市川 オンライン家庭教師

本人確認済 残り2枠
こんにちは市川です。 東京学芸大学大学院教育学専攻科英語教育専攻を修了した後、都内の私立女...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

1コース

自己紹介

自己紹介

こんにちは市川です。 東京学芸大学大学院教育学専攻科英語教育専攻を修了した後、都内の私立女子中・高等学校で5年間教鞭をとりました。退職後大学へ移り、同時に東京学芸大学の非常勤講師となり15年間務め、現在首都圏の複数の大学でも英語(英文法、英語読解、英作文)および英語教育、言語学などを教えています。また、金沢大学大学院後期博士課程人間社会環境研究科人間社会環境学専攻に社会人として入学、満期単位取得後に退学し、学位を取得しています。 大学時代から塾講師、家庭教師として中学生・高校生・社会人に英語を指導してきているので、さまざまな学生・ニーズに対応できると思います。 英語が苦手な生徒・学生は「英語ができない」と良く言います。それに対し「じゃあ、今までどれくらいの時間を英語の勉強に費やしたか計算してみよう」と答えます。「中学・高校6年間英語を勉強している」といいますが、実際英語に触れ、英語に向き合った時間は意外と少なく、人によっては1ヶ月にもならないことがあります。つまり、「英語ができない」のではなく「英語に接していない」「英語の勉強を始めていない」だけなのです。 英語学習を始めていない生徒は最初英語の勉強に時間がかかります。その時間の長さに耐えられなくなってやめてしまいます。「私の子供はとてもあきっぽいんです」とおっしゃるお母さんはいるかもしれませんが、「時間がかかりすぎて、成果が見えてこないためやめてしまう」のではないでしょうか? 私は以下のことを中心に教えてきます ・予習/準備に使う「時間」の短縮化。 ・「間違えノート」を作成 ・学習方法の確立 私が教える時間以外をどのように有効に使えるかが重要です。そのため英語学習に費やす時間を短くします。現在、電子辞書を使う学生が大半ですが、私は紙の辞書を使うことを薦めます。そして単語を調べる時間を30秒以内になるようにトレーニングをさせます。電子辞書だとスペルを打ち込むだけですが、紙の辞書だとそのスペルを目で追わなければなりません。 つまり単語を視覚的に認識しないとならないのです。そうすることによって記憶に単語のスペルも入っていくと想います。最初は簡単な単語でも2分〜3分かかるかもしれません。しかし、それが30秒以内に調べることができるようになれば、予習に費やす時間が短縮されます。また時間の短縮が達成感を持たせることとなります。(蔭山メソッドの100マス計算と同じ考え方です) 学習での間違いは繰り返してしまうことが多々あります。そこで自分専用の参考書となる「間違えノート」の作成を行います。そしてそのノートを定期的に見直すことで、間違えを克服できます。 英語の学習が苦手な生徒はどれくらいの時間、どれくらいの量をしなければならないのかと不安を持ちます。また、学習方法は1つではありません。生徒によって多種多様になります。基本的な学習方法を教えた後でそれぞれ得意な部分を活用した学習方法を生徒とともに作っていきたいと思います。 英語学習は難しいことではありません。中学校で学習する文法事項をしっかりと理解し、英文に慣れ親しめれば、必ず英語力は向上していきます。簡単だと思うことほど確実に理解しておけば応用は意外とたやすくできるようになります。一緒に頑張っていきましょう!

こんにちは市川です。 東京学芸大学大学院教育学専攻科英語教育専攻を修了した後、都内の私立女子中・高等学校で5年間教鞭をとりました。退職後大学へ移り、同時に東京学芸大学の非常勤講師となり15年間務め、現在首都圏の複数の大学でも英語(英文法、英語読解、英作文)および英語教育、言語学などを教えています。また、金沢大学大学院後期博士課程人間社会環境研究科人間社会環境学専攻に社会人として入学、満期単位取得後に退学し、学位を取得しています。 大学時代から塾講師、家庭教師として中学生・高校生・社会人に英語を指導してきているので、さまざまな学生・ニーズに対応できると思います。 英語が苦手な生徒・学生は「英語ができない」と良く言います。それに対し「じゃあ、今までどれくらいの時間を英語の勉強に費やしたか計算してみよう」と答えます。「中学・高校6年間英語を勉強している」といいますが、実際英語に触れ、英語に向き合った時間は意外と少なく、人によっては1ヶ月にもならないことがあります。つまり、「英語ができない」のではなく「英語に接していない」「英語の勉強を始めていない」だけなのです。 英語学習を始めていない生徒は最初英語の勉強に時間がかかります。その時間の長さに耐えられなくなってやめてしまいます。「私の子供はとてもあきっぽいんです」とおっしゃるお母さんはいるかもしれませんが、「時間がかかりすぎて、成果が見えてこないためやめてしまう」のではないでしょうか? 私は以下のことを中心に教えてきます ・予習/準備に使う「時間」の短縮化。 ・「間違えノート」を作成 ・学習方法の確立 私が教える時間以外をどのように有効に使えるかが重要です。そのため英語学習に費やす時間を短くします。現在、電子辞書を使う学生が大半ですが、私は紙の辞書を使うことを薦めます。そして単語を調べる時間を30秒以内になるようにトレーニングをさせます。電子辞書だとスペルを打ち込むだけですが、紙の辞書だとそのスペルを目で追わなければなりません。 つまり単語を視覚的に認識しないとならないのです。そうすることによって記憶に単語のスペルも入っていくと想います。最初は簡単な単語でも2分〜3分かかるかもしれません。しかし、それが30秒以内に調べることができるようになれば、予習に費やす時間が短縮されます。また時間の短縮が達成感を持たせることとなります。(蔭山メソッドの100マス計算と同じ考え方です) 学習での間違いは繰り返してしまうことが多々あります。そこで自分専用の参考書となる「間違えノート」の作成を行います。そしてそのノートを定期的に見直すことで、間違えを克服できます。 英語の学習が苦手な生徒はどれくらいの時間、どれくらいの量をしなければならないのかと不安を持ちます。また、学習方法は1つではありません。生徒によって多種多様になります。基本的な学習方法を教えた後でそれぞれ得意な部分を活用した学習方法を生徒とともに作っていきたいと思います。 英語学習は難しいことではありません。中学校で学習する文法事項をしっかりと理解し、英文に慣れ親しめれば、必ず英語力は向上していきます。簡単だと思うことほど確実に理解しておけば応用は意外とたやすくできるようになります。一緒に頑張っていきましょう!

趣味

音楽鑑賞 読書など

学歴

金沢大学法文学部文学科卒業 東京学芸大学大学院教育学研究科英語教育専攻英語学修了 金沢大学大学院博士後期課程人間社会環境研究科人間社会環境学専攻 単位取得後退学

指導/合格実績

成蹊高等学校、東京学芸大学附属高校、石川県立桜ヶ丘高等学校、共立女子大学

先生のブログ | 全3

先生のブログ