残り1枠

柴山オンライン家庭教師

4.99(204件)
平均既読時間19分
授業外のコミュニケーション量普通
自己紹介
はじめまして。国語講師の柴山です。 「憧れの学校に合格したい」「成績を上げたい」「ちんぷんかんぷんの問題文を読めるようになりたい」――こんな切実な目標を持って、皆さんは家庭教師を探していると思います。 私も「夢や目標を叶えたい生徒さんの助けになれたら」という思いで講師を続けています。 国語に限らず勉強で大切なのは、“わからない”ということに正直に向き合うこと。 それを解決するためにどうしようという考えが芽生えた時から、学力アップが始まります。 国語の学力を養うには時間がかかると言われますが、コツがあります。 夢への最短距離を走れるように、私と一緒に頑張りましょう! 【家庭教師になったきっかけ】 大学を卒業して、家庭教師を再開したきっかけは甥っ子の一言でした。 「勉強を教えてください!」 中学1年生の1学期の中間テストで、散々な結果が出た直後のことでした。 その時の必死な表情は今でもよく覚えています。だからこそ私も一生懸命頑張りました。 授業はもちろん、ノートの取り方、家庭学習の計画、ワークの活用方法などを考え、彼に合った方法を模索していきました。 「打てば響く」という言葉はまさにその通りで、子どもはきっかけさえつかめばグングン学力を伸ばしていきます。こんな経験をもっと多くの子どもと分かち合いたい――この思いが私を突き動かしています。 件の甥っ子の現在はというと、見事志望校に合格し、建築士を目指して頑張っています。 【授業で取り組むこと】 国語で最も多いご要望が読解力の養成です。 私は“読解力=要約力”だと考え、要約力を高める授業を行っています(詳細はぜひ動画をご覧ください)。 もう一つ、生徒さんと一緒に取り組んでいることが「Good&New」です。 最近の良かったことや新しい発見をシェアして、相手に拍手を送るという簡単なゲームです。 [Good&Newのメリット] ・普段から良いことを考える思考が育つ ・インプット(出来事を覚える)とアウトプット(記憶を引き出す)で学習効率を上げる ・チームとして相互理解が深まり一体感が生まれる 最初は一言二言しか言葉が出てこなかった小学生の生徒さんは、「Good&New」を1年続けると、まとまった文章で話せるようになってきました。 家庭教師ならではの双方向のコミュニケーションの中で、思考力やリサーチ力など読解力につながる習慣を身につけていきます。
趣味書道(5歳の頃から続けています。週末は書道教室も開催) ダンス(大学の部活でモダンダンスとガールズヒップホップを始めました) おいしいもの探し(スイーツ、ラーメンが好きです!)
学歴京都教育大学 教育学部 総合科学課程 日本言語文化専攻 卒業 大学在学中から家庭教師として中高校生の指導にあたる。現在は、フリーのコピーライターとして活動するかたわら、国語のオンライン家庭教師を手掛け、書道教室を主宰。不定期でライティング講座の講師もしている。
指導/合格実績指導年数:12年 学習院大学法学部(2024年度合格) 明治学院大学法学部(2024年度合格) 東洋大学法学部(2024年度合格) 専修大学法学部(2024年度合格) 法政大学法学部(2024年度合格) 法政大学文学部(2024年度推薦合格) 大阪大学外国語学部(2023年度合格) 早稲田大学国際教養学部(2023年度合格) 獨協大学(2023年度合格) 芝浦工業大学建築学部(2023年度推薦合格) 長野県立大学グローバルマネジメント学部(2023年度合格) 八王子学園八王子高校 特選(最上位)クラス(2023年度合格) 日本女子大学(2022年合格) 筑波大学(2022年合格) 京都教育大学教育学部(2021年合格) 京都橘大学書道コース(2021年合格) 広島大学教育学部(2019年合格) 関西外国語大学外国語学部(2019年合格)
オンライン指導コース

1コース

現代文月額コース
40,000/月
1回60(月8回(週2回目安))
高校1〜3年生
コースの詳細を見る
感謝の声
感謝の声
高校2年生志望校:薬学部
2023/09/10
柴山先生はとてもお人柄が良い上に、生徒に寄り添ってくださる指導力がとても素晴らしい先生です。 授業を...
感謝の声
中学3年生志望校:都内高校
2023/03/04
中3の娘が10月から2月までお世話になりなりました。 娘の学力や志望校のレベルにあった問題集を選んで...
感謝の声
高校3年生志望校:私立・建築学部
2022/05/13
学内の特別な推薦推薦枠のために必要な論文やレポートを書くにあたり、柴山先生にお願いいたしました。短い...
先生のブログ|2
2024/1/19
共通テストを受けた受験生の皆さん、お疲れさまでした!ホッとしたのもつかの間、二次試験に向けて赤本や過去問にガンガン取り組んでいるところだと思います。 講師としては赤本や過去問を2周、3周、それ以上いくらでもやってもらうことが理想ですが、もう一つおすすめなのが「解説」ページを読み込むことです。 解答を...
2022/1/5
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 書道の生徒たちと書初めをしました。子どもたちは、年に1回の長い紙に書く1か月で苦戦しています。私は普段お手本ばかりで、自分の字を書く機会が少なかったので、とても新鮮な気持ちになりました。 昨年は海外から書き方のレッスンの依頼をいただきました。まさに新しい一歩...