光平 オンライン家庭教師

本人確認済 残り5枠
はじめまして!光平と申します。 指導歴8年目、現在25歳、個人塾も運営しております。 私は...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

9コース

自己紹介

自己紹介

はじめまして!光平と申します。 指導歴8年目、現在25歳、個人塾も運営しております。 私は現在青山学院大学に通いながらその他、大手・個人進学塾で専門講師、オンライン講師もしております。 私の学生時代は決して満足できるものではありませんでした。 都内でも有名な中高一貫校に入学。喜ぶのも束の間。 入学当初から優秀な生徒達について行くのに必死状態。 高校時代にはもう後ろから一桁をキープすると言った状況でした。 どこか「自分は落ちこぼれ」と周りからも自分もレッテルを貼り、ドンドン自信がなくなり全く学習意欲などありませんでした。 それでも、親は「有名大学に進学して欲しい」思いで都内でも著名な講師が揃っている「某有名個人指導塾」に恐ろしい金額を払って私を行かせてくれました。 今振り返ると後悔でしかありません。 そんな親の期待も裏切り、やる気のない私はただ通っていただけですから。 全く成績は上がらず、結局「抑えの大学」どころか「予備練習」程度に受験した某工業大学しか合格しませんでした。 これまた「浪人して来年に」の親の願いを振り切って、その某工業大学に入学。 入学したものの希望した大学ではありませんから、より一層「やる気なし」 そんな中、唯一楽しかったのが何となく始めた「個人指導塾」でのアルバイトでした。 学生時代から数学だけは上位の成績だったので、アルバイトで理数講師として任された時人生で初めて「自分の価値」を感じたように思います。 「そうだ!自分は数学が出来る」 「数学を教えている時だけは、楽しい」 と思えた瞬間、「教育に関わる仕事に将来就きたい」と奮い立ちました。 某工業大学での勉強は工業系の勉強ばかりで、あまりにも教育とはかけ離れ過ぎていました。 思い切って某工業大学を退学する決意、人生最大の決意だったと思います。 しかし、某工業大学ではかなり奥深く理数系の勉強をしましたので、今となれば理数系の指導に役立ち皆さんにかなり深掘りして指導することができます。 これ以上、親に学費を出してもらう訳には行かない! 必死に1年独学で勉強しました。 とは言うものの学生時代怠けていた私には、勉強法など全く分かりませんでした。 「やったことは、青チャートのみ!」 ただひたすら青チャートを何度も何度も繰り返すことしか出来ませんでした。 1回目に解けなかった問題に白の付箋。 2回目は白の付箋の問題をやる。又解けなかった問題には青の付箋。 3回目は青の付箋の問題をやる。又解けなかった問題には黄の付箋・・・・ と繰り返すにつれ、付箋がとれる喜びが楽しさに変わった瞬間、なにか大きな成果を感じました。 問題がドンドン解ける!分からない問題がない!と。 結果、大学入試では数学満点で合格出来ました。 『勉強は楽しくなければ、身につかない』言い換えれば『楽しく学べば、結果が出る』ことをやっと理解できたように思います。 「学生時代、これくらい勉強していたら・・・」と後悔もありますが、後悔よりも「やる気になれば独学でも出来るのだ」という自信が持てたことの方が大きいです。 しかし、皆さんには私のように「独学」で勉強に励むような遠回りをしないで、もっとスムーズに大学に進学して欲しいと切に願います。 「経験者だからこそ、円滑に受験を乗り越えられる勉強法などサポート出来るのでは」と思っています。 勉強は「自分のやる気」が全てです。 どんなに一流の塾・予備校に通っても、どんなに素晴らしいと言われる教材を使っても、どんなに長時間机に向かっていても・・・「やる気」がなければ結果は期待出来ません。 裏返せば、一流の塾・予備校に通わなくても、一般教材でも、短時間の勉強でも・・・「やる気」があれば受験に合格できるということです。 その「やる気」には「楽しさ」が不可欠です 「楽しい」「気分が乗る」「面白い」この気持ちがなければ「やる気」はまず出ません。 私の個人指導は「“楽しく”成績を上げる」をモットーとしております。 授業内容には、アニメ用語が飛び出したり、より一層本質から理解してもらうために実生活、実体験に即した方向から切り込みを入れていくなど、ただ知識、教材を教えるのではなく「楽しく学ぶ」工夫を凝らしております。 最後にもう一度 成績アップには「やる気」が不可欠! その「やる気」には「楽しい」が不可欠! その「楽しい」には「光平」の指導がベスト! 「楽しく取り組むたい!」方、一緒に学びましょう。

はじめまして!光平と申します。 指導歴8年目、現在25歳、個人塾も運営しております。 私は現在青山学院大学に通いながらその他、大手・個人進学塾で専門講師、オンライン講師もしております。 私の学生時代は決して満足できるものではありませんでした。 都内でも有名な中高一貫校に入学。喜ぶのも束の間。 入学当初から優秀な生徒達について行くのに必死状態。 高校時代にはもう後ろから一桁をキープすると言った状況でした。 どこか「自分は落ちこぼれ」と周りからも自分もレッテルを貼り、ドンドン自信がなくなり全く学習意欲などありませんでした。 それでも、親は「有名大学に進学して欲しい」思いで都内でも著名な講師が揃っている「某有名個人指導塾」に恐ろしい金額を払って私を行かせてくれました。 今振り返ると後悔でしかありません。 そんな親の期待も裏切り、やる気のない私はただ通っていただけですから。 全く成績は上がらず、結局「抑えの大学」どころか「予備練習」程度に受験した某工業大学しか合格しませんでした。 これまた「浪人して来年に」の親の願いを振り切って、その某工業大学に入学。 入学したものの希望した大学ではありませんから、より一層「やる気なし」 そんな中、唯一楽しかったのが何となく始めた「個人指導塾」でのアルバイトでした。 学生時代から数学だけは上位の成績だったので、アルバイトで理数講師として任された時人生で初めて「自分の価値」を感じたように思います。 「そうだ!自分は数学が出来る」 「数学を教えている時だけは、楽しい」 と思えた瞬間、「教育に関わる仕事に将来就きたい」と奮い立ちました。 某工業大学での勉強は工業系の勉強ばかりで、あまりにも教育とはかけ離れ過ぎていました。 思い切って某工業大学を退学する決意、人生最大の決意だったと思います。 しかし、某工業大学ではかなり奥深く理数系の勉強をしましたので、今となれば理数系の指導に役立ち皆さんにかなり深掘りして指導することができます。 これ以上、親に学費を出してもらう訳には行かない! 必死に1年独学で勉強しました。 とは言うものの学生時代怠けていた私には、勉強法など全く分かりませんでした。 「やったことは、青チャートのみ!」 ただひたすら青チャートを何度も何度も繰り返すことしか出来ませんでした。 1回目に解けなかった問題に白の付箋。 2回目は白の付箋の問題をやる。又解けなかった問題には青の付箋。 3回目は青の付箋の問題をやる。又解けなかった問題には黄の付箋・・・・ と繰り返すにつれ、付箋がとれる喜びが楽しさに変わった瞬間、なにか大きな成果を感じました。 問題がドンドン解ける!分からない問題がない!と。 結果、大学入試では数学満点で合格出来ました。 『勉強は楽しくなければ、身につかない』言い換えれば『楽しく学べば、結果が出る』ことをやっと理解できたように思います。 「学生時代、これくらい勉強していたら・・・」と後悔もありますが、後悔よりも「やる気になれば独学でも出来るのだ」という自信が持てたことの方が大きいです。 しかし、皆さんには私のように「独学」で勉強に励むような遠回りをしないで、もっとスムーズに大学に進学して欲しいと切に願います。 「経験者だからこそ、円滑に受験を乗り越えられる勉強法などサポート出来るのでは」と思っています。 勉強は「自分のやる気」が全てです。 どんなに一流の塾・予備校に通っても、どんなに素晴らしいと言われる教材を使っても、どんなに長時間机に向かっていても・・・「やる気」がなければ結果は期待出来ません。 裏返せば、一流の塾・予備校に通わなくても、一般教材でも、短時間の勉強でも・・・「やる気」があれば受験に合格できるということです。 その「やる気」には「楽しさ」が不可欠です 「楽しい」「気分が乗る」「面白い」この気持ちがなければ「やる気」はまず出ません。 私の個人指導は「“楽しく”成績を上げる」をモットーとしております。 授業内容には、アニメ用語が飛び出したり、より一層本質から理解してもらうために実生活、実体験に即した方向から切り込みを入れていくなど、ただ知識、教材を教えるのではなく「楽しく学ぶ」工夫を凝らしております。 最後にもう一度 成績アップには「やる気」が不可欠! その「やる気」には「楽しい」が不可欠! その「楽しい」には「光平」の指導がベスト! 「楽しく取り組むたい!」方、一緒に学びましょう。

趣味

数学、理科の指導 映画、アニメ鑑賞

学歴

大学 青山学院大学 中学高校 私立攻玉社高等学校

指導/合格実績

大学 筑波大学、GMARCH、日東駒専、近畿大 高校 偏差値62〜60後半の高校(書ききれないので省略)

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をマナリンクに投稿していません。