古典が指導できるオンライン家庭教師一覧

古典のオンライン指導を1科目から指導依頼できるオンライン家庭教師の一覧です。古典の受験対策、定期テスト対策、苦手克服のためのワンポイント指導などがあります。科目に特化したオンライン指導を受講しましょう

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

古典で大事な点、意識すべき点


「古典はフィーリングで解くもの」という甘い考えは、きっぱり捨てましょう。

古典は確かに日本語ですが、現代の日本語とは単語や文法が違っているので、現代文と同じ感覚で解いてしまうと、ドツボにはまります。

単語の場合、現代と意味が違うものが狙われたりするので、現代の意味しかわからず解答してしまうと、出題者の思うツボです。

英語のような、全く異なる外国語として、1から学び直す覚悟を決めることが大切です。

とはいえ、古文単語は多義語が多いものの、必要な数が約300~500語と、英単語に比べれば大した数ではありません。

その他、文法のきまりなど覚えることを覚えてしまえば、だれでも確実に点数をとることができる教科です。

ポイントをおさえて努力すれば、必ず結果が出る科目だという意識を持ち、地道に勉強しましょう。


古典はどういった指導があるか?


まず、定期テスト対策としての指導が考えられます。

古典を学ぶ際には、古典の骨組みである文法や、基本的な単語を習得する必要があります。

定期テスト対策として教科書に沿った指導を行いつつ、基礎固めにも力を入れることが大切。

安定した点数をとるには、多少時間はかかりますが、古文はコツコツ続けていくことで必ず力がつきます。

そのことを念頭に置いて、指導することが必要です。

入試対策も、定期テスト対策と同様、基本単語と基本文法をおさえることを頭に置いて、指導します。

さらに生徒が志望する大学の過去問を解くように指示し、どういった力が足りないか見極め、補強に徹します。


古典とオンライン家庭教師の相性、平均の料金相場


なかなか思うように古典の成績が伸びないのなら、オンライン家庭教師を利用されることをおすすめします。

オンライン家庭教師はマンツーマンなので、定期テスト対策、入試対策にあわせて重要事項を教えてもらえるのはもちろん、個々の弱点を発見し、強化してもらうことができます。

例えば、主語を把握する力が足りていない、動詞・形容詞・形容動詞の活用が頭に入っていない、助動詞の意味が判別できないなど。

また、答えがあっていても、理解が不十分なところは、納得いくまで質問することも可能です。

それぞれのゴールに向けて、他教科とのバランスをとりながら、スケジュールをたてるお手伝いをしてもらうこともできます。

料金相場 17,000円/月 60分(週1)


古典の勉強法


先にあげたように、古典を外国語の1つとしてとらえ、英語の学習と同様、単語を覚えることから始めると良いでしょう。

基本単語を覚えることが、点数につながります。

単語帳は、1冊で十分です。

ただし、同じものを3周してください。

古典の文章を読めるようになるには、基本文法も大切です。

古文の常識を知っておくと、さらに良いですね。

土台ができたら、読解問題をできるだけたくさん解き、古文の文章に慣れましょう。

現代文と同様古文も、読んだ分だけ慣れることができ、はやいスピードで読めるようになります。

大学受験のための勉強であれば、過去問を解いて、自分に足りない部分を把握し、強化する必要があります。

弱点を減らすことに努めると、驚くほど点数がアップするでしょう。