英語
の単発/短期コース

【冬期講習】高校入試英語長文集中特訓コース

【冬期講習】高校入試英語長文集中特訓コース
無料体験なし
事前に先生とチャットでのやり取りが可能ですが、Zoomを使った体験指導はありませんのでご注意ください。

こんな生徒さんにおすすめ!

  • とにかく英語の長文問題が苦手!
  • 模試などでいつも時間が間に合わない!
  • 過去問に挑戦したいけど、自信がない!

料金・時間

25,000
(税込27,500円)
教材を話しあって決めます
60

対象学年

  • 中学3年生
  • 中学浪人

内容

◆コースの概要

公立(私立)高校合格を目指して、英語長文問題の対策を行う全5回のコースです。

公立(私立)高校入試の過去問を土台に演習を行いながら、試験本番までに何をしたらいいのかをお伝えします!


◆コースの特徴

ここ数年、英語の入試問題が劇的に変わってきています。文法問題が減り、多くの高校では、入試問題の60〜70%が長文読解を占めるようになってきています。それに従って、英語問題の難易度も年々上がってきています。

このコースでは読みやすい長文を正確に読む練習からスタートします。それができるようになったら、実際に出された入試問題に素早く正確に答える演習を行っていきます。


1.まずは簡単な長文を丁寧に正確に読んでいこう!

まずは読みやすい長文を読んでいきましょう。長文全体を正確に読んでいく練習を行います。


「長文が難しすぎて、読めない」

「なんとなく読めるけど、問題にどう答えたら良いかわからない」

「時間が足りない」


高校入試の過去問に初めてチャレンジした生徒さんの反応はこんな感じではないでしょうか。今までそれほど英語の長文問題に触れてこなかったのであれば、ごく当然の反応だと思います。

私がこれまで数多くの高校受験生に接してきて感じるのは、ほとんどの受験生が正確に訳せていないということです。まずは丁寧に正確に読み取る練習をしていきましょう。

それじゃあ試験のとき、制限時間に間に合わない?

大丈夫です。

急がば回れ!

無理に速く読もうとしなくても、この練習を繰り返していけば、読むスピードは速くなります。


2.各公立高校の過去問のクセを知ろう!

正確に長文を読めるようになったら、過去問に挑戦し、問われていることに対し、きちんと答えられる練習をしていきます


直近の県立高校の入試問題を一部抜粋したものです。(スペースの問題もあるため、ここでは短めの文です。)ちょっと目を通してみてください。


  • My name is Naoki. My parents love traveling. We have been to twenty countries around the world. Last summer, we went to the United States to see my aunt, Elizabeth. After we stayed at her house for a few days, we traveled with her to a very exciting place in South America. We stayed at a hotel called the Palace of Salt. Its walls and floors were made of salt. We were surprised to see that almost everything was made of salt, including the beds, desks, and chairs in the rooms. I enjoyed swimming in the salt water pool, my parents liked the salt sauna, and my aunt loved sleeping in the salt bed. However, the best thing of all was spending time with my family. We all had a great time on the trip. 
  • including〜~〜を含めて 


Q. What did Naoki like the best about his trip?


「旅行中、ナオキが一番気に入ったことは?」という問題です。 「〜the best thing of all was spending time with my family.」が該当する部分だとわかると思いますが、問題は答え方です。「What did Naoki like〜」と聞かれているので、本文からそのまま抜書きしても正答とはなりません。正解はNaoki liked spending time with his family (the best about his trip).です。要するに本文の中から答えになる部分を見つけ出し、自分で編集する必要があります。


では、どうするか?数多くの入試問題をこなしていくことです。上で述べたように、正確に読むことさえできていれば、正解にたどり着くことは難しくありません。


もちろん、各高校によってさまざまなクセがあります。このコースでは、そのクセ・傾向を把握して、最短の時間で対策を行っていきます。


人それぞれこれまでやってきたことは違うと思いますので、受験までに実行するべきことは、授業の中で生徒さんと話し合いながら、お伝えしていきます。


◆お問い合わせの際に教えていただきたいこと

・生徒様の現状の学力(模試偏差値、学校成績など)

・普段どんな勉強をしているか(他の受験科目も含めて)


石井先生について

石井オンライン家庭教師

福島県立高安積高校 卒業 上智大学文学部英文学科 卒業 上智大学からの交換留学生として米国ウィスコンシン州立大学へ1年間留学

こんにちは。英語の授業を担当いたします石井と申します。 私は高校時代、「いい大学へは行きたい、でも勉強は嫌い」、部活にかまけて週に数時間程度の勉強で済ませてしまう、そんな生徒でした。 高2の秋、...

(主な合格実績) 東京大学(理科3類、文科1類)、京都大学(経済学部)、東京工業大学(情報理工学院)、東北大学(医学部医学科、薬学部、法学部、文学部)、早稲田大学(政治経済学部、文学部、教育学部)、慶...

プロフィールを見る

指導開始までの流れ

よく似た指導コース