平均点以下の生徒さんの指導が得意なオンライン家庭教師一覧

テストで平均点以下の生徒さんに向けた、指導が得意なオンライン家庭教師一覧です。「なかなか良い点が取れない...」「得意な科目の点数は取れるのに、苦手な科目はいつも平均点以下...」とお悩みの方は、こちらのオンライン家庭教師がおすすめです。

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

平均点以下をとってしまう原因


テストで「解けなかった問題」が多ければ多いほど、点数は下がっていきます。

つまり平均点以下の点数をとってしまうのは、できなかった問題が普通よりも多いから。


「きちんと勉強したはずなのに。」と思うかもしれませんが、結果として平均点以下になったのなら、それは「できていない」ということです。


解けなかった問題を、もう一度よく見てください。

本当はわかっていたのに計算ミスなどで不正解になった」のか、「解き方さえまったくわからなかった」のかでは、意味が大きく異なります。


もしケアレスミス、マークミスなどで不正解だったなら、とても勿体ないです。

次回からは検算や見直しをするなど、十分に気をつけましょう。


一方で、解き方さえまったくわからなかったら、その単元を徹底的に復習してください。

間違いの理由がわかれば、それだけ伸びしろが期待できます

次回のテストで同様の問題が出たら、次回こそ解いて平均点以下を脱却しましょう。


平均点以下の子が勉強する時のコツ


平均点以下の子は、勉強のコツがわかっていないことが多いです。

普段はほとんど勉強をしていないのに、テストの前だけ勉強をしていませんか?


一夜漬け程度では、やはり「毎日勉強をしている子」にはかないません。

部活などで忙しくても、時間の使い方を見直して、机に向かうことを日課にしましょう

短時間でも構わないので、その時間内はしっかり集中してください。

スマホはしまい、テレビは消して、「今日はここからここまでを勉強する」など計画的に学習してくださいね。


時には、テスト範囲以外のところにつまずきの原因が見つかることもあります。

勉強は、「前の単元で習った公式を使う」などすべてが一連の流れになっているので、必要なら前の単元・前の学年までさかのぼって「苦手」をつぶしましょう。

勉強が嫌いな子に好きになってもらう方法


勉強が嫌いだと、机に向かってもなかなか身が入りませんよね。

勉強が嫌いな子は、ほとんど「テストで平均点以下」⇒「勉強のやる気がなくなる」⇒「またテストで平均点以下」など負のループに陥りがちです。


勉強に意味を見いだせていないと、「強制的にやらされているもの」ととらえてしまい、モチベーションが上がりにくくなってしまいます。


平均点以下の子が勉強を好きになるためには、勉強に取り組むための「動機付け」が必要です。

たとえば、「次回のテストで〇点以上をとったら△△を買う」などご褒美を目標にしたり、あるいは「大好きな〇〇先生にほめられたいから頑張る」などメンタル面からモチベーションを底上げしても良いでしょう。


なにを動機とするかはお子さまによって異なるので、何を目標にすれば勉強に積極的に取り組めるのか、お子さまと話し合って適切に見極めていきましょう。


平均点以下の子に向けた指導内容


オンライン家庭教師では、一人ひとりのお子さまに時間をかけてじっくりと指導します。

学校や塾では、どうしても授業スピードが早くなってしまい、「一人ひとりがきちんと理解したか」までは気にかけてもらいにくいのが現実です。


オンライン家庭教師なら、1対1での指導のため、お子さまの学習傾向をしっかり把握できます。

お子さまが何が得意で何が苦手なのかをはじめ、平均点以下になった原因も適切に見極めます。


まずは、できそうなものから一つひとつクリアしていき、お子さまの成功体験を増やします。

レベルに合わせた指導ができるので、「もうこの単元はクリアできた」とお互いに判断したら、応用編の学習も可能です。

お子さまやご家庭の希望を聞きながら、「基礎力の徹底強化」「基礎を踏まえた応用」などオーダーメイドで学習計画を組めるのもメリットでしょう。