課題文つき小論文

1

2022/7/29

小論文には様々なタイプ、様式のものがあります。

そのうちの一つ、「課題文つき小論文」を掘り下げて説明します。


「課題文つき小論文」とは、

あるテーマに沿った文章を先に読ませ、それについての主張・見解を書かせるものです。

このタイプの小論文は、

半分は国語力が試されている

と思ってください。


まず課題文の内容をしっかり理解せなあきません。

「何を取り上げているのか」

「どのポイントを問題視しているのか」

「どんな主張(場合によっては提案)をしているのか」

を把握することから始まります。


書き出しも、いきなり、「私は、・・・」と自分の見解・主張を言い出さないこと。

落ち着け、落ち着け。

まずは、「課題文をきちんと把握した!」と伝えることから始めましょう。


例えば、

「この課題文では、〇〇〇について△△△が取り上げられている。・・・」

「今回筆者は、〇〇〇の変化を取り上げ、その△△△に反対している。・・・」


ほら、こんな冒頭から始まると、「冷静に課題文を分析した」感が出るでしょ。

誤解されやすいのですが、

小論文は、「私は!」「私は!」と自分の意見を訴える場ではありません。

特に課題文つきのタイプは、

課題文の内容について理解し、その論理構造を把握した上で、

適切な回答を根拠つきですること

が求められます。

他者の見解や解説に対して、ただ噛みつくだけの主張なんて、

どの学部学科でも好まれませんよね。


これを読んでくれた受験生に、少しでも役に立てたら嬉しいです。



小論文が苦手で、でも受験に必要な人。

学校でもらった模範解答例を前に、固まっている人。

推薦入試に向けていそいで小論文を勉強したい人。

そんなあなたにぴったりの講座がありますよ。

私と一緒に小論文を勉強しましょう。

〔小論文〕0から書く推薦入試小論文 | 総合型・学校推薦型対策 | オンライン家庭教師マナリンク (manalink.jp)


*全2回で終わる、志望理由書・自己PRお助け講座もあります。

【45分×全2回】志望理由書・自己PR お助け講座 | その他の科目 | オンライン家庭教師マナリンク (manalink.jp)


1

この先生の他のブログ