杉田 オンライン家庭教師

本人確認済 残り3枠
東京都在住の杉田です。 座右の銘は【転んでもただでは起きない】どんなことがあっても、すべ...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

2コース

自己紹介

自己紹介

東京都在住の杉田です。 座右の銘は【転んでもただでは起きない】どんなことがあっても、すべて自分のプラスにする!と思って生きています。生徒さんに望むことも同じです。 転んだときは、わらでも石ころでもいいから、何かをつかんで立ち上がりましょう!うまくいかない経験や勉強中の間違いこそを味方につけて【ただでは起きない】でもらいたいと願っています。間違えたからこそ見えることがあるからです。 大切なのは正解が何であるか…だけではありません。何が違っていたのか、どうして自分はそのように間違えたのか、正解との違いはどこにあるのか、次はどこに気をつけるとよいか…。間違いから学ぶって深いのです。そして、そんなふうに間違いからプラスを生み出せる自分はたくましいし、なんだか素敵だ!と思ってもらいたいのです。 でも、ひとりで勉強していると、模範解答を写して「はい次へ!」と進みがちではありませんか?そこで家庭教師の出番です。 【生徒様=あなた】が間違いから学ぶことができるように、あなたに合わせた言葉をかけます。あなただけのための効果的な【発問】を行います。それが私が授業の中で大切にしたいことです。 さて、そんな私は大学では幼稚園教諭一種・小学校教諭一種の免許を取得し、大学卒業後、公立小学校に8年間教諭として勤めました。大学時の専門として幼児教育を選んだのは、幼児期の教育こそが最も大切である!と信じていたからです。 しかし、大学卒業時に郷里熊本市の公立幼稚園教諭の新規募集はゼロでした。ですから、幼児教育に一番近いところとして、公立小学校の採用試験を受け、熊本県の公立小学校教諭となったわけです。小学校教諭時代には、天草という島でおもに地域密着型の教育活動を展開しました。小学校教諭を8年間でやめたのは【黒板の前だけで自分の人生を終わらせたくない】と無鉄砲なことを思ったからです。畑仕事や一人旅、地域でのイベント開催などのかたわら、家庭教師や塾講師・茶屋店員などで生計を立てました。その後は、結婚・出産を経て子育てが落ち着き、東京都内で塾講師を務めました。 塾講師を辞めたきっかけは家庭の事情でしたが、その塾が【個別】と掲げている塾でありながら、個別に継続した指導が行えなかったという理由もありました。その後、自宅で小さな個人塾を開く構想を持ち、準備を進めていました。 しかし、そこでやってきたのがコロナ禍です。塾開業の準備は一旦停止。その後は、自宅でできる仕事を探したり、勉強したりしていました。そんな中に出会ったのがこの【マナリンク】だったというわけです。オンラインで行う学習指導に大きな可能性を感じています。このように教育関連の仕事に関わってきた中で、私の一番好きなことは、生徒さんの【知的好奇心が動いた瞬間】に立ち会うことです。 笑顔というよりは、はっ!としたような、えっ⁉というような、ん?というような表情になることが多いですね。これから出会う生徒さんにそんな瞬間が数多く訪れるように、1時間の授業と授業準備、そして振り返りを大切にしていきます。また、私は保護者の立場として思いがけず、いろいろな受験を経験してきました。東京都内で幼稚園受験、小学校内部受験、中学受験、大学受験…と、男女ふたりのサポートをしてきました。 そんな道のりを経て思うことは、受験生の親って、とっても孤独だということです。誰にも…時には家族にも言えない悩みがあったりします。そもそも受験をするかどうか、ということも一大事ですし、受験をする、と決めてからも、次から次へと大きな悩み、小さな悩みがどんどん押し寄せてきます。そんな保護者の方々を応援したい!と思っています。 受験生と受験生を支えるために日夜頑張っていらっしゃる保護者の方々の応援をしたいのです。もちろん、受験に関わらず、成長したい!現状を変えたい!という生徒様・保護者様のお力になれますように、研鑽を積んでまいります。どうぞお気軽にご相談ください。お問い合わせをお待ちしております。

東京都在住の杉田です。 座右の銘は【転んでもただでは起きない】どんなことがあっても、すべて自分のプラスにする!と思って生きています。生徒さんに望むことも同じです。 転んだときは、わらでも石ころでもいいから、何かをつかんで立ち上がりましょう!うまくいかない経験や勉強中の間違いこそを味方につけて【ただでは起きない】でもらいたいと願っています。間違えたからこそ見えることがあるからです。 大切なのは正解が何であるか…だけではありません。何が違っていたのか、どうして自分はそのように間違えたのか、正解との違いはどこにあるのか、次はどこに気をつけるとよいか…。間違いから学ぶって深いのです。そして、そんなふうに間違いからプラスを生み出せる自分はたくましいし、なんだか素敵だ!と思ってもらいたいのです。 でも、ひとりで勉強していると、模範解答を写して「はい次へ!」と進みがちではありませんか?そこで家庭教師の出番です。 【生徒様=あなた】が間違いから学ぶことができるように、あなたに合わせた言葉をかけます。あなただけのための効果的な【発問】を行います。それが私が授業の中で大切にしたいことです。 さて、そんな私は大学では幼稚園教諭一種・小学校教諭一種の免許を取得し、大学卒業後、公立小学校に8年間教諭として勤めました。大学時の専門として幼児教育を選んだのは、幼児期の教育こそが最も大切である!と信じていたからです。 しかし、大学卒業時に郷里熊本市の公立幼稚園教諭の新規募集はゼロでした。ですから、幼児教育に一番近いところとして、公立小学校の採用試験を受け、熊本県の公立小学校教諭となったわけです。小学校教諭時代には、天草という島でおもに地域密着型の教育活動を展開しました。小学校教諭を8年間でやめたのは【黒板の前だけで自分の人生を終わらせたくない】と無鉄砲なことを思ったからです。畑仕事や一人旅、地域でのイベント開催などのかたわら、家庭教師や塾講師・茶屋店員などで生計を立てました。その後は、結婚・出産を経て子育てが落ち着き、東京都内で塾講師を務めました。 塾講師を辞めたきっかけは家庭の事情でしたが、その塾が【個別】と掲げている塾でありながら、個別に継続した指導が行えなかったという理由もありました。その後、自宅で小さな個人塾を開く構想を持ち、準備を進めていました。 しかし、そこでやってきたのがコロナ禍です。塾開業の準備は一旦停止。その後は、自宅でできる仕事を探したり、勉強したりしていました。そんな中に出会ったのがこの【マナリンク】だったというわけです。オンラインで行う学習指導に大きな可能性を感じています。このように教育関連の仕事に関わってきた中で、私の一番好きなことは、生徒さんの【知的好奇心が動いた瞬間】に立ち会うことです。 笑顔というよりは、はっ!としたような、えっ⁉というような、ん?というような表情になることが多いですね。これから出会う生徒さんにそんな瞬間が数多く訪れるように、1時間の授業と授業準備、そして振り返りを大切にしていきます。また、私は保護者の立場として思いがけず、いろいろな受験を経験してきました。東京都内で幼稚園受験、小学校内部受験、中学受験、大学受験…と、男女ふたりのサポートをしてきました。 そんな道のりを経て思うことは、受験生の親って、とっても孤独だということです。誰にも…時には家族にも言えない悩みがあったりします。そもそも受験をするかどうか、ということも一大事ですし、受験をする、と決めてからも、次から次へと大きな悩み、小さな悩みがどんどん押し寄せてきます。そんな保護者の方々を応援したい!と思っています。 受験生と受験生を支えるために日夜頑張っていらっしゃる保護者の方々の応援をしたいのです。もちろん、受験に関わらず、成長したい!現状を変えたい!という生徒様・保護者様のお力になれますように、研鑽を積んでまいります。どうぞお気軽にご相談ください。お問い合わせをお待ちしております。

趣味

フィギュアスケート観戦

学歴

1990年3月 福岡教育大学 幼稚園教員養成課程 卒業

指導/合格実績

熊本県公立小学校教諭として8年間勤務(担任7年間・専科1年間) 塾(グループ指導3社・個別指導1社)・家庭教師指導(3名) 合計3年間 家庭教師により、熊本県立天草高校合格2名 幼稚園受験・小学校内部受験・中学受験・大学受験を保護者として経験

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をマナリンクに投稿していません。