日本史
月額コース

【日本史】要点と流れを掴む 受験日本史徹底講義

【日本史】要点と流れを掴む 受験日本史徹底講義
無料体験あり
事前に先生とチャットでのやり取りとZoomを使った45分〜60分の体験指導/お打ち合わせが可能です。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • 日本史を基礎から理解し、3年次の学習負担を減らしたい1,2年、基礎を見直したい3年、浪人生の方
  • 日本史に苦手意識があり、それを時間をかけて克服したい方
  • 「日本史を得意科目にしたい」という強い意志とやる気がある方

料金・時間

20,000
(税込22,000円)
教材を話しあって決めます
1回 60
(月4回(週1回目安))

対象学年

  • 高校1年生
  • 高校2年生
  • 高校3年生
  • 高校浪人

内容

日本史のような歴史系科目は特に「暗記科目」と思われがちです。

しかし、近年の入試では選択問題に対する対応力が問われるケースが増えてきています。


例えば、

ヤマト政権の「国造(くにのみやつこ)」は、律令体制下ではどの役職の人達でしょう?

「国司」は実はひとつの国に「4人」いることは知っていますか?

源頼朝(みなもと「の」よりとも)と、足利尊氏(あしかがたかうじ)。「の」の有無は非常に重要な意味を持つのですが、それは何でしょう?


このように、単に言葉を暗記するのではなく、その時代背景を含めて全体像を理解していくことが、これからの日本史の入試で高得点するためには必須になっています。

これは、今度導入された歴史総合や探究の授業の方向性を見ても明らかです。


私は日本史を15年にわたり指導してきました。大学入試の指導にも長く携わり、共通テストや私立一般入試、国公立二次試験に挑む生徒たちを合格に導いてきた実績があります。

その膨大な経験をもとに、

・各時代をまたがった共通点と相違点

・その時代の価値観と社会制度、文化

を関連付けて理解できる授業を展開します。

これらを押さえればどのような問題にも対応できますし、共通テストで8割以上は十分に狙えます。

入試で特に狙われやすい項目は重点的に説明し、トータルとしてコストパフォーマンスの良い学びを提供します。


日本史は入試で配点の大きい科目ではありません。

理解した上で必要な単語を覚えていけば、忘れない(覚え直しの作業が必要ない)ため、トータルの勉強時間が短くなり、他の科目に回せる時間が増えます。結果として全体の点数の底上げにつながります。


指導は教科書と資料集を基本的に使用します。

自学自習での参考書の存在は非常に心強いですが、あくまでも教科書が入試の基本です。

そこに書かれていることを理解していくことが、入試攻略の最短ルートです。


日本史学習で得た基礎教養は、その後の資格試験、就職試験をはじめ、人生の節目となる試験で役に立つものです。大学受験のみならず、人生の武器となる学びを提供します。



■宿題について

原則として学習範囲の問題演習によるアウトプット、定着を宿題とします。


■オプション

・オススメ1:チャットサポート(月額5,000円)

※ご質問に対しては、原則48時間以内にお返事します。

・オススメ2:自習スケジューリングサポート(月額3,000円)

※共通テストまでに行うべき自学自習、演習の内容について月毎にオーダーメイドプランを作成します。


■保護者様への報告方法

チャットに指導レポートを投稿します。

指導内容、講師からの一言コメント、その他連絡事項について共有させていただきます。


■お問合せを行って頂く際に知りたいこと生徒さんの志望校

直近2~3回分の模試の得点率(正誤分布も含む模試の結果票をお見せください)

瀧波先生について

瀧波オンライン家庭教師

 2000年 早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業

はじめまして。地歴科講師の瀧波と申します。 私は、早稲田大学教育学部で地理学を修めた後、教育や建設、IT等の一般企業を経て、都内及び北関東の私立高校(進学校)で教壇に立ち、学校では授業以外に特別講義...

東京大学、一橋大学、横浜国立大学、東北大学、信州大学、新潟大学など国公立大学 群馬大学(医学部)など、国立医療系学部(共通テスト対策) 早慶上智、GMARCHをはじめとする私立大学 早稲田本庄高等学院

プロフィールを見る

指導開始までの流れ

よく似た指導コース