/1

こんにちは。

元不登校のプロ講師 奈緒美です。


今日から8月ですね。

約1か月ある夏休み。


お子さんは、毎日勉強に取り組んでいますか?


今は学校も休みなので、

ついダラダラしてしまっているかもしれませんね。


この1か月をどう過ごすかで、2学期以降の成績が変わってきます。


せっかくの夏休みを無駄にしたくないですよね。



そこで今日は、学年別に

中学生が夏休みに取り組む勉強法について解説したいと思います。





【中学1年生と2年生は宿題と復習を】


この時期は、

あまり勉強を頑張りすぎると

息切れしてしまいます。



せっかく出かけやすい時期なので、

自然の中で楽しく過ごしたり

好きな事を思い切り楽しめると良いですね。



とはいっても勉強も必要です。



学校からの宿題が出ていたら、

お盆までに済ませるつもりで

毎日1~2時間は勉強する時間を作りましょう。



宿題は、1学期に進んだ分の復習になっています。



どの教科も基礎が大事ですので、

宿題は適当に済ませずに、

理解できるかチェックしながら取り組んで下さい。



宿題をやりながら分からない所をなくして、

基本的な問題は解けるようにしておきましょう。



夏休みの後半は、

もう一度復習したり、

出来れば2学期の予習を少ししておくと良いです。





【中学3年生は宿題と受験勉強】


3年生の場合、高校受験が気になっていると思います。



お盆までには宿題を終わらせましょう。



宿題は、ちゃんと理解できているか

チェックしながら取り組んで行きます。



夏休みの後半は、

志望校が決まっていたら

自分のレベルにあった受験対策問題集を

やってみるのも良いでしょう。



受験勉強は、将来やりたい事や夢があり、

そのために行きたい高校が見つかると

やる気が出ます。



オープンキャンパスや説明会などを調べて

出かけてみるのも良い気分転換になります。



学校の雰囲気を実際に確かめて

行きたい高校を見つける事も大切ですよ。



【集中して勉強するコツ】


「勉強しなきゃ」と思っても

ついダラダラしてしまう場合は、

次の方法を試してみてくださいね。


1.朝勉強を始める

夜休んで朝起きた時が一番頭が冴えています。


午前中に宿題を片付けて

午後は好きな事をするなど、

生活にメリハリをつけましょう。


夜型でどうしても朝起きられなければ、

昼寝をして起きてすぐ勉強するなど

一番集中して勉強できそうな時間を

見つける工夫をしてみて下さいね。





2.勉強しやすい場所を見つける


いつも自分の部屋だと

やる気がしない事も多いです。



環境を変えるだけでも、

集中できるようになります。


近くの図書館やカフェなど、

外の方が気分転換になって

集中できるかもしれません。



3.目標とご褒美を設定する


人間は、目先に楽しみがあると

頑張れるものです。


ゲーム感覚で

「お盆休みまでに宿題を全部終えたら○○へ行く」


など、頑張る気になれるご褒美を

親子で考えてみましょう。




「お盆まで」を一つの区切りにすると、

勉強の計画が立てやすくなります。



ぜひ、親子で楽しみながら

計画を立てて下さいね。



0

この先生の他のブログ