英語が指導できるオンライン家庭教師一覧

英語のオンライン指導を1科目から指導依頼できるオンライン家庭教師の一覧です。英語の受験対策、定期テスト対策、苦手克服のためのワンポイント指導などがあります。科目に特化したオンライン指導を受講しましょう

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

英語で大事な点、意識すべき点

英語を身につけるためには、「英語がわかるようになるとどのようなメリットがあるのか」を理解することが大切です。


たとえば、観光や留学などで海外に行く場合、英語が話せれば現地の人とスムーズに会話ができます。

会話どころか、世界中の人と友達にもなることも夢ではありません。

他にも、英字新聞が読めたり、字幕なしで洋画を観られたり、洋楽の歌詞の意味も理解できます。

オリンピックや留学など来日する海外の方も多く、英語は今後ますます身近なツールになるでしょう。


このように、英語を勉強すれば自分の「幅」が広がり、将来の選択肢も格段に増えます。

メリットを知ったうえで英語学習に取り組めば、やりがいを感じながら楽しく身につけられるでしょう。

英語はどういった指導があるか?

「英語」とひと口に言っても、その指導タイプは幅広いです。

英語力を身につけるためには、年齢や目的に合わせて指導タイプを変えるのが一番です。


英語の指導には、具体的に以下のようなタイプがあります。


1.授業のサポート


「学校の授業に遅れないようにしたい」という方のために、英語の指導では授業のサポートをおこなえます。

学校は集団授業なので、一人ひとりの理解まで確認せずにどんどん進みます。

そのため、ひとつの単元でつまずいてしまうと、「置いてきぼり」になりそのままやる気を失いかねません。


わからない箇所のサポートはもちろん、予習や復習など教科書に合わせて基礎をしっかり固めれば、次第に応用も利くようになりますよ。


2.定期テスト対策


定期テスト対策では、教科書の内容を元に、テスト範囲内の英語力を身につけられます。

学校ごとに教科書も進捗状況も異なりますが、個人の状況にあわせてすすめられるのが魅力といえます。


3.受験対策


受験対策で学習する場合、志望校別にレベルを合わせた指導をおこないます。

志望校が決まっていれば、過去問を解くことでおよその傾向が把握できます。

先生が類似した問題を出すことで、志望校に合った英語力がさらに強化されるでしょう。


4.英検・TOEIC対策


英検やTOEICも、何級(何点)を目指すのかによって指導法は異なります。

先生は、それぞれの級ごとに問題の傾向を把握しています。

「授業では習わないがよく出る単語」など、試験特有の専門的な対策で効率的に学びましょう。


英語とオンライン家庭教師の相性、平均の料金相場

英語を学ぶなら、オンライン家庭教師がぴったりです。

学校や英会話スクールでは、「直接出向く」ことが前提のため、わからないことがあってもすぐに聞けません。

次回その先生と会うときまで、疑問点はそのまま。

「もういいや」とあきらめてしまうのは時間の問題でしょう。


オンライン家庭教師なら、画面越しにわからないことをすぐに聞けます。

やる気の芽が摘まれることもなく、リアルタイムでやり取りできるのが何よりのメリットといえるでしょう。


また、オンライン家庭教師は料金も安めです。

一般的な英会話スクールだと、マンツーマンでレッスンする場合は1時間あたり6,000~9,000円が相場です。

それ以外にも、入学金、教材費、スクール管理費など様々な費用が必要です。

オンライン家庭教師は、店舗を構えて運営しているわけではないため諸経費がリーズナブル。

「安く、手軽に、本格的に」を叶えるオンライン家庭教師は、新しい英語学習の形なのです。


英語の勉強法

英語は、教科書だけを見ながら独学で身につけることはまず不可能です。

ネイティブな発音に耳を慣らし、それを真似て発音することでスピーキング力を上げましょう。

余裕が出てきたら、聴き取った英語を紙に書きだしてください。

本来は知っている英語でも間違った発音で記憶していたため書きだせなかった、というミスを見つけられます。

また英語特有の言い回しや、単語同士の音がくっついて別の単語のように聞こえるなど音の変化も次第にわかるようになります。


しかし「自分の英語が本当に通用するものかどうか」は、第三者に判断してもらうのが一番

ネイティブの方や英会話の先生など、いつでも気軽に相談できる相手を見つけて、二人三脚で英語力を伸ばしていきましょう。