カタヨセ オンライン家庭教師

本人確認済 残り1枠
塾、専門学校などで20年以上にわたって指導を行っています。 担当科目は中高生の数学と理科(...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

1コース

自己紹介

自己紹介

塾、専門学校などで20年以上にわたって指導を行っています。 担当科目は中高生の数学と理科(物理)、 専門学校や社会人研修ではコンピュータプログラミング(C、Javaなど)を担当しています。 ■生徒さんへ みなさんの中に、 『教科書の練習問題は解けるのに、模試などの実戦的な問題になるとつまづく』 という人はいないでしょうか? それはきっと、『理論』がちゃんと身についていないのだと思います。 私が主に指導している数学や物理には、たくさんの『定理』『法則』『公式』がありますが、 それらには裏付けとなる『理論』があり、その理解なしに使いこなすことはできません。 つまり『なぜそうなるのか』が判るような勉強をしないと、力がつかないのです。 学校の授業では、時間の不足もあってか、ひたすら 『公式を憶える』『問題の解き方を憶える』など、『憶える』ばかりの指導が行われることがよくあります。 学校の期末試験では、まじめに憶えていけばそれなりの得点をとることができるのですが、 入試問題のように高い応用力や理解力を試される場面では、暗記だけでは対処できない問題が多く出題されます。 そのような問題に当たった時の突破力となるのは、 法則や公式の『理論』…『なぜその公式が成り立つのか』『その法則から何が言えるのか』に対する理解です。 私の授業では、『何故そうなるのか』を考えながら問題をじっくりと解いていくという 演習を行うことが多くなると思います。 問題の数をこなすよりも、少数の問題をより深く理解することが、将来の力に繋がります。 難関校狙いだけではなく、学校の通常授業で躓いてしまっている場合でも、 ちょっとした『理解』によって壁を突破できることはよくありますので、 そのような方からのご希望にもお応えしたいと思います。 たしかに短期的に成績を上げたいなら、『ヤマを張って丸暗記』の方が効率が良いこともあります。 しかしそれでは入試には太刀打ちできませんし、その後の人生の役にも立ちません。 最初のうちは一見効率が悪く、またはやたらと難しく感じるかもしれませんが、 続けていけばきっと新しい世界が開けていきます。 『できるようになりたい』という意思はあるのに『どうしたら良いか判らない』という生徒さんをお待ちしています。

趣味

音楽鑑賞、楽器演奏、美術館・博物館・城跡めぐり

学歴

1998年 神奈川県立厚木高等学校卒業 1992年 東京大学工学部機械工学科卒業 ・資格/技能認定等 応用情報技術者 データベーススペシャリスト ネットワークスペシャリスト エンベデッドシステムスペシャリスト アプリケーションエンジニア Sun Certified Programmer for the Java Platform...

指導/合格実績

家庭教師、学習塾(集団/個別)や専門学校などで講義・指導した経験があります。 塾や家庭教師では中学~高校の理科(主に物理)・数学を教えていました。

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をマナリンクに投稿していません。