ミク オンライン家庭教師

本人確認済 残り1枠
◆お知らせ◆ 生徒さん募集状況:12月以降&冬季受講者の募集を開始しました! 冬期講習は1...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

2コース

自己紹介

自己紹介

◆お知らせ◆ 生徒さん募集状況:12月以降&冬季受講者の募集を開始しました! 冬期講習は12月上旬よりご案内いたします。 現在指導可能日はブログにて共有しております。まずはお気軽にお問い合わせください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ はじめまして、こんにちは!ミク先生です。 このページをご覧になっている、ということは、わたしがどんな人かな?と思って覗いてくださっているんだと思います。少しでも雰囲気が伝わると良いな、と思いつつ、自己紹介させていただきますね!☺ まずわたしの経歴から。 わたしは大学入学時から国語講師・家庭教師として約7年、それから教室長として、トータル約10年以上教育業界で受験とたたかう生徒さん、保護者様とともに歩んできました。 大学時代は社会学専攻でしたが、源氏物語を始めとする古文漢文、それから日本語学を学び、大学院時代は源氏物語の原文(あのうにょうにょした文字です!笑)を現代の文字にしていく、ということもやったりしていました。 当然国語の中高教員免許も取得しています。 ここまで話すと、「ミク先生は国語が好きな人だったんだな」と思われるでしょう。 実は、違います!! わたしは高校時代、がっつり理系選択者でした。【国公立理系志望/物理・化学選択】です。 どうでしょう、驚きましたか? なぜわたしが理系を選択していたか。 それは、「国語」という科目がどうにも好きじゃなかったからです。 元々読書自体は好きでした。しかし、国語のテストでわたしの思う記述をしても減点されることがある。「なんで?あってるでしょ!」と思っていました。 正解が一つじゃないじゃないか、と思い、それに反抗心を抱いた高校生のミク先生。 正解が一つで明快な、理系の道を選択しました。 それから、小学校からずーっと苦手だった物理に取り組んだ結果……全く歯が立たず、 高3の夏になって隠れ文系に転向し、化学・地理・現代社会受験という なかなか文系では見ない選択科目で受験をしました。 結果、センター試験(現在の共通テスト)で思うように点が取れず、第一志望校に合格できませんでした。 わたしが理系選択せずに最初から文系にしていれば…と後悔したのは言うまでもありません。 なにしろ、卒業式で高校の英語の先生と話をしていたら、 「お前が理系に進んだのはこの学校の七不思議の一つだったからなぁ」 とまで言われるほどだったのですから。笑 本来なら、最初から文系に進んだほうがきっと良かったのでしょう。 しかし、わたしは「正解がない」と思っている国語という科目を どうしても勉強する気になれませんでした。 もしかして同じように思っている方、いませんか? 国語にも解き方があるんだ、とわかったのは、わたし自身が国語を教えるようになってからです。 大学の授業でも論理学を学び、現代文には解き方があること、 古典は基礎文法をしっかり行うこと、などが身にしみてわかりました。 それらを身に着けてから入試問題に取り組むと、正解がこれしかないと自信を持って答えられるようになり、共通テストも満点連発でした。 そう、国語にも、解き方があったのです。 わたしと同じような苦い経験は、これから受験するみなさんには、 味わってほしくないな、と思っています。 だから、これまでわたしの培ってきた、発見してきた、 「国語の解き方」をみなさんに惜しみなく伝授します!! 国語が苦手、解き方なんてわからない、正解がない、どうしても点が安定しない・・・ そういう生徒さんにはぜひ、一度わたしの授業を受けてみてほしいなと思います。 もちろん受験校の悩みや進路相談も何百人と受けてきましたから、ぜひ相談してくださいね! ともに、「打倒!国語」を達成しましょう。

趣味

多趣味です!インドアが多いですが・笑 ・ハンドメイドアクセサリーの作成 (レジン・スワロフスキーアクセ・羊毛フェルト・ネイルチップ・編み物などなど) ・ちょっとしたイラスト作成 ・マンガ/アニメ/小説 ・Youtube(ゲーム実況もみます!) ・アプリゲーム/ゲーム(マインクラフトで建築したりどうぶつの森やかわいいMMOなど…)

学歴

県立広島女子大学 国際文化学部国際文化学科(現:県立広島大学 人間文化学部) 卒業 県立広島大学大学院 総合学術研究科 人間文化学専攻 卒業

指導/合格実績

【合格実績】東京大学・京都大学をはじめとする国公立大、関東中心の早慶上MARCH等私立大実績有。 【指導経歴】アルバイト時代から含め約10年近く教育業界にて務め、塾講師としては大学時から7年、国語科目専門講師として主に高校受験・大学受験の指導に当たる。大学院生時代には小・中学生の家庭教師もかけもち。中高の教員免許取得。その後はスクールマネージャーとして、子どもたちの教育だけでなく後継の育成や組織制度を整える部分に携わっておりました。2017年度入試においては、大手塾のフランチャイズにて、自身の校舎長を務める校舎が、33校舎中トップの東大合格者輩出数を記録。

先生のブログ | 全3

先生のブログ