中高一貫校で不登校になってしまった際の対処法【不登校中の勉強方法も解説】

中高一貫校で不登校になってしまった際の対処法【不登校中の勉強方法も解説】

「中高一貫校に通っている子供が不登校になってしまった。内部進学できるかも不安だし、このまま勉強が遅れたらどうしよう」

本記事は上記のように悩んでいる方に向けて、中高一貫校に通っていて不登校になってしまったときの対処法を解説しています。

学校生活や人間関係のトラブル、勉強への不安など些細なきっかけで不登校となってしまう子供は多いです。

子供が不登校になってしまったときには、

  • 登校再開に向けてのサポート
  • 不登校中の学習サポート


の2点に気を配る必要があります。

本記事では不登校になってしまったときの対処法や不登校中の勉強方法を紹介しています。

本記事を読めば、不登校になってしまった子供に対して適切なサポートをできるようになりますよ。

不登校になってしまった原因によって対処を変えよう!


不登校の原因

不登校になってしまう原因には様々なものがあります。

そして不登校になった原因別に取るべき対処法は異なります。

まずはお子様と向かい合って、不登校の原因を突き止めることが重要です。

本記事では不登校になってしまった原因と原因別の対処法を解説していきます。

  • 勉強についていけない
  • 人間関係でトラブルがあった
  • 家庭環境に問題がある
  • 学校生活に馴染めない


それぞれ詳しく解説していきます。

勉強についていけない


中高一貫校では大学受験に向けて先取り学習をしてる学校も多いです。

先取り学習やハイレベルな勉強についていけず、不登校になってしまう子供もいます。

中高一貫校に通う子の多くは中学受験を突破した子であり、自分の学力や能力に自信を持っている子も多いです。

自分が今まで頑張ってきた勉強でついていけなくなり、大人が思っている以上にショックを受けている子もいます。

勉強についていけないのが原因で不登校になった場合には、不登校中は基礎から学習をやり直し、子供が再び自信を持てるようにしていきましょう。

オンライン家庭教師マナリンクの平岡先生大門先生は平均点以下の子どもへの指導経験が豊富です。

人間関係でトラブルがあった


いじめや友人とのもめ事など人間関係でトラブルがあって、不登校になってしまう子も多いです。

人間関係が原因のトラブルの場合は、問題となった人物と離れることで再び学校に通えるケースもあります。

学校側と保護者で協力して、何がトラブルの発端となったのか、再発防止のために何ができるのかを話し合っていきましょう。

再発防止が難しい場合や問題が根深い場合は、転校も視野に入れておく必要があります。

家庭環境に問題がある


意外と思われるかもしれませんが、学校ではなく家庭環境に問題があって不登校になってしまう子もいます。

  • 両親が仕事で不在がち
  • 介護などで両親が忙しい
  • 家庭内暴力やストレス


子供が不登校になった時期の前後に、ご家庭で変わったことはなかったか振り返ってみてください。

家庭環境に問題があって不登校になった場合には、原因を解消してあげれば子供が学校に通いだす場合も多いです。

学校生活に馴染めない


入学した学校生活になじめずに不登校になってしまう子もいます。

  • 校則が厳しい
  • 校風が合わない
  • 教師と合わない


学校生活と一言でいっても様々な要素があるので、子供が不登校になった原因をまずは見極めましょう。

原因を分析するときは子供のわがままと決めつけずに、まずは受け入れる姿勢で聞いてあげると子供が本音で話してくれやすいです。

内部進学は可能?


凹凸のある壁の前を歩く少年

中高一貫校に通っているお子様が不登校になってしまったときに、まず気になるのが「内部進学はできるのか?」といった部分ではないでしょうか。

不登校中のお子様が内部進学できるかどうかは、

  • 通っている学校
  • 欠席日数
  • 成績


などの状況によって変わってくるので一概には言えません。

そのため、お子様が不登校になってしまったときには、まず内部進学の条件を確認するのが重要です。

出席日数や成績など内部進学の条件を確認したうえで、お子様と今後の進路を考えていきましょう。

お子様と今後の進路を考える際には、内部進学ができるのかだけではなく、お子様は内部進学したいのかも踏まえて考えてみてください。

学校生活や人間関係が原因でお子様が不登校になってしまっている場合には、内部進学できたとしても高校3年間も不登校気味になってしまう可能性もあります。

お子様が高校受験に前向きでいるならば、内部進学をあえてせずに高校受験をするのも選択肢のひとつです。

不登校の時の勉強法について


テスト中の様子

子供が不登校になってしまうと、「勉強に遅れてしまう」と本人や保護者の方は心配になるかと思います。

登校再開後の不安を減らすためにも、不登校中も勉強して、できるだけ学校の勉強に遅れないようにしましょう。

  • 自主学習
  • 通信教育
  • 学習塾
  • オンライン家庭教師


不登校の子でも出来る上記4つの勉強法について詳しく解説していきます。

自主学習


学校の教科書や教材を活用して、自分で勉強する方法です。

お金や手間はかかりませんが、

  • わからない部分があっても質問できない
  • 自分で勉強できない子は勉強が遅れがちになる


といったデメリットがあります。

通信教育


学校の授業と連動した通信教育を活用すれば、自宅でも勉強可能です。

学習塾やオンライン家庭教師よりはお金を節約できますが、自主学習の習慣がないと続けるのが難しいです。

学習塾


不登校中でも学校以外の場所に出かけられるのであれば、学習塾に通って勉強をするのもおすすめです。

決まった時間に学習塾で授業を受けることで、不登校中でも生活リズムを崩さなくなります。

  • 子供が同年代の子と会いたがらない場合
  • 自宅で引きこもりがちな場合


上記の場合には、学習塾に通うこと自体が難しいのがデメリットです。

オンライン家庭教師


オンライン家庭教師はご自宅でインターネットを通じて家庭教師の授業を受けられます。

マンツーマン形式の授業であり、お子様一人ひとりに合ったサポートをしてもらえます。

お子様の性格に合う家庭教師を選べば、学習サポートだけではなく心のケアもしてもらうことが可能です。

オンライン家庭教師マナリンクには不登校児への指導経験をお持ちの家庭教師が多数在籍しています。

心のケアを専門の先生と一緒に始めてみませんか?


中高一貫校に通っているお子様が不登校になったときには、以下の2つのサポートをする必要があります。

不登校となった原因を解決し、再び登校できるようにするためのサポート
不登校中の勉強に遅れてしまわないための学習サポート

お子様が学校にだけ行けない状態であれば、学習塾などに通って学習サポートをしていくのも良いでしょう。

お子様の気分がふさぎがち
外に出るのや同年代の子供と過ごすのを嫌がる

上記のケースでは学習塾に通うのも難しいかもしれません。

お子様が学校だけでなく塾に通うのも難しい場合には、自宅で勉強を教えてもらえる家庭教師がおすすめです。

家庭教師の中でも、インターネットを通じて授業を行うオンライン家庭教師であれば全国各地の家庭教師の中からお子様に合う家庭教師を選べます。

オンライン家庭教師であれば、家庭教師を自宅に招く必要がないので、保護者の方が不在時にも授業をしてもらえます。

オンライン家庭教師を紹介している会社は複数ありますが、オンライン家庭教師マナリンクは入会金や教材費が無料で、家庭教師に支払う授業料のみで授業を受けることが可能です。

本記事ではオンライン家庭教師マナリンクに在籍している家庭教師の中でおすすめの家庭教師3名を紹介いたします。

  • 大門先生
  • 平岡先生
  • 小関先生


大門 オンライン家庭教師


大門 オンライン家庭教師
大門
オンライン家庭教師
自己紹介
はじめまして。発達障害児専門の家庭教師歴7年になります、大門と申します。発達障害や精神疾患、子育て支援などの専門的経歴を有しております。ご安心してなんでもご相談くださいませ。
指導実績
発達障害児者専門講師として、六年間、発達障害と診断された子どもや、昨今増えつつあるボーダーと称される小学生から高校生までの発達障害児・者、および不登校児・者への学習サポートを行ってまいりました。
プロフィールを見る



大門先生は発達障害児専門の家庭教師です。

発達障害と診断された子供やボーダーと診断された子供たちの学習サポートを行っています。

不登校児への学習指導経験もあるので、不登校児の心のサポートと学習サポートを行ってほしいと考えている方にぴったりの家庭教師です。

平岡 オンライン家庭教師


平岡 オンライン家庭教師
平岡
オンライン家庭教師
自己紹介
こんにちは、 松山市近郊で家庭教師は今年で10年目です。
平均点以下の子を対象にしています。
主に教えているのは理系科目と、英語
教えた生徒の成果
・中学校数学を22点から60点、80点まで上げられた!
・中学の公民が20点台だったのが一夜漬けで80点近く取れた!
・社会人になるイメージを具体的に掴めた!
プロフィールを見る



平岡先生は話しやすい雰囲気の女性の家庭教師です。

平岡先生も大門先生同様に、不登校児への指導経験をお持ちです。

平岡先生は理系科目と英語どちらも指導可能な先生なので、平岡先生に複数科目の指導をしてもらえます。

進路相談や勉強に関する相談にも乗ってくれる頼りになる先生です。

小関 オンライン家庭教師


小関 オンライン家庭教師
小関
オンライン家庭教師
自己紹介
勉強を通して当たり前のことに疑問をもつことの大切さ、受験が終わった後も役に立つ「考え方」も併せて指導致します
特徴
不登校児(中学生および高校生)は半年〜1年で復帰
プロフィールを見る



小関先生は落ち着いた雰囲気が特徴のオンライン家庭教師です。

中学生の授業は全科目・全学年の指導が可能となっています。
不登校児へのサポートも行っているので、小関先生に学習サポートをしてもらいながら、登校再開を目指せます。

まとめ


子供が不登校になったときに、保護者の方は以下の2つのサポートを行う必要があります。

  • 登校再開に向けたサポート
  • 不登校中の学習サポート


子供が不登校になった原因を分析に、子供一人ひとりに合った対処をしていきましょう。

特に中高一貫校に通う子供が不登校になったときには、勉強の遅れや内部進学が可能かどうかといった部分も不安かと思います。

保護者の方のみのサポートでは不安なときは、オンライン家庭教師に不登校児のサポートをしてもらうのもおすすめです。

オンライン家庭教師なら全国各地からお子様に合う家庭教師を探せます。

オンライン家庭教師マナリンクでは不登校児への指導経験を持つ家庭教師も在籍しています。