萩下 オンライン家庭教師

本人確認済 残り2枠
はじめまして。このページをご覧いただきありがとうございます。 萩下と申します。 大学時代は...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

3コース

自己紹介

自己紹介

はじめまして。このページをご覧いただきありがとうございます。 萩下と申します。 大学時代は塾講師・家庭教師のアルバイトをしており、現在は副業としてオンライン家庭教師を数件担当しております。 私は、「週に1回受講するだけで、残りの週6日も効果的に勉強ができるようになる授業」を提供しています。 なぜこのようなことができるのでしょうか? それは私が授業において、「効率的な自習方法」を指導することに焦点を当てているからです。 言い換えれば、私は生徒さまに「先生がいなくても自分自身で効果的に勉強し、成績を伸ばせるようになってもらう」ことを目指しています。 【※授業時間と自習時間の割合の図】 ここで、皆さんの勉強時間の内訳を見てみましょう。 こちらの図にあるように、勉強時間は、授業時間(学校や塾、家庭教師など)と自習時間(自宅や図書館、自習室など)の合計であり、 大半の方は、授業時間よりも自習時間の割合が高いはずです。 そのため、自習時間をいかに効果的に使えるかが成績向上の大きな要因となっています。 私が「自習方法」に焦点を当てているのはこうした理由からです。 「なぜ自習が大事なのか?」「授業を多く受ければいいのではないか?」と、疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。 【※テストの得点=①インプット量×②アウトプット率の図】 この図にもあるように、テストの得点を上げるには、①インプット量(授業で解説を聴く)を増やすと同時に、②アウトプット率(教わった内容を記憶している・問題が解ける)を高めていく必要があります。 どれだけ多くのインプットをしてもアウトプットができないと、テスト本番では問題が解けないからです。 また、授業を受けることで、①インプット量は増えますが、②アウトプット率を高めることは難しいです。 なぜなら、授業では新たな知識を取り入れることが中心となるため、取り入れた知識を実際に使えるようになる(アウトプットできる)ための時間はほとんど取れないからです。 こうした理由で、私は自習時間の効率性を高めることが成績向上の近道であると考えています。 私の授業では、ひとりで自習することを想定して、その場合と同じ勉強の流れで授業を進めます。 ですので、私の授業がない日でも、何をどんなやり方で勉強すればよいか分かるようになります。 勉強には不安がつきものですが、正しく勉強して日々着実に前に進んでいる実感があれば迷いは自然となくなります。 私自身も自習中心で高校受験、大学受験を乗り越えてきました。自身の経験を活かして精一杯サポートさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

趣味

野球、読書

学歴

慶應義塾大学商学部卒業

指導/合格実績

大学時代に塾講師を2年、現在は副業でオンライン家庭教師を約1年ほど行っています。

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をマナリンクに投稿していません。