中学受験対策のオンライン家庭教師一覧

中学受験に向けた指導が可能な、オンライン家庭教師一覧です。入試の過去問を用いての授業を受けたい方や、学習方法に不安がある方に向けて、オンライン家庭教師が充実した指導を提供いたします。

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

中学受験の勉強で大切なこと

親も子も一丸となっておこなう、中学受験。

実際に試験を受けるのはお子さまですが、毎日学校に通い、日々の宿題をこなし、そのうえでさらに中学受験の対策をするというのはなかなか体力がいることです。


中学受験では、お子さまと保護者で「やること」が異なります。


お子さまは、「常にポジティブな結果をイメージして、目標を持って机に向かうこと」

日々のノルマをこなすのはもちろん大切ですが、そのノルマが「嫌々やっているもの」であってはいけません。

テストの結果に一喜一憂しすぎず、中学受験合格というゴールに向かって最後までポジティブに努力し続ける。

これこそがお子さまのモチベーション維持につながり、目標を持って自ら取り組むことで結果につながります。


一方で保護者は、「子どもをねぎらうこと」「スケジュール管理」を意識しましょう。

小学生のお子さまは特に、褒められるほどやる気が向上します。

できていないことが目についても、できていることに目を向けて、「がんばっているね」とねぎらってあげましょう。

また、スケジュール管理も大切です。

中学受験のために塾に通ったり、他に習い事をさせたりしているなら、お子さまの代わりにスケジュール管理をしてあげましょう。

保護者がスケジュール管理をおこなうことで、お子さまは「目の前のやるべきこと」に集中しやすくなりますよ。

中学のタイプ別メリット

中学のタイプは、主に「公立」「私立」「国立大学付属」「中高一貫」の4つに分類されます。


公立の中学は、授業料など費用が安く、伸び伸びとした環境で学べることが多いです。


私立の中学は、学費は高めですが、コンセプトがしっかりしていて筋の通った教育が受けられます。


国立大学付属の中学は、大学の研究を元にした授業など最新の教育が期待できます。

なお、費用はほとんどかかりません。


中高一貫の中学だと、6年間同じ環境で学べます。

ただ倍率が高めなので、入学するためには専門の対策が必要です。なお、費用はほとんどかかりません。

中学受験対策はどんな学習タイプがある?

中学受験を見据えているなら、プロと二人三脚で学習をすすめていくのが一番です。

中学受験をするお子さまは、主に「塾」「通信教育」「家庭教師」「オンライン家庭教師」のいずれかのサポートを受けることが多いです。


塾に通う場合、集団の中で自分の学力が今どの程度なのかがわかり、ライバルたちと切磋琢磨できます。


通信教育は、自宅でできる分、学習の時間が多く取れます。

しかしわからないことがあっても質問しにくく、「即時解決」は難しいところです。


家庭教師を雇う場合は、先生に自宅まで来てもらいます。

密着したサポートになる分、信頼関係を築きながら学習をすすめることになります。


オンライン家庭教師は、従来の家庭教師と同じようなサポートを画面越しに受けられます。

授業時間以外にも手厚いサポートが整えられていることが多いので、わからない問題があっても即時解決が期待できます。

中学受験のオンライン指導の料金相場

中学受験を見据えてオンライン指導を受ける場合、「授業の予習復習」という通常授業よりも1~3割ほど費用が上がることがほとんどです。


志望校や学年によって差がありますが、小学1~3年生だと月額15,000円程度、小学4~6年生だと月額16,000円程度が目安です。(1コマ60分、週4回授業)


費用はもちろん大切ですが、授業時間以外にどれほどのサポートが受けられるかも重要です。

わからない問題があったとき、「次の授業まであと〇日もある」と質問できない環境ではやる気が失われてしまいます。

受験は、人生の大きな岐路。

試験に全力で臨めるよう、ぜひサポート体制も重視してお選びください。