プロを指名できるオンライン家庭教師

中高一貫生向けのオンライン家庭教師一覧

中高一貫校に通う生徒さん向けに、指導をおこなっているオンライン家庭教師一覧です。内部進学の対策や、テストで成績を上げるための指導が受けられます。中高一貫生でオンライン家庭教師の指導を受けたいと思っている方はこちら。

オンライン家庭教師一覧

中田 オンライン家庭教師

指導/ 合格実績
今は独立し、学習塾の塾長をしています。第一志望校合格率は驚異の80%超え! 5人に4人が第一志望校に合格しています! == 高校 == (...
オンライン指導コース

中島 オンライン家庭教師

指導/ 合格実績
*指導科目 小学生:算数/社会/国語(中学受験) 中学生:数学/英語/国語/社会/理科 中高一貫生:数学(代数/幾何) 高校生:数学Ⅰ/A/...
オンライン指導コース

根岸 オンライン家庭教師

指導/ 合格実績
現在は 大学、私立高校、語学学校などで、TOEFL/TOEIC指導、またビジネス英語の指導をしていますが、東大過去問、京大過去問形式なども対...
オンライン指導コース

池上 オンライン家庭教師

指導/ 合格実績
塾講師、家庭教師
オンライン指導コース

関連情報

中高一貫校の特徴

中高一貫校とは、中学校・高校の6年間の中等教育を一貫して学べる学校のことです。

1999年に学校教育法が改正され、全国に誕生しました。

公立中学校との最大の違いは、質の高い教育が受けられる点にあります。

生徒のレベルがそろっているため、先生は授業がやりやすく、生徒側も理解しやすい授業で無理がありません。


理解が速いため、進むスピードも速いです。

また、中高3年間で区切る必要がないので、6年間という長期的な視野で、段階的・計画的に学習能力を引き上げていくことができます。


多くの中高一貫校では、中学範囲2年、高校範囲3年、大学受験1年の2・3・1年制をとっています。

その効率的な科目履修や、質の高い先生のおかげで、有名大学や海外の大学へ進学する生徒も少なくありません。

中高一貫のメリット

中高一貫校は、6年間、長期的な計画の中で、腰を据えて勉強ができます。
また、高校受験の勉強にあてる時間がカットできる分、その時間を利用して物事の本質に迫った学習が受けられる点が良いですね。

多感な時期、一貫した環境で学習できることは、生徒にとって大きなプラスになるでしょう。
いち早く大学受験の準備ができる点も、大きなメリットの1つです。

まわりの同級生たちも、同じ志を持ち入学してきているのでレベルが高く、切磋琢磨しながら大学受験という目標に向かうことが可能です。
先に挙げた通り、その結果有名大学への進学率がアップします。

また、部活に打ち込めるのも、中高一貫校のメリットです。
普通の公立中学校の場合、受験勉強のため、3年生の夏くらいで部活を引退しますが、中高一貫校にはその必要がないので、慣れ親しんだ環境の中で思う存分部活に打ち込めます。

中高一貫の学費

かかる学費は、公立(都立)と私立とで大きな差があります。
一般的には、公立は6年間で354~390万円、私立は780万円程度、高額な私立は960~1080万円程度かかります。(授業料などの学校教育費、塾などの学校外活動費、公立の場合給食費を含む)

私立の一貫校に通う場合、公立の倍以上の費用がかかることを覚えておいてください。
また、私立の一貫校は給食ではなく、弁当持参の学校が多いので、ここに挙げた費用以外に食費がさらにかかります。

受験準備期間から卒業までを計算すると、公立は450万円、一般的な私立は1,000万円、高額な私立の場合1,080万円程度の費用がトータルでかかってきます。

中高一貫校の受験対策は?

私立の中高一貫校と、公立の中高一貫校では、入学者選抜方法が違ってきます。

私立では、学校ごとの科目試験が課されます。
小学校6年間の学習内容+αが出題されるので、塾などでこれまでの出題傾向を把握し、対策を練っておくとよいでしょう。

それに対して公立では、適性検査や作文などが課されます。
内容は、小学校の教育範囲から外れることはありません。

この適性検査に置いて、これまで習った複数教科の知識を活用して、論理的に考える力や表現する力が求められるのです。

その対策として、日頃から本をたくさん読んで、作者の意図を的確につかむ練習や、自分の意見を文章にまとめる練習をすると良いでしょう。
ニュースや新聞を読み、基礎的な素養を身につけておくことなども大切です。