プロを指名できるオンライン家庭教師
物理
の月額コース

物理コース 長文問題の解き方

物理コース 長文問題の解き方

こんな生徒さんにおすすめ!

  • 長文問題で問われている現象変化が読み取れずいつも勘違いをしてしまう
  • 長文問題ミスをしないための練習を積んで模試や記述式対策をしたい
  • 長文問題で捨てるべき小問を見分けられるようになりたい

料金・時間

26,000
/月 (税込28,600円)
教材を話しあって決めます
1回 60
(月4回)

対象学年

高校2年生 高校3年生 高校浪人

内容

コースの特徴

自分で問題集を解いているときはだいたいできるし学校の定期試験も結構できているのに、模試になるとイマイチ期待したほど成績が出せないという経験がありませんか?


それは長文問題・総合問題対策が足りないからです。


物理の長文・総合問題は、「運動量」「断熱変化」「電磁誘導」などという単発の単元で解ける現象ではなく、複数の分野を合わせて考えなくてはならない現象が非常に多いですね。このような長文・総合問題ができるようになるためには、単元別の問題集をこなすだけでは不十分です。


国語や英語の長文問題と異なり、も含めて非常に細かい部分まできっちり正確に読み取らないと問題は解けません。どんな現象なのか、どう変化しているのか、変化しないものは何か、現象を支配している法則は何かなど、いろいろなことを同時に考えながら、脳内で現象を再現しなくてはならないのです。


また大問1問の中には小問が10題以上あるものもあり、早い段階で勘違いや計算ミスをしてしまうとそのあとの計算がうまくいかなくなります。たとえば消えるはずの項が消せなかったりすればそれを残したまま先へ進まざるをえないのでどこかで必ず行き詰りまり、大量失点につながります。それが物理という科目怖いところです。


さらに小問の中には易しいものから難問までさまざまなタイプが混じっており、中には非常に重い計算を必要とする問題も含まれています。


このコースでは、最新の入試問題を使って長文・総合問題を解く力をつけていきます。

  • 現象の把握の方法
  • 条件の整理の方法
  • 図の読み方、図の書き方
  • 採点者に伝わる答案の書き方
  • 難問や重い計算の見分け方、捨ててもいい問題の見分け方


上記のようなことができるようになれば物理の難問もはや難問ではありません。そしてこれを身につけるには、集団での教室指導ではなくあなたの特性に合わせた個別指導が最も効果的です。


進め方

3~6カ月程度の中期での受講を想定しています。


コース料金には、オンラインでの対面指導が60分x月に4回(カレンダーにより5回)と、それに加えてチャットでのQ&A(ほぼ無制限)が含まれます。対面指導はZoomで、チャットQ&Aはマナリンクのチャットが使えます。


オンラインでの対面指導を始める前には、チャット等を通して現状の確認や課題の設定をしますので、対面の60分は非常に密度の高いものとなります。


予習は必須です。予習の課題やポイントは事前にお知らせします。対面の授業時間は解説のための貴重な時間なので、問題文の読み取り方と問題の解き方を中心に指導します。授業後にはその問題の答案を作成してチャットで送ってもらい、赤ペン添削をしてお返しします。


90分や120分にしたい、週2回にしたい、2週間で集中的にやりたいなど、特別なご要望にもお応えします。そのような場合はまずはマナリンクにお問い合わせください。


指導可能時間帯/曜日

他の生徒さんと重ならない限り制限はありません。早朝・深夜も対応します。相談して決めましょう。


初回の事前相談を受けてから個別に教材をアレンジしますので、事前相談で方針を決定してから最初の課題提示までに1週間ほどいただくようになります。ご了承ください。


追加情報

このコースのリクエストをいただくとき、下記の情報も一緒にいただけるとより適切なアドバイスができます。また打ち合わせが進み実際の指導を始める直前には「現在の実力がわかる資料(模試の成績表、答案用紙など)」の送付もお願いしていますのでご準備をお願いします。

  • 志望校(〇〇大学〇〇学部、など)または希望の進路(理工系、など)
  • 物理に関するあなたの問題点(なんとなく全体が苦手とか、特に○○がわからないとか、どんなことでもいいです)

指導開始までの流れ

よく似た指導コース