英語
単発/短期コース

【夏期講習】国立二次試験、英検、TOEFL対策!英作文攻略

【夏期講習】国立二次試験、英検、TOEFL対策!英作文攻略
無料体験なし
事前に先生とチャットでのやり取りが可能ですが、Zoomを使った体験指導はありませんのでご注意ください。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • 英語のインプットは得意なのにアウトプットが苦手な方
  • 難関国立大学合格を目指す方
  • やることが多くて時間がない受験生の方

料金・時間

20,000
(税込22,000円)
教材を話しあって決めます
60
(全4回)

対象学年

  • 中学1年生
  • 中学2年生
  • 中学3年生
  • 中学浪人
  • 高校1年生
  • 高校2年生
  • 高校3年生
  • 高校浪人
  • 社会人

内容

生徒さんが抱えている課題・現状の悩み


受験生の多くが抱える悩みが、英語のアウトプットの難しさです。


単語や文法、読解はできるけど、作文がどうしても苦手という生徒は多く、裏を返せば、英作文が合否を分けることさえあります。


また、英検やTOEFLなどでも、英作文の配点は大きく、英語が書けるか書けないかが合否や得点に大きく響きます。


ところが、ただでさえ時間のない受験生が、英作文対策に多くの時間を費やすことは難しく、結局多くの方がなんとなく本番に挑んでいる現状があります



コースを受講するメリット/成長できる理由


したがって、本コースでは、短期集中で英作文の「型」とコツを指導します


【このコースを受講するメリット】

・英語で論文を執筆する先生から、説得力のある英作文の書き方を学べる

・「型」を学ぶので、一度覚えてしまえば繰り返し使える

・60分×全4回で効率的に学べる

・論文を月に50本読む先生の添削が受けられる



このコースで一度、型を習得してコツを掴んでしまえば、あとは普段通りの英語の学習の延長で、英作文が書けるようになります!



コースにあわせた講師の強み


私は、大学、大学院で英語による論文の執筆を行ってきました。また、留学に際して英検やTOEFLを何度も受けるうちに、高得点がもらえる英作文の書き方を独自に編み出しました。


英作文というのは、その場かぎりの勝負ではありません。

英作文に望むには、事前の準備がとても重要なのです。


「でも、試験でどんなテーマが出るかわからないじゃん!」と思うかもしれません。もちろん試験ごとに書くべきテーマは違いますが、全ての試験には共通した「型」が求められているのです。


その型に沿って、しっかりと準備をしていれば、当日どんなテーマの英作文が出ても、しっかりと書くことができます。



「こういった点」を大切にしながら指導を進めていきます


英作文では、生徒さんご自身の体験がとても大きな強みになります。

英作文の論理性を支えるのは、書き手の体験に裏打ちされた主張だからです。


したがって、指導においては、生徒さんの体験を聞き出し、そのときの感情、感じたことから、英作文に使える英語を考えていきます。


「書き手第一!」これが英作文の鉄則です。生徒さんの気持ちや体験を第一に、指導を進めていきます。



■宿題について

生徒さんと相談して決めます。生徒さんの体験が英作文の重要な要素ですので、「さまざまな体験をする」というのも一つの宿題です。



■オプション

チャットサポート(+3,000円)

授業時間に加えて、チャットで英作文の添削を行うサポートです。上限は6回になります。それ以上のご要望があれば、個別にご相談ください。



■保護者様への報告方法

生徒さんがその日に学んだことを一覧にしてお送りします。その際、生徒さんの様子や、生徒さんの出来に関する率直な意見も同時にご報告したいと思います。



■お問合せを行って頂く際に知りたいこと

生徒さんの志望校(あれば)

指導目的(定期テスト対策または受験対策など)

永島先生について

永島オンライン家庭教師

早稲田大学文学部社会学コース卒業 早稲田大学文学研究科社会学コース修士課程在籍中 資格 英検準1級 TOEFL 85点

私、永島は、生徒の自主性を重んじる教育を行います。 「それって生徒に丸投げってこと??」 いいえ、違います!それは、「生徒さんの興味関心を最大限に引き出した上で、生徒さんご自身に勉強の意義を見つけて...

指導経験 個別指導塾2年 合格実績 武蔵野大学人間科学部 芝浦工業大学デザイン工学科

プロフィールを見る

指導開始までの流れ

よく似た指導コース