国際学院高等学校|埼玉県の通信制高校情報

2023/3/16

国際学院高等学校|埼玉県の通信制高校情報


※当記事で使用している画像は転載・引用を許可しておりますが、転載・引用の際には必ず引用元の明記・リンク掲載をお願いいたします。
国際学院高等学校は、埼玉県にある通信制の高校です。全日制と通信制が併設しており、同じ経営理念のもと運営されています。
通信制の学校には偏差値が関与しないため入学しやすく、また単位制であることから、卒業までに必要な単位数を修得すれば、高校卒業資格を得ることができます。

国際学院高校の特徴は、ユネスコスクールに認定されており国際交流や海外研修などが盛んに行われていることと、年間を通して学校行事が非常に充実していることです。通信制とは思えないほど、質・量ともに密度の高いカリキュラムとなっているので、生徒はさまざまな経験を通して知的好奇心を高め、社会に貢献できる大人へと成長することができるでしょう。

通信制の学校を選ぶ理由はさまざまですが、全日制の学校生活に少しでも憧れがあるのなら、国際学院高校は最適な選択肢だと言えます。出席日数のプレッシャーを感じることなく、自分のペースで学校生活に慣らすことができるので、登校日を増やせるようになれば、全日制のような高校生活も楽しむことができます。

人生の大切な時期である高校生活を国際学院高等学校で送ることで、きっと感性を磨き、新しい自分を見つけることができるでしょう。

設置コース


※当記事で使用している画像は転載・引用を許可しておりますが、転載・引用の際には必ず引用元の明記・リンク掲載をお願いいたします。

リメディアルαクラス

スクーリング回数:週1日(水曜日)

国際学院高等学校では、2クラスに分かれてスクーリングの授業を行なっています。リメディアルαクラスでは、中学校の範囲の学び直しや、基礎基本の学力の定着を目指しています。必須となっているスクーリングは水曜日のみですが、他の曜日も登校することが可能です。

通信制の学校は偏差値という概念がないため、生徒の学力にはばらつきがあります。中には中学校レベルの学習に不安を感じている生徒も多いため、学力に合ったペースで学習を進めていき、「わかる」という実感を積み重ねていくことで自信をつけていきます。

毎週火曜日と放課後には、直接教科担当の先生に質問することもでき、レポート提出に不安がある生徒も安心して仕上げることができます。

リメディアルβクラス

スクーリング回数:週1日(水曜日)

こちらのクラスは、上位検定の取得や入試対策など、基礎基本の学びからさらに応用力を磨きたい生徒のためのクラスです。
大学受験を希望している生徒や、進路の選択肢を広げていきたいと積極的に考えている生徒におすすめです。

必須となっているスクーリングは水曜日のみですが、他の曜日も登校することが可能です。時間割には、英検学習や数検学習の時間も設けられており、試験対策に特化した学習や、進路希望に沿った専門的な分野の探究活動に時間を費やすことができます。興味のあることへの理解を深め、卒業後の進路に向かって着実に前進することができるでしょう。

学校の特長


※当記事で使用している画像は転載・引用を許可しておりますが、転載・引用の際には必ず引用元の明記・リンク掲載をお願いいたします。

学校行事が充実

通信制の学校は、クラスメイトや教師と顔を合わす機会が少ないイメージが強いのではないでしょうか。しかし国際学院高等学校では、全日制の学校に負けないくらい充実した年間行事がカリキュラムに組み込まれていることが特長です。

芸術鑑賞会や球技大会、宿泊研修など、中には普段体験できないことも含まれるので、仲間との絆が深まる良いチャンスです。また、テーブルマナー教室や交通安全教室など実用的な行事もあり、社会人になる前に一般常識を身につけることができるのも嬉しいですね。

国際学院高校には、さまざまな理由から中学校時代に不登校を経験した生徒も多いので、集団で行うイベントには抵抗がある生徒も中にはいます。しかし、通信制の学校なら悩みを共有できる仲間も多く、勇気を出して参加することで、生涯の友達と出会うこともあるかもしれません。行事は自由参加なので、参加できそうなものから無理なく挑戦するのがおすすめです。

SDGsへの取り組み

国際学院高等学校は、国際交流を積極的に行なっているだけでなく、国際的な問題にも目を向け、SDGsへの取り組みを学校全体で行なっています。

SDGsとは、2030年までに持続可能でより良い世界を目指す国際目標で、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

国際学院高校では、17のゴールのうち10の原則への支持を表明し、社会課題の解決を目指し学校全体での様々な取り組みを行なっています。

例えば、SDGs10の「人や国の不平等をなくそう」というゴールに対し、健常者と障害者が共生できる社会実現を目指し、一緒に楽しむことのできる「ボッチャ」の体験会を行ったり、SDGs1の「貧困をなくそう」というゴールに対して、古着の寄付を行ったりしています。

このような活動を多感な時期に行うことで、生徒は自発的に国際的な視点を育むでしょう。

全日制のような集団生活での学び

国際学院高校では、必須となっているスクーリングは水曜日のみですが、他の曜日も登校して自習することが可能なので、他の生徒や教職員と触れ合う時間が豊富にあります。

通信制の学校では珍しく制服着用が義務付けられており、毛染めなどに関しても校則があるのが特長で、生徒全員が落ち着いて学習できるよう配慮されています。

また、図書館やパソコンルーム、グラウンドなど、学校設備は全日制にも負けないくらいの充実ぶり!集団生活を通して学べる協調性は、きっと卒業後の日々にも活かされることでしょう。

入試方式


※当記事で使用している画像は転載・引用を許可しておりますが、転載・引用の際には必ず引用元の明記・リンク掲載をお願いいたします。

一般入試

一般入試の詳細はこちらです。

出願資格:中学校を卒業見込みの方、または
     中学校を卒業した方
入学時期:新入学は4月、転入・編入は随時
出願書類:入学願書、受験票、写真2枚、在籍校からの調査書、志望理由書など
選考方法:書類審査、面接、筆記試験(国語、数学、英語)
検定料 :23,000円

*上記の書類に加え、転入・編入の場合は在学証明書、成績単位修得証明書が必要です。
*筆記試験がありますが、通信制の学校は偏差値が関与しないため、学力の確認のための試験となります。
*入試より3日以内に合否を通知します。

入学時の費用


※当記事で使用している画像は転載・引用を許可しておりますが、転載・引用の際には必ず引用元の明記・リンク掲載をお願いいたします。
入学の案内が届きましたら、履修科目を選択します。科目が決定しましたら、所定の期日までに学費を納入します。初年度の学費の詳細はこちらです。

[学費詳細]
入学金     :250,000円
授業料     :290,000円
施設費     :130,000円
施設維持費   :30,000円
講習費     :100,000円
同窓会費    :20,000円
後援会費入会金 :10,000円
後援会費    :30,000円
保護者会費入会金:10,000円
保護者会費   :9,000円
生徒会費入会金 :2,000円
生徒会費    :2,400円

学費(授業料)について

国際学院高等学校の学費は、平均よりも高めです。しかし埼玉県に在住で、なおかつ世帯年収が910万円以下の方なら国の就学支援金に加え埼玉県独自の上乗せ補助を申請することができ、学費の負担を減らすことができます。詳細は下記の通りです。

[世帯年収が約590万円未満の場合]
国の就学支援金が290,000円支給されますので、授業料が実質無料となります。

[世帯年収が720万円未満の場合]
埼玉県独自の補助が171,200円、国の就学支援金118,800円、合計290,000円支給されますので、授業料が実質無料となります。

[世帯年収が910万円未満の場合]
国の就学支援金が118,800円支給されますので、授業料の負担が171,200円となります。

卒業率 ・合格実績・進路実績など

国際学院高校には、多くの大学、短大、専門学校の指定校推薦制度があり、全ての生徒が活用できるチャンスがあります。

主な合格実績の中には、埼玉大学、岡山大学、名古屋市立大学のような国公立大学や、早稲田大学、法政大学、明治大学のような難関私立大学もあります。

入試に偏差値が関与しないため生徒の学力はさまざまですが、それぞれのレベルに合った学習サポートと、一人ひとりに行き届いた進路指導があってこその実績だと言えるでしょう。

まとめ

国際学院高等学校は、埼玉県にある通信制の高校です。
ユネスコスクールに認定されており、国際交流や海外研修などが盛んに行われていることと、年間を通して学校行事が非常に充実していることが特徴です。

入試において偏差値が関与しないため、生徒の学力にばらつきがありますが、クラスは学力に応じて2つに分けてあります。基礎基本の定着に焦点を当てたリメディアルαクラスと、進学を目指す生徒のための、応用・発展した学習内容に挑戦するリメディアルβクラスがあります。

どちらも必須のスクーリングは水曜日のみですが、その他の曜日も登校して自習することが可能となっており、全日制のような学校生活を楽しむことができるのが特徴です。

学費は平均と比べて高めですが、世帯収入によっては国の就学支援金と埼玉県独自の上乗せ補助を申請することができます。

進路指導も行き届いた学校なので、生徒が目標をしっかり持って3年間過ごすことができるでしょう。

全国の学校関係者の方向け

無料で学校様に取材/インタビュー記事の作成を承っております。取材依頼をご希望の際はこちらまでご連絡いただけますと幸いです。

免責事項

こちらの情報は執筆段階でのリサーチ・状況において執筆されたものであり、随時内容のメンテナンスを行っておりますが、 現時点での正確性を保証するものではございませんのでご了承いただけますと幸いです。

オンライン家庭教師マナリンクについて

オンライン家庭教師マナリンクは小〜高校生のためのオンライン家庭教師サービスです。オンライン家庭教師一覧画面より、ユーザー様ご自身で先生を探し、指名していただくことができます。入会金19,800円(税込)で、1科目から受講可能です。ご相談だけでもお気軽にお問合せください。

マナリンクトップページ