川崎 オンライン家庭教師

本人確認済 残り3枠
生徒の皆様 はじめまして、川崎と申します。 英語講師歴は5年で、内訳として個別指導塾で...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

4コース

自己紹介

自己紹介

生徒の皆様 はじめまして、川崎と申します。 英語講師歴は5年で、内訳として個別指導塾で3年、通信制高校で2年教えていました。 現在、2歳の息子がいて、毎日2人で公園を散歩しています。ボール遊びが好きで、ラグビーボールを蹴って、追いかける毎日です。 私は、英語講師としてどんな講師か?と問われたとすれば、「日本一英語ができない生徒の気持ちがわかる講師」と答えるでしょう。 ちょっとした昔話をします。 正直、私は語学の才能がありません。 小学校では英語ができる姉に比べられて劣等感を覚え、中学でも主要5教科で英語が一番できなかったですし、高校でも英語の偏差値は42でした。 高校時代までは英語を勉強してもまったく伸びない、それでも「勉強しろ」と怒られる、そしてやる気がなくなる、そんな毎日でした。今のように英語講師になっている将来なんて、考えてもなかったでしょう。 そんな中ふとあることに気が付いたのは高校3年の終わりの頃でした。 「なんでアメリカ人は幼稚園児でも英語が話せるのに、自分は高校生になっても英語が話せないんだろうか」 当時は、英文和訳が中心の教え方で、こんなことを考えている先生や生徒もあまりいなかったのではないでしょうか。そこで、なんとなく英語を英語のまま理解する学習にシフトしました。 高校卒業後はアメリカ留学を志し、TOEFL(iBT相当)で60点以上取るという明確な目標ができ、朧気ながらそのためには何をすればいいのか、という考えを持って学習を進めてきました。 TOEFLに出てくる単語を覚える、TOEFLの問題を解いて問題形式に慣れる、自由英作文の型を作る、など、具体的に言えばそんな感じでしょうか。 そうすると、少しずつですが英語力は伸びていき、無事希望していた学校に留学することができました。 アメリカでの教育で影響を受けたのは、先生と生徒が同等の関係であるということです。生徒もしっかり意見をいい、議論をしている姿は素晴らしいと思い、指導でもこの形を取り入れています。 留学後は、縁があって、後に「ビリギャル」の舞台で有名になる名古屋の個別指導塾で働くことになり、2年目から英語講師主任として働くことになりました。○×学習法や単元別小テストなど、ここでより効率的に学習する方法を学びました。 留学帰りで文法の指導がままならなかった自分が、「文法の神」と生徒に言われるようになれたのは、ここでの成長だと思います。このころTOEICのスコアが900点を超え、こんな自分でも英語上級者の牙城を1つ落とせたことに感動したのを覚えています。 その後大学院に行き、敢えてしばらく教育業を離れました。英語講師としてはいつでも戻れるという自信と、他の仕事、とりわけ営業の仕事を経験したかった、というのが理由です。 人材教育や求人広告の新規開拓営業を経験しましたが、ふたを開けてみて、一番成果を発揮できたのは通信制高校での営業でした。 前者での営業は、正直嘘八百な所があり、自分には向いていませんでしたが、後者の営業は親身になって話をきくスタイルがウケ、成果を出すことができました。 また、ADHDや自閉症、場面緘黙症、ディスレクシアなどという、学びに特徴のある生徒と接したり、新たに世界を広げたりすることができました。 また、勤務先はアメリカが拠点の通信制高校だったので、生徒も英語母国者が多く、本部との連絡も英語だったため、英語を使った勤務が出来たのは仕事経験上大きかったと思います。 そして、現在の自分に満足しているかというと、そうでもありません。 TOEFLなど、英語上級者の牙城をまた一つ落としたいと思っていますし、教職を取りたいと思っています。 残念ながら、世の中には、「この生徒はもうだめだ」という先生や、「なんでできないの!」と生徒に怒鳴る先生もいます。 しかし、私は「あきらめない」先生でいたいと思います。 前述のように、私は語学に関しては才能のない人です。しかし、それでもここまで自分を持ってくることができたという自信があります。 英語が苦手な生徒さん、もしよろしければ、少しお手伝いをさせていただけませんか。大丈夫です。私はいまでも英語が「苦手」ですから。

趣味

野菜作り。現在は水耕栽培に注目して自分でシステムを作り育てています。

学歴

B.A. University of California, Santa Barbara, Business Economics M.A. 早稲田大学 経済学研究科 現在、日本大学 通信教育部で教職課程(中・高 英語)

指導/合格実績

慶應義塾大学、名古屋大学、青山学院大学、東京大学、神田外語大学、同志社大学、など

先生のブログ | 全9

先生のブログ