プロを指名できるオンライン家庭教師

共通テスト対策のオンライン家庭教師一覧

共通テスト(旧センター試験)の向けた指導が可能なオンライン家庭教師一覧です。センター試験の違い思考力や判断力、表現力が必要となった共通テスト。万全の対策が必要になる共通テストでしっかりと点数が取れるように指導いたします。

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

共通テストについて

大学入試に必要だったセンター試験は、2020年で終わりです。

2021年からは「共通テスト」に代わるため、受験生たちは「センター試験とどう違うの?」と困惑していることでしょう。


センター試験は知識だけで解ける問題が多かったのに対し、共通テストでは思考力が問われる設問がメインになります。

単純な丸暗記ではなく、全科目において深い理解力が求められるのです。


また、センター試験の設問が主に4択での回答だったのに対し、共通テストでは選択肢が多くなります。

たとえば「当てはまるものすべてにマークしなさい」「選択肢の中に正解がない場合はマークしなさい」など。

「適当にマークしたものが偶然正解した」ということが、共通テストでは起こりにくくなるでしょう。


他にも、設問ごとの配点変更や、英語では問題文さえも英語で記されるなど、細かな変更点はたくさんあります。


しかし、「勉強すれば解ける」ということには変わりありません

あまり気負いすぎず、今までと同じように、できることから着実に身につけていきましょう。

共通テストの勉強で大切なこと

共通テストでは、センター試験のときよりもより深い理解力・洞察力が求められます。

そのため、公式ひとつ取っても、あるいは理科の現象ひとつ取っても、「なぜそうなったのか」までしっかり理解しながら学習をすすめていきましょう。


近年、AI技術の急速な発展により、単純な情報なら機械が処理できるようになりました。

これからの時代、人間に求められるのは知識よりもっと奥深くの部分です。

共通テストでは、その「深い部分までの理解力」が問われるのです。


一人での勉強に不安があれば、塾や予備校、家庭教師などに頼ってください。

学校の授業だけだと、一人ひとりの理解力まで気にかけずどんどん進んでしまうため、どうしても「深い部分」までは理解しにくいものです。

まだまだ未確定要素が多い共通テストですが、プロ目線なら専用の対策もしやすくなります。

一人きりで悩まずに、大学合格のため、信頼できるプロと一緒に共通テスト対策をすすめていきましょう。

共通テスト対策にはどんな指導タイプがある?

共通テスト対策としては、主に「塾」「通信教育」「家庭教師」「オンライン家庭教師」の4つが使われることがほとんどです。


塾では、集団の中での自分の学力がどの程度なのかを知るのに最適です。

小テストもこまめにおこなうので、クラス内など小規模単位での順位も明確にわかるのが特徴です。


通信教育では、出かける必要がない分、学習の時間を多く確保できます。

ただ、問題につまずいたときにすぐには質問しにくく、「自己完結型」の学習が求められます。


家庭教師は、自宅まで来てもらい勉強を教えてくれます。先生とマンツーマンで学習をすすめるため、わからないことがあればすぐに解決できるのがメリットといえます。


オンライン家庭教師では、画面越しに家庭教師と同等のサポートを受けられます。授業時間外もサポートを受け付けていることが多く、自主学習の際の大きな味方になるでしょう。

共通テストのオンライン指導の料金相場

共通テストの場合、オンライン指導の料金は20,000~30,000円が相場です。(1コマ60~90分、週1回)

特定の科目・分野に特化した指導を受けられることが多いので、苦手克服を目指す方にはぴったりです。


基礎固めはもちろん、平均点レベルに到達するための勉強、そして難関大学を目指せるレベルまで、一人ひとりの希望に合わせて授業をおこないます。

現役の学生や浪人生まで、オンライン家庭教師は幅広い方に対応可能です。

プロのサポートを背にしながら共通テスト対策をおこなえば、不確定要素が多い共通テストも怖くありません。

根の張った深い知識をしっかりと身につけて、合格へ大きく近づけることでしょう。