数学1A
月額コース

文系でも時短レシピで間に合う!国立病院機構看護学校の数学

文系でも時短レシピで間に合う!国立病院機構看護学校の数学
無料体験あり
事前に先生とチャットでのやり取りとZoomを使った45分〜60分の体験指導/お打ち合わせが可能です。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • 国立病院機構付属看護学校の一般入試を受ける方 → 数学必須で敬遠され記念受験多め。本気の人ほど穴場!
  • 高校で文系選択、数学が得意でない方 → 中学高校でつまづいても、コツは算数の遊び感覚にあるから大丈夫
  • 可能ならば今からでも間に合わせたい意欲の方 → かんたん確実に7割を目指せる、とっておきの方法です!

料金・時間

24,000
(税込26,400円)
教材を話しあって決めます
1回 60
(月4回(週1回目安))

対象学年

  • 高校3年生
  • 高校浪人
  • 社会人

内容

「数学が苦手だから、受験科目に数学のある看護学校は受験しない。」

将来を左右しうるかもしれないせっかくの進路選択に、前向きな一石を投じさせてください。

【希望1】 数学って伸ばしやすい

数学は(=私の数学対策は)、

  • 覚えることが最も少ない
  • 上がった点は下がりにくい

そんな、受験メリットだらけの教科です。

『勉強嫌いの時短レシピ』で、かんたん確実に7割得点を実現できる内容。願望を希望へと変えるお手伝いをいたします。

【希望2】 学費負担が少なくて目指しやすい

  • 在学中は私立と比較して6割程度の学費
  • 卒業後は準公務員としての福利厚生

このコンボはご家庭への負担は最小限なのでコスパ申し分なし。地域によっては返済不要の奨学金制度も利用できます。

目指したリターンが余りある進路選択となりますよう、全力で応援いたします。

数学受験の隠れメリット ■■

【メリット1】 伸びしろは加点要素

数学が苦手なら、その伸びしろが多いということです。国語と英語に寄りかかること無く、合計点の上積みを期待できます。

また、万一の足切り設定がなされる場合、強制カットのラインに掛かるリスクも確実に減らすことができます。

【メリット2】 記念受験にサヨナラ

数学がネックになって、「だめもと」の記念受験が多いのが受験生像の隠れた特徴です。発表される倍率よりも、実質的な受験倍率はもう少し低いのです。

倍率の見かけに貢献する分母になるのか、それとも合格を実現して分子になるのか、もちろん合格したほうが素敵ですよね。

【メリット3】 国語と英語にも良い影響

私の数学対策は、国語と英語の思考力にも良い影響があります。

それはなぜか?

問題を解くたびに都度考えて組み立てる習慣がつくので、『論理的な思考力』がつくからです。

安易に暗記するのではなく、仕組みを理解する方法だから、視たことのない問題に出会ったときにも思考の力を発揮できる。

そんな、一見独特に見えて、実は『考える習慣がつく』王道のスタイルです。

メリットまとめ

要するに、余計な不安を本番の試合に持ち込ませないということ。

  1. 不安要素がなければプレッシャーが軽減され
  2. リラックスできて頭が冴えた気分にもなり
  3. 本番の緊張感によるミスが最小限に抑えられる

そんな神モードに引き上げられた状態で受験できるからこそ、苦手の数学でこそ自信をつけておく意味があるのだと思います。

だって総合力が勝負の筆記試験ですから、苦手が得意の足を引っ張っていたら自分自身に申し訳ない。

■■ 数学の罠を徹底対策 ■■

文系科目との違いが罠

国語と英語、それと数学。数学が大きく他の2教科と違うのは……

途中の処理精度に正解が左右されるところ

です。わかりやすく言い換えると、

数学にはケアレスミスの入り込む余地が多い

のです。たしかに厄介ですよね。

国語と英語には、数学と比べたら途中処理があまり存在しません。国立病院機構の問題のように選択式問題ならなおさらです。

基礎レベルの数学が出される罠

さてさて、国立病院機構の看護学校の数学。数学1からのみ出題されることもあり、問題のレベルは決して高いとはいえません。基本的な問題が、まんべんなく出題されます。

つまり、

『得意な人は軒並み高得点を狙える』

ということ。

「え?そしたら苦手な我々はダメダメじゃん!」

いえいえ、そんなことない。

看護専門学校の入試問題の全般的な傾向でもありますが、時間の割に設問数が多く、解く速さが要求されるのでミスが出やすい環境です。さらに、得意な人は全部の問題を解きに行くので、1問あたりの時間もシビアになります。

このため、高得点を狙っても、ミスが多いタイプの受験生の得点は6~7割程度にとどまる可能性も。要するに、理解しているのに正解しない、計算処理の精度が高くないタイプは意外と多いのです。

でも我々は飛ばす問題を決めたり、ケアレスミスを防ぐ魔法の呪文を授けられたりします。

飛ばす問題は徹底的に何もしない。秒で飛ばして時間を稼ぎます。

実際それだけで3分から4分の節約で、丸々他の問題のために使えます。飛ばさない人よりも有利になっていますよね。8割計算なら20点ほどは飛ばして大丈夫なので、仮に4問とすれば自動的に15分前後の節約ができます。

そういうささやかな積み重ねを惜しまず徹底するのも、競技としての試合の正攻法でもあります。

だから、思ったより我々は不利じゃない。そういうことです。

弱者こそ精度で勝負する

ではどの程度不利ではないのか、こんな得点予想はいかがでしょう。

  • 得意な人が9割を解っていても、精度が7割なら63点
  • 苦手な人が8割を狙って、8割の精度で解けたら64点
  • 苦手な人が7割だけ押さえて、9割発揮できたら63点

です。一番下の控えめケースでも引き分けですね。

もし8割マスターして9割の精度で実施できたら……?はい、大逆転。


私の指導は、演習での『正解再現性』にとことんこだわります。

ミスをしない解き方や書き方だけでなく、試験時間の有効な使い方、いわば合格ラインに確実に届くための考え方もセットで指導しますので、このように得意な子が油断したケースとはいい勝負。

弱者こそ闇雲に欲張らないこと。できないことをわきまえて、できることの精度で挑むのが唯一の正論なのです。

こんな方にぜひ時短レシピ

私の時短レシピは、シンプルで即効性があるだけでなく、あらゆるレベルに対応できる柔軟性もあります。

お困りの状況に合わせた対策内容に組み替えて対応をはかれますので、ご相談ください。

数学が苦手で嫌いで困っている

嫌いなままでも、できれば文句ないですよね。そもそも私が時短レシピにたどり着いたのは、私自身の病的なまでの勉強嫌いが“原因”だったとも思うからです。

そして、苦手だったなら得意にまでならなくてもOK。時短レシピはムダのない身の丈戦術なので、最小の手間で負担だけを取り除くのが、時短レシピの良い使い方

「嫌いだけど苦手じゃない」

謙虚な姿勢で鬼門を乗り切って、あとは得意教科に任せたらよいわけです。

推薦に漏れて急な一般受験

夏休みが明けると、指定校推薦の静かなバトルの時期です。思わぬ上位スライドでトコロテン方式に押し出されてしまう偶然のいたずらに、やり場のない悔しさを突きつけられる受験生も少なくないと思います。

そうして予定外の一般受験となれば、準備期間の短さはプレッシャーとして重くのしかかります。A日程の12月試験なら実質2ヶ月半ですので、意外と短期決戦

そういうピンチをチャンスに戻すために、手早く確実な時短レシピで合格レベルに仕上げます。

私立は費用が高いので公立限定

国立病院機構付属の看護学校への進学は、在学時も卒業後もメリットが多めです。学費の安さは、やはり魅力的ですよね。そして、決して安かろう悪かろうではない安心感。

手頃な私立を検討しつつも、本命として一般受験に懸けてみる価値がある志望先だと思います。

得意なはずだがミスが多い

初見で時間内に8割程度正解できるような、数学が得意な方には限定的な効果になりますが、得点の波がある場合は問題文の処理(≒国語力)に問題を抱えているのかもしれません。

私は国語力アップに数学の小問を利用するタイプなので、総合力アップの一環として私のコースをご選択いただくのも、良い戦術かと思います。

受講に関する補足事項

コースの詳しい設定をご相談いただけます

2022年度の突破を目指すには、本番終了まで10~12回程度の授業を想定したいところです。週1~2回(最悪でも7日以上開けない頻度)の対面指導のリズムを守れると、非常に有効です。

宿題について

基本的には、指定する過去問とテキスト内のやり残した問題の実施が中心です。授業時間中には考え方のヒントの提示や要点(レシピ)のコツを提供することが中心で、問題を解く時間を授業時間中に組みこまないようにしてムダ時間を省いています。

オプションの総合チャットサービスを利用していただくと、普段の学習での引っ掛かりをこまめに解消できる他、具体的な手書き解説(アドバイス付きの完全解答を提供)を得られますので、より確実に実力を上げることが可能です。

オプション

①自習スケジューリングサポート(月額3,000円 → チャットサポート併用時1,000円)

②チャットサポート(月額4,000円、国英の対応不可、追加授業の相談なし、原則として文字やメモ画像での対応)

③チャット+スケジューリング(月額5,000円、①+②を提供)

④総合サポート(月額12,000円、国英の対応可能、追加授業設定可能、レシピ満載の手書き完全解答(※注)の提供あり)


【完全解答とは?】

問題の解法を最初から最後まで記述した模範解答で、一般的には小問で500~1,000円、大問で3,000円~が相場です。

問題集に付いてくる解答解説は様々な大人の事情で“模範すぎる”ため、苦手な人にはわかりにくい原因にもなります。

私の完全解答は基本的に再利用せず1枚ずつその生徒(の思考回路)を思い浮かべながらの手書きなので、「何を考えて、どう進める」が手にとるように分かり、そのまま写すだけでも記述能力が向上するスペシャルな仕様です。次回の授業の際に追加で解説をすることも併用できるため、ご利用いただくことで理解が何倍にも深まると考えています。

将来への投資と考えれば決して高いものではなく、本気で取り組むためにも選択をお勧めしています。

保護者様への報告方法

現役高校生など保護者様がいる場合は、メンタル面を仕上げていく普段の接し方や、日程・難易度・受験教科を考慮した受験戦略づくり、保護者様に意識していただきたいこともアドバイスできるような心がけを意識しています。学力面だけでない受験本番に向けた継続的なケアを重視した相談なども承ります。

社会人の方の場合は、ご本人について同様の対応を心がけます。

お問合せを行って頂く際に知りたいこと

志望校、地元or隔地の別

中学~高校の成績推移(保護者様の場合は保護者様の感覚なりご記憶でOK)

よくある質問

2022年の受験に間に合いますか?
文系でも最短2ヶ月ほどで7割得点を狙えるレシピなのでご心配なく!(体験授業内で現在のレベルや回数などは詳しくご相談が可能です)
全国どこの機構付属看護学校・助産学校でも対応していますか?
国立病院機構の付属看護学校では、大きく分けて2種類の共通試験で実施されています(関東甲信越タイプ、中国四国タイプ)。どちらのタイプを採用する学校でも、実際の過去問を中心にした具体的な本番対策が特徴なので、完全対応しております。ご安心ください。
文系で数学が大の苦手です。本当に大丈夫ですか?
数学が本当に苦手で致命的だった高校生活だったとしても、意外と6割程度ならしっかり狙えます。苦手を放っておけば本番では数学20点以下かもしれませんが、欲張らずにプラス30~40点ほどを上積みできると、バランスが良いでしょう。国語と英語の足を引っ張らない程度に仕上げられれば、じゅうぶんに勝負になるはず。 中3の頃には偏差値40台前半で数学は苦手だったのに、高3受験時には過去問ベースで平均6割とれるまでになった生徒もいますので、時短レシピを信じてついてきてください。
数学だけしか相談できませんか?
英語と国語の指導だけでなく進路相談も日常的に行っているので、受験について総合的にお力になれます。日程も考慮した受験戦略も、ご相談いただけます。 数学ばかり優先させて英語と国語の仕上がりに影響しては一大事です。むしろ、数学に軸足を置きながらも3教科の実力をバランスよく心配させていただけると、お子様はもちろん保護者様の不安も劇的に軽減されることと思います。 本来は複数教科をバランスよく伸ばす専門家です。体験学習時に、なんなりとご相談ください。
授業を受けるだけで理解できますか?
シンプルかつ確実に理解できるよう、取り扱う項目を極限まで削っているので理解は可能だと思います。ですが、理解したと思っても、本番の点数に精度よく結び付くかは別問題です。 一般受験は、点数を確実に積み上げる、一発勝負の競技です。 やや厳しい言い方ですが、本番の一発勝負で正解しないと理解に何の意味もありません。確実に正解できなければ、理解していない人と同じ立場、もっと言うと5択を勘で当てた人にすら劣るのです。 このため、数学に苦手意識がある方には、授業と授業の間にチャットで実際の演習の内容に詳細な添削を受けられる『総合チャットサービス』のオプションをご選択いただくことを強くおすすめしています。

清水先生について

清水オンライン家庭教師

1997年 早稲田大学理工学部機械工学科 卒業 1993年 早稲田大学本庄高等学院 卒業

15年ほど、地域密着型の学習塾を運営しています。 前職はメーカー技術者→地方公務員です。 このたび平日の日中〜夕方と土日を中心に、地域にこだわらない、通塾以外の指導枠を増やしました。 いわゆる『塾...

【指導実績】 私立中学受験(算国理社) 私立中高一貫校受験 中学補習(9教科) 高校受験(5教科) 高校補習、指定校推薦等指導(数学、英語、現代文、物理、地学、地理、世界史、日本史、政経、現社、情報、...

プロフィールを見る

指導開始までの流れ

よく似た指導コース