プロを指名できるオンライン家庭教師

藤澤 オンライン家庭教師 残り3枠

はじめまして、英語担当の藤澤です。目をとめて頂き、ありがとうございます。 趣味は茶道(茶...
本人確認済

オンライン指導コース

オンライン指導コース

3コース

基本情報

基本情報

学歴

大分大学教育学部附属中学校 大分県立大分舞鶴高校 早稲田大学法学部

指導/合格実績

直近ですと、中学1年〜3年まで3年間教えていたひとりは、昨年志望校だった早稲田本庄高等学院に合格しました。また昨年の今頃、緊急事態宣言により学校が休校となっていた新中学2年生に、1年生の復習と授業がままならない2年生以降の予習を指導しました。かなり前になりますが、高校生にも英語を教えており、その子は大阪大学に合格しました。

自己紹介

自己紹介

はじめまして、英語担当の藤澤です。目をとめて頂き、ありがとうございます。 趣味は茶道(茶道裏千家専任講師の免状を持っています)、ゴルフ、アロマテラピー、脳科学や心理学を学ぶ事、犬の琥珀(ヨークシャテリア)との散歩、今はなかなかできませんが海外ひとり旅(世界中の絶景を見に行くこと)の九州人です。 これまで東京と福岡を中心にマスコミ畑で長年働いてきましたが、この度学生の皆さんの未来の可能性を一緒に「想像」し、そこに向かっていくための人生脚本を「創造」する一助となれればと思い英語教師として独立しました。 このページを見てくださっているみなさんの中には ●英語の授業がスタートしたけどよくわかんない ●英語が難しく感じ苦手科目になりそうな予感がする ●すでに英語が嫌いになって、ついていけなくなった。 ●わからないと思うところを放置していたら、どこでつまずいたかわからなくなってやる気もゲンナリ ●できたりできなかったりして自分のものになっていない気がする などと悩んでいる人が多いのではないでしょうか。 こんなお悩みをお持ちのあなたが ★ できた!わかった!を経験し、自身につながった! ★ 苦手意識バイバイ、得意科目になりそうな予感! ★ 学校の授業がスイスイ入ってきて楽しみに! ★ 自分の得意ポイントとつまずきポイントがわかる! ★ 教科書のその一歩先を理解できるようになった! にトランスフォームするための学びの時間を提供します。 英語は、日本語と同じように【コミュニケーションツール】です。 私たちは赤ちゃんのときから、ステップを経て、ほとんど無意識に読む、聴く、書く、話す、ができるようになります。面白いことに、生まれて6ヶ月くらいまでは、あらゆる国のことば、言語の音を聞き分けられると言われています。9ヶ月になると、例えば「L」と「R」の音の聞きわけが難しくなってくるそうです。つまり私たちは生後約1年たらずで既に日本語脳になっちゃっている、ということ。だから、英語に入門して数年足らずで、今できなくてもわからなくても混乱してても大丈夫! 私が授業で大事にしていることは、インプット同時アウトプットです。知識を入れたら即座にそれを実際に使ってみる。「自由自在にアウトプットできる=自分のものになっている」ということを体験してもらいます。あなたがさまよっているポイントは、はら落ちするまで何度も繰り返しインプット同時アウトプットしてもらいます。授業ではわかっても、すぐに抜けてしまうときがあっても大丈夫。何度だってお付き合いします。 ちょっと話は茶道の教え寄りになりますが、茶人千利休が残した言葉に 「その道に入らんと思ふ 心こそ我身ながらの師匠なりけれ」 (そのみちにいらんとおもう こころこそわがみながらの ししょうなりけれ) という名言があります。 学ぶ者の心構えを説いている言葉ですが、その意味は「何事も学ぼうとする志をしっかりと持つことが大切だよ、自分で学ぼうと思った心こそが上達への第一歩なんだよ」というものです。 だから今、あなたが英語をもっと勉強しよう、克服しよう、と志を持った時点で偉いんです! あなたにも興味を持ったことには夢中で時間も忘れて取り組んだ経験があると思います。吸収するのも早ければ上達も早い。「時間を忘れて取り組む」のが上達の秘訣。そのためには、「好きである」とか「深く興味を持っている」ことが大事です。Have to ではなく Want toになるマインドセットが解決ステップの一つ。あなたが思わずはまってしまうようプランニングをしてつまずきポイントを見逃さずしっかりと何度でも伴走します!

はじめまして、英語担当の藤澤です。目をとめて頂き、ありがとうございます。 趣味は茶道(茶道裏千家専任講師の免状を持っています)、ゴルフ、アロマテラピー、脳科学や心理学を学ぶ事、犬の琥珀(ヨークシャテリア)との散歩、今はなかなかできませんが海外ひとり旅(世界中の絶景を見に行くこと)の九州人です。 これまで東京と福岡を中心にマスコミ畑で長年働いてきましたが、この度学生の皆さんの未来の可能性を一緒に「想像」し、そこに向かっていくための人生脚本を「創造」する一助となれればと思い英語教師として独立しました。 このページを見てくださっているみなさんの中には ●英語の授業がスタートしたけどよくわかんない ●英語が難しく感じ苦手科目になりそうな予感がする ●すでに英語が嫌いになって、ついていけなくなった。 ●わからないと思うところを放置していたら、どこでつまずいたかわからなくなってやる気もゲンナリ ●できたりできなかったりして自分のものになっていない気がする などと悩んでいる人が多いのではないでしょうか。 こんなお悩みをお持ちのあなたが ★ できた!わかった!を経験し、自身につながった! ★ 苦手意識バイバイ、得意科目になりそうな予感! ★ 学校の授業がスイスイ入ってきて楽しみに! ★ 自分の得意ポイントとつまずきポイントがわかる! ★ 教科書のその一歩先を理解できるようになった! にトランスフォームするための学びの時間を提供します。 英語は、日本語と同じように【コミュニケーションツール】です。 私たちは赤ちゃんのときから、ステップを経て、ほとんど無意識に読む、聴く、書く、話す、ができるようになります。面白いことに、生まれて6ヶ月くらいまでは、あらゆる国のことば、言語の音を聞き分けられると言われています。9ヶ月になると、例えば「L」と「R」の音の聞きわけが難しくなってくるそうです。つまり私たちは生後約1年たらずで既に日本語脳になっちゃっている、ということ。だから、英語に入門して数年足らずで、今できなくてもわからなくても混乱してても大丈夫! 私が授業で大事にしていることは、インプット同時アウトプットです。知識を入れたら即座にそれを実際に使ってみる。「自由自在にアウトプットできる=自分のものになっている」ということを体験してもらいます。あなたがさまよっているポイントは、はら落ちするまで何度も繰り返しインプット同時アウトプットしてもらいます。授業ではわかっても、すぐに抜けてしまうときがあっても大丈夫。何度だってお付き合いします。 ちょっと話は茶道の教え寄りになりますが、茶人千利休が残した言葉に 「その道に入らんと思ふ 心こそ我身ながらの師匠なりけれ」 (そのみちにいらんとおもう こころこそわがみながらの ししょうなりけれ) という名言があります。 学ぶ者の心構えを説いている言葉ですが、その意味は「何事も学ぼうとする志をしっかりと持つことが大切だよ、自分で学ぼうと思った心こそが上達への第一歩なんだよ」というものです。 だから今、あなたが英語をもっと勉強しよう、克服しよう、と志を持った時点で偉いんです! あなたにも興味を持ったことには夢中で時間も忘れて取り組んだ経験があると思います。吸収するのも早ければ上達も早い。「時間を忘れて取り組む」のが上達の秘訣。そのためには、「好きである」とか「深く興味を持っている」ことが大事です。Have to ではなく Want toになるマインドセットが解決ステップの一つ。あなたが思わずはまってしまうようプランニングをしてつまずきポイントを見逃さずしっかりと何度でも伴走します!

趣味

茶道裏千家専任講師資格あり。ゴルフ。

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をNoSchoolに投稿していません。