プロを指名できるオンライン家庭教師

【中学受験】女子校御三家ってなに?入試傾向と進学実績について解説!

【中学受験】女子校御三家ってなに?入試傾向と進学実績について解説!

誰もが聞いたことのある女子校御三家はどのような入試傾向があり進学実績はどのように変化しているのでしょうか

女子御三家とは?

御三家とひとくちに言っても地域や地方によって構成する学校が違います。東京の男子御三家といえば「開成・麻布・武蔵」ですが、女子御三家といえば「桜蔭・雙葉・女子学院」の3校を指します。中学受験を考える方であれば、一度は聞いたことがある名称だと思います。
 
男子御三家と同様に、女子御三家も東大をはじめとする難関大学への合格者数が基準となりますが、男子御三家よりも入試成績にこだわっている感じはしません。それよりも学校の校風や伝統の方が重要視される傾向もあります。
 
それでも女子御三家は女子校の中で偏差値や東大合格者数が上位に名を連ねます。女子御三家と呼ばれる桜蔭中学・雙葉中学・女子学院の3校は、どのような教育を実施して伝統を築いてきたのでしょうか。各校の校風や歴史を紹介しながら、それぞれの特徴を解説します。
 

桜陰中学校高等学校


所在地:東京都文京区本郷
創立年:1930年
創立者:お茶の水女子大学の同窓会「桜蔭会」
建学の精神:礼と学び
偏差値:62
中1入学者数:80名
高校受験:無し
学校法人桜陰学園ホームページ

 
桜蔭中学高等学校は、東大合格者数が毎年50名以上いる名門校です。御三家の中でも真面目な生徒が多く、校則が厳しく設定されています。桜蔭中学に入学すると、建学の精神の「例と学び」の心を大切にし、「勤勉・温雅・聡明であれ」「責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ」という校訓のもと、人として必要な勤勉さを身に付けることができます。
 
中1から「礼法」の授業があり、中3では自由研究があるなど、他の中学校とは一味違うカリキュラムが組まれています。国語や数学などの授業も独自の教材を使用し、自ら調べて考える力を養います。
 
授業料は1年間で447,600円かかり、他にも入学金や施設費などで初年度納入金は100万円程度となります。

雙葉中学・高等学校


所在地:東京都千代田区六番町
創立年:1872年
創立者:フランスの修道女 メール・セン・テレーズ
柱:一人ひとりを大切にすること
偏差値:58
中1入学者数:30名
高校受験:無し
学校法人雙葉学園ホームページ 

雙葉中学校・高等学校はカトリック校で、カトリック精神に基づいてボランティア活動や毎日校内掃除をしたり、6年間宗教の授業を受けます。校則比較的緩やかで、御三家の中でも気品の高く、いわゆる「お嬢様学校」というイメージが強く持たれます。クラブ活動や学校行事によって主体性を持たせ、皆と力を合わせたり、一人ひとりの個性と能力を伸ばします。
 
御三家の中で唯一小学校が併設されており、中学校1年生のときに内部生と受験組で進捗状況が違うため、1年間は別授業です。外国語教育に力を入れており、中3でフランス語の授業を受けて、高校では英語とフランス語どちらかを学ぶか選択します。
 
授業料は529,200円で、学期ごとに分割して支払います。また入学金や施設維持費を入れると、初年度納入金は1,100,000円ほどとなります。

女子学院


所在地:東京都千代田区一番町
創立年:1870年
創立者:ジュリア・カロゾルス
2021年の標語:主を尋ね求めよ、見いだしるうるときに
偏差値:61
中1入学者数:80名
高校受験:無し
女子学院ホームページ
 
プロテスタント校である女子学院の校風は桜蔭中学とは逆で、制服や細かい校則はなく、
明るく自由闊達です。毎朝礼拝、週一時間は「聖書」の授業があり、高い理想を持つ自立した女性が育ちます。
 
毎年20名は東大に合格する実績を持つ女子学院は、全科目をバランスよく学習しています。英語はネイティブ教員が英語のみの授業を行い、国語では考えて書く力を身につけるため作文を提出することもあります。
 
授業料は月額41,000円で、年間だと492,000円です。初年度納入金は入学金や施設費などを含めると100万円程度となります。

御三家以外の優秀校


最初に紹介したように、毎年女子御三家が東京大学の合格者数や偏差値のトップ3になるわけではありません。つまり、女子御三家に匹敵する優秀校が存在していることになります。
 
関東近辺で例を挙げると豊島岡女子学園・鴎友学園・吉祥女子中学が女子御三家に匹敵する優秀校であり、新御三家と呼ばれたりもします。御三家については歴史ある学校ということもあって、入試成績多少落ちても不動のトップ3として君臨します。また新御三家も入試成績の良さから、少しずつその地位を確立しています。
 
以下では新御三家の校風や学びの特色について、紹介します。

豊島岡女子学園中学校


所在地:東京都豊島区東池袋
創立年:1892年
創立者:河村常
教育方針
 ・道義実践
 ・勤勉努力
 ・一能専念
偏差値:61
募集人数
 ・第1回:160名
 ・第2回:40名
 ・第3回:40名
高校受験:あり
豊島岡女子学園ホームページ
 
女子御三家と遜色ないほどの東大合格者数を誇る豊島岡女子学園は、国立医学部へも多数進学しています。生徒に道徳を実行する大切さを知ってもらい、道義正しい人間になるように「道義実践」を教育方針としています。
 
月例テストを行い、合格するまでテストを受けるなど「勤勉努力」の大切さ、一人一つはある才能を発見し、磨いて特技を持てるよう「一能専念」で教育を行っています。

鷗友学園女子中学


所在地:東京都世田谷区宮坂
創立年:1935年
創立者:鴎友会
教育方針
 ・慈愛(あい)
 ・誠実(まこと)
 ・創造
偏差値:55
募集人数
 ・第1回:約180名
 ・第2回:約40名
高校受験:無し
鷗友学園ホームページ
 
鷗友学園女子は、キリスト教精神・キリスト教的自由主義を掲げ、相手も自分自身も尊重できる学生が多くいます。「慈愛(あい)・誠実(まこと)・創造」を教育方針とし、自由主義で積極的に学ぶことで、調和の取れた総合力のある人が育つでしょう。
 
海外研修や他学生との交流会など多様な授業があり、学生が学校・国を超えて活躍できる環境です。中学校ではレポートを書いたり、講演を聞いたりして豊富な知識を身に付け、高校では豊富な知識に基づいて思考力や判断力、表現力を磨きます。もちろん受験に向けた高度な授業も行っています。

吉祥女子中学


所在地:東京都武蔵野市吉祥寺東町
創立年:1938年
創立者:守屋荒美雄
建学の精神
 ・知的探究心を育みましょう
 ・言葉と行動に責任を持ちましょう
 ・互いの価値観を尊重しましょう
偏差値:53
募集人数
 ・第1回:134名(114名)
 ・第2回:100名(90名)
 ・第3回:0名(30名)
※()内は2020年度までの人数
高校受験:無し
吉祥女子中学・高等学校ホームページ
 
最後に紹介する吉祥女子中学校は、知的好奇心を持ってもらい、柔軟な発想力、知識欲を育むために独自の教材を随時アップデートするなど教育に力を入れています。
 
勉強面では大学入試を見据えたものではなく、「学びの深化」を目指した結果、授業ペースが速いです。例えば数学の場合、問題の解法を習得するだけでなく、実生活における使い方、開放が生まれた歴史について学びます。

時代のトレンド トップ校の進路は


高校在学中、あるいは中学生のうちに文系か理系かを選択する必要があり、どちらが自分に適しているか考える必要があります。ですが「数学は得意だけど、物理や科学は苦手」など、どちらを選択するべきか悩む人もいると思います。
 
そんな方は、まずは文系と理系どちらが受験生から人気があって、時代のトレンドに乗っているのか確認しましょう。時代のトレンドを知っておくと、世の中のニーズ(足りていないところ)が理解でき、会社ひいては世界から重宝される人になれます。ここでは日本の最高学府である東京大学の受験実態をもとに、時代のトレンドを紹介します。
 
 

 
表から見て分かるように、理系の受験者数が増えていることが分かります。文高理低と言われていた時代もありましたが、現在は逆転しています。受験生や文理選択を迫られる中高生から理系が人気になった理由は、手に職を付けたいと考える人が増えたためです。
 
というのも、日本経済また世界経済の先行きが不安定で、大企業に就職しても終身雇用は当たり前ではなくなり、能力のない人は退職させられることもあります。会社から重宝される人材になるために、またいつ会社が倒産しても自分の力で生きていけるように、手に職を付けやすい理系がここ数年で人気になりました。

大学進学実績


東京大学の合格者数が多いことで知られている女子御三家ですが、当然ながら全員が東京大学に進学しているわけではありません。御三家の主な大学進学実績を紹介します。



女子御三家は難関大学の合格率が高いですが、各校合格者数から特徴が見えてきます。例えば、桜蔭は東京大学の合格数の割合が圧倒的に多いです。また雙葉では医学部の合格者数が70名程度おり、特に慶應大学への合格率が高いのが特徴となっています。女子学院では医歯薬系の合格実績も年々増えており、早稲田大学への合格者数が高いです。
 
女子御三家の難関大学の合格者数が高い一方で、近年では、幼少期から英会話などで英語の勉強をする家庭も増えています。また世界の大学ランキングを見たときに国内トップの東京大学が36位と昔よりも順位を下げています[末友 浩基4] 。
 
これらの要因が相まって、大学に入学して英語を学ぶために留学するのではなく、国内の最難関大学には進学せず、直接海外の大学に入学することを視野に入れる学生や保護者も増えてきました。それでは女子御三家の学生は、海外の大学でどのような場所に行くのでしょうか。
 
まずは、海外大学への進学率と主な入学先を紹介します。
 


男子御三家では、海外大学に進学する割合が1~3%ありましたが、女子御三家では女子学院のみが海外に進学しています。
 
では海外大学に進学するためには、どのような条件が求められるでしょうか。
 
・英語力
・金銭
 
まず最低限必要なのは、TOEFL®iBT61(英検2級~準1級程度)以上の英語力です。もちろん学力の高い海外大学に進むには、これよりも高いスコアが必要になります。
 
留学は英語を学びに行っているため、そこまで高いレベルの英語力は求められていません。しかし海外大学に進学することは、英語を学びに行くのではなく学問を修めるために英語を必要とするため、最低ラインの基準が高くなります。
 
2つ目の金銭ですが、大学に進学するために必要な学費は国内大学と海外大学によって違います。比較してみると、国内大学の授業料が300万~600万程度ですが、海外大学では800万~2,000万円ほど必要です。これに生活費を加えると、海外大学に進学するには3,000万円ほどかかる学生もいます。
 
ただし海外大学で優秀な成績を収めたりすると、返済義務のない奨学金制度を利用することもできます。お金に不安があって、海外大学を悩んでいるご家庭は参考にしてください。

御三家の入試傾向


ここまで女子御三家の校風などを紹介してきて、気になった学校はあったでしょうか。女子御三家に行きたいけど、ここの学校がいい!と決まっていない方は、併願して受験したいところですが、御三家の入試の日程が2月1日と決まっているため併願ができません。
 
御三家の入試を受けようと考えている方は、偏差値や学校の特徴を理解して1つに絞る必要があります。そもそも女子御三家は個性が強く、「雰囲気的に桜蔭は合うけど女子学院は合わない」などと併願して受験したいと考える人は少ないかもしれません。
 
また上記で紹介したように女子御三家の校風は全く違い、それにともなって入試傾向もバラバラです。それぞれの入試傾向を紹介します。
 
・桜蔭中学
どの教科も最高峰に難しく、高度な処理力が求められます。
国語では社会科学的思考、数学でも論理的思考が必要となります。
 
・雙葉学園
国語・算数では記述式の設問が多く、書き慣れておかないと合格は難しいでしょう。
理科・社会は基礎知識を基本的な出題が増えるため、取りこぼしのないよう正確に答える必要があります。
 
・女子学院
算数や社会で、制限時間に対して問題数が多いのが特徴です。
国語も自由記述の設問はないため、合格するには処理速度の高さが必要になります。

まとめ


ここまで紹介した女子御三家は、日本のトップ中学校、そして伝統校であり、各校が自信と誇りを持って教育を行っています。男子御三家とは違い、御三家の中でも校風がかなり違います。
 
御三家では進路の幅が広がり、大学進学まで見据えて授業だけでなく、勉学を通じて人間的にも成長できるように教育をしてくれます。そのため偏差値だけで受験する中学校を決めるのではなく、お子さんの個性や強みを受験前に考えて学校選びをしてください。