石井 オンライン家庭教師

本人確認済 残り2枠
このページをご覧いただきありがとうございます。 石井と申します。 私は「結果にこだわる先...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

4コース

感謝の声

感謝の声

高校3年生
志望校:未定 2021/07/17

石井先生にお世話になってから少しずつ英語の偏差値も上がりはじめてきました。 「もっと早く、教えてもらいたかった。」と子どもは思っています。 今は受験生として、悩みもあり、落ち込むこともありますが、そんなときも 受験の日から逆算して、やるべきこと、やるべき時期を明確に教えてくださるので いつまでもくよくよせず、前向きにがんばるようになりました。 これからもよろしくお願いします。

いつもありがとうございます❗ 成績が上がるまでは地道な学習の継続の繰り返しだったと思います。 毎日の積み重ねによって成果につながったという経験は、受験に限らず今後の人生においても貴重な経験になることと思います。 受験という気持ちが上下しやすい環境ですが、目の前の学習に正面から取り組んで受いきましょう! 今後とも宜しくお願いいたします。

続きを読む

高校3年生
志望校:未定 2021/04/03

高校生の子ども二人がお世話になっています。 英語は嫌いではなかったのですが、なかなか積みあがらず悩んでいました。 石井先生の自己紹介の「生徒は量をこなす」という文章にこなせるか不安があり、お願いするかどうするか迷っていました。 しかし、そんな不安をよそに授業をうけると、とてもわかりやすく、また、授業以外の日にしなければいけない課題も取り組む意味がわかって取り組んでいるので、先生にお願いしてよかったと思っています。今まで、できていないところを指摘されることは多かったのですが、石井先生はできていないところをどのようにしていけばいいか毎回の指導報告に書いてくれます。 高1の子どもは今までなんとなく勉強していましたので基礎も理解できていなかったのですが、わかるということがとてもうれしいといいます。今までしてきたことを認めつつ子ども一人一人を理解してくださって授業をすすめてくださるのでとても助かっています。これからもよろしくお願いします。

嬉しいお声ありがとうございます。 自己紹介では「量をこなす」ということを打ち出しているため、スパルタ?とかきつい?というイメージを抱かれたかもしれません。 実際には「量をこなす」意味や結果が出るようポジティブな声がけ・サポートを徹底しておりますので、今回こういったお言葉をいただけたことは非常に嬉しいです。 生徒様自身が「もっとできるようになりたい!」という思いを持って学習に取り組んでくれておりますので、その思いに応えられるよう全力でサポートして参ります。 今後とも宜しくお願い致します。

続きを読む

自己紹介

自己紹介

このページをご覧いただきありがとうございます。 石井と申します。 私は「結果にこだわる先生」です。 生徒のみなさんが勉強を楽しむことよりも、勉強で結果を出すことを一番大切にしています。 なぜ、私が勉強の楽しさではなく結果を指導でもっとも大切にしているか? それはほとんどの人が「楽しいから勉強する」のではなく「勉強したら成績が上がった。成績が上がったら勉強が楽しくなった。」という順番で勉強を楽しく感じると考えているからです。 たしかに勉強を楽しいと感じて自然に成績が上がっていくというのがベストです。 しかし、はじめから勉強を楽しいと感じられる人はごく一部しかいません。 例えば、東大生やクラスで一番勉強ができるような人でも「勉強の内容が好き」という理由で勉強ができるようになった人はほとんどいないと思います。 彼らは勉強を通して「成績が上がった」とか「志望校に近づいている」といった自分自身の成長に楽しさを覚えているのです。 つまり勉強ができる人や勉強を楽しんでいる人の共通点は「勉強の成功体験を持っている」ということです。 「因数分解が楽しい」「英文の内容が面白い」ではなく「因数分解をたくさん解いたらテストで満点が取れた!」「毎日長文読んでいたら試験でも読めるようになった!」というように勉強を通して自分の成長を感じられるのが「楽しい」のです。 この文章を読んでいる方のほとんどは「勉強を楽しい」と感じたことがないと思います。 それは勉強をすれば成績が上がる、という成功体験を持っていないからです。 しかし、一度勉強に本気で取り組んで結果を出し「勉強ってやれば結果が出るんだ!」という成功体験をつかめば、勉強が楽しくなるはずです。 この成功体験を得るために、私は皆さんの学習の結果にこだわって指導をしています。 具体的にどうやって結果を出すかについて2つの方針を示します。 1.学習の質を「先生」が担保する。 2.学習の量を「生徒」が担保する。 まず、成績を上げるには当然ですが学習の質と量が必要です。 学習の質というのは「目標を達成するために正しい勉強をしているか?」ということです。 例えば平均点を目標にしている数学が苦手な生徒が、応用問題ばかりに取り組むのは遠回りです。 基礎さえ出来ていれば平均点は取れますから、まずは応用問題を忘れて基礎を固めるべきです。 一方、学習の量は言葉の通り、何時間勉強したかとか何ページ勉強したかというものです。 どれだけ目標に向けて正しい勉強をしていても、学習の量が伴わなければ学力は向上しません。 正確な地図を持っていても、歩く量が少なければ目的地に到達することはできません。 私の指導では先生である私が学習の質を担保します。 独学で学習の質を上げるのは困難です。 なぜなら、目標に対してどんな勉強をどれくらいしたらいいのかというのは自分自身で考えるのは非常に難しいですし、説明してもらえばすぐに理解できる内容を独学だと多大な時間をかけてしまったりするからです。 私の授業は以下のポイントで生徒の学習の質を向上させます。 ・生徒の目標に合わせて学習すべきところだけ学習する →平均点をねらう生徒には基礎問題を集中的に取り組んでもらいます。 ・「わかった?」と聞かずに、生徒が説明できるようになるまでとことん理解させる →説明を受けると、わかったつもりになりがちです。生徒が自分で解ける、説明できるようになったときにはじめて「わかった」と言えます。 ・参考書、回数、ページ数など正しい家庭学習のやり方を伝授する →家庭学習で授業内容を完璧に仕上げてもらいます。そのために必要な全てを授業内でお伝えします。 次に学習の量ですが、これは残念ながら私が担保することはできません。 1週間のうち私がの授業時間はせいぜい、1、2時間です。 家庭学習の時間はその何倍の時間もあります。 ですから、皆さんは家庭学習の時間を作ってください。 宿題の量は、確保できる時間にあわせてかなり多くなります。 結果を出すためには「ぜったい」学習量が必要だからです。 部活や委員会などで時間がなくても大丈夫です。 時間を作れるよう相談にのります。 私は授業を通して生徒のみなさんが質の高い学習をできるようサポートします。 生徒の皆さんは家庭学習で、学習の量を確保していただきます。 このような役割分担で、学習の質と量を両立させて望む結果を達成します。 ※指導可能な時間帯(60分授業を想定) 9月20日更新 ◆通常授業 (浪人生、通信生、社会人向け) 水・木曜、土の早目の時間相談可能 (中高生向け) 火曜日17:30スタート 木曜日16:45スタート、21:45スタート(11月11日より開講) *講師都合により日程の変更がございますので、ご了承ください。 また上記以外のお時間をご希望の場合はご相談ください。

このページをご覧いただきありがとうございます。 石井と申します。 私は「結果にこだわる先生」です。 生徒のみなさんが勉強を楽しむことよりも、勉強で結果を出すことを一番大切にしています。 なぜ、私が勉強の楽しさではなく結果を指導でもっとも大切にしているか? それはほとんどの人が「楽しいから勉強する」のではなく「勉強したら成績が上がった。成績が上がったら勉強が楽しくなった。」という順番で勉強を楽しく感じると考えているからです。 たしかに勉強を楽しいと感じて自然に成績が上がっていくというのがベストです。 しかし、はじめから勉強を楽しいと感じられる人はごく一部しかいません。 例えば、東大生やクラスで一番勉強ができるような人でも「勉強の内容が好き」という理由で勉強ができるようになった人はほとんどいないと思います。 彼らは勉強を通して「成績が上がった」とか「志望校に近づいている」といった自分自身の成長に楽しさを覚えているのです。 つまり勉強ができる人や勉強を楽しんでいる人の共通点は「勉強の成功体験を持っている」ということです。 「因数分解が楽しい」「英文の内容が面白い」ではなく「因数分解をたくさん解いたらテストで満点が取れた!」「毎日長文読んでいたら試験でも読めるようになった!」というように勉強を通して自分の成長を感じられるのが「楽しい」のです。 この文章を読んでいる方のほとんどは「勉強を楽しい」と感じたことがないと思います。 それは勉強をすれば成績が上がる、という成功体験を持っていないからです。 しかし、一度勉強に本気で取り組んで結果を出し「勉強ってやれば結果が出るんだ!」という成功体験をつかめば、勉強が楽しくなるはずです。 この成功体験を得るために、私は皆さんの学習の結果にこだわって指導をしています。 具体的にどうやって結果を出すかについて2つの方針を示します。 1.学習の質を「先生」が担保する。 2.学習の量を「生徒」が担保する。 まず、成績を上げるには当然ですが学習の質と量が必要です。 学習の質というのは「目標を達成するために正しい勉強をしているか?」ということです。 例えば平均点を目標にしている数学が苦手な生徒が、応用問題ばかりに取り組むのは遠回りです。 基礎さえ出来ていれば平均点は取れますから、まずは応用問題を忘れて基礎を固めるべきです。 一方、学習の量は言葉の通り、何時間勉強したかとか何ページ勉強したかというものです。 どれだけ目標に向けて正しい勉強をしていても、学習の量が伴わなければ学力は向上しません。 正確な地図を持っていても、歩く量が少なければ目的地に到達することはできません。 私の指導では先生である私が学習の質を担保します。 独学で学習の質を上げるのは困難です。 なぜなら、目標に対してどんな勉強をどれくらいしたらいいのかというのは自分自身で考えるのは非常に難しいですし、説明してもらえばすぐに理解できる内容を独学だと多大な時間をかけてしまったりするからです。 私の授業は以下のポイントで生徒の学習の質を向上させます。 ・生徒の目標に合わせて学習すべきところだけ学習する →平均点をねらう生徒には基礎問題を集中的に取り組んでもらいます。 ・「わかった?」と聞かずに、生徒が説明できるようになるまでとことん理解させる →説明を受けると、わかったつもりになりがちです。生徒が自分で解ける、説明できるようになったときにはじめて「わかった」と言えます。 ・参考書、回数、ページ数など正しい家庭学習のやり方を伝授する →家庭学習で授業内容を完璧に仕上げてもらいます。そのために必要な全てを授業内でお伝えします。 次に学習の量ですが、これは残念ながら私が担保することはできません。 1週間のうち私がの授業時間はせいぜい、1、2時間です。 家庭学習の時間はその何倍の時間もあります。 ですから、皆さんは家庭学習の時間を作ってください。 宿題の量は、確保できる時間にあわせてかなり多くなります。 結果を出すためには「ぜったい」学習量が必要だからです。 部活や委員会などで時間がなくても大丈夫です。 時間を作れるよう相談にのります。 私は授業を通して生徒のみなさんが質の高い学習をできるようサポートします。 生徒の皆さんは家庭学習で、学習の量を確保していただきます。 このような役割分担で、学習の質と量を両立させて望む結果を達成します。 ※指導可能な時間帯(60分授業を想定) 9月20日更新 ◆通常授業 (浪人生、通信生、社会人向け) 水・木曜、土の早目の時間相談可能 (中高生向け) 火曜日17:30スタート 木曜日16:45スタート、21:45スタート(11月11日より開講) *講師都合により日程の変更がございますので、ご了承ください。 また上記以外のお時間をご希望の場合はご相談ください。

趣味

小学校ではソフトボール、中高は野球部に入っていました。 ポジションはピッチャーです。 部活との両立で時間がなかったからこそ、効率のいい勉強法や集中して勉強する癖が身についたと思っています。

学歴

◆学歴 京都大学経済学部経済経営学科卒業 ◆資格 TOEIC L&R スコア985(2021年3月受験)

指導/合格実績

個別指導・集団指導5年以上 【合格実績】 大学:早稲田大学・新潟大学・京都産業大学・関西大学など 高校:安積、安積黎明、郡山、山城、鴨沂など

先生のブログ | 全19

先生のブログ