プロを指名できるオンライン家庭教師

黒羽 オンライン家庭教師

初めまして、黒羽と申します。 現在、海外で仕事をしておりまして、4年目になります。世界中の...
本人確認済

基本情報

基本情報

学歴

2016年3月 神田外語大学 外国語学部英米語学科卒業

指導/合格実績

個別指導塾1年ほどの指導経験があります。 公立校の英語受験対策への団体授業の講師もしておりました。

自己紹介

自己紹介

初めまして、黒羽と申します。 現在、海外で仕事をしておりまして、4年目になります。世界中の人々と触れ合う仕事は刺激と驚きの連続でしたが、それも今は遠い昔のよう、、、。 高校生までは生まれ故郷である茨城県の北部にある田舎町でバスケットボール漬けの毎日でした。勉強は宿題と定期テスト一週間前だけといった具合で、勉強よりも部活!という学生でした。 英語が得意であったため、高校二年生の夏に両親に懇願し、学校の交換留学プログラムに参加させてもらい、オーストラリアのメルボルンへ二週間のホームステイに行きました。 ですが、それまで英語を話す機会なんて田舎町には皆無でしたから、ほとんど話すこともできず、問いかけに“Yes” ”No“で答えるのが精一杯で、私が得意だと思っていた英語は全く持って無意味なものでした。それでも優しく、温かく受け入れてくれたホストファミリーともう一度会ってたくさんお話ししたいと、英語をもっと学習しようという気持ちになり、外国語学部への進学を決めました。 大学時代は、英語科を専攻していたものの経済的理由もあり、留学をすることはできませんでしたから、留学しなくたってできるようになるのだと証明したい一心で必死に勉強して、ネイティブの先生の発音をとにかく真似しながら過ごしておりました。 大学時代より、個別教室での英語の指導をはじめ 主に[英語が苦手な中高生] [将来英語系の学科に進学したい高校生] を中心に指導しておりました。受験シーズンには高校入試特別指導の集団授業も担当しました。 そんな英語ばかりの私ですが、別の科目にどうしても苦手なものがありました。 小学校4年生くらいから苦手な意識があり、中学生の時には担当の先生に「あなたには教えたくない」と言われる始末。 そんな私にも、苦手を好きに変えてくれた先生がいました。時折ユーモアを混ぜながら、何度も何度も、丁寧に教えてくださったその先生のおかげで得意とまではなれませんでしたが、“できた”という実感と自信をいただき、ほんの少しだけ好きになれました。 学生時代の先生とは、良くも悪くも生徒の心に残るものです。 言われてショックだった言葉はいつまでたっても忘れられず、自信を持たせてくれた、自分を見てくれた先生のことは何年たっても覚えているものです。 
私に自信をくれた先生のように、今度は私自身が、興味や関心を、勉強へのモチベーションとして、そしてその学習への理解へつなげていくお手伝いさせていただきます。 苦手な科目を勉強することはとてもしんどいことですよね。時間もかかるうえに成果も見えず、何より興味も湧かなくて。 その苦手科目をせっかく勉強するのです、どうせなら楽しくやりましょう。生徒の皆さんに興味を持っていただけるような知識、お話を頭の引き出しに沢山詰めてお待ちしております。 一緒に頑張っていきましょう。


初めまして、黒羽と申します。 現在、海外で仕事をしておりまして、4年目になります。世界中の人々と触れ合う仕事は刺激と驚きの連続でしたが、それも今は遠い昔のよう、、、。 高校生までは生まれ故郷である茨城県の北部にある田舎町でバスケットボール漬けの毎日でした。勉強は宿題と定期テスト一週間前だけといった具合で、勉強よりも部活!という学生でした。 英語が得意であったため、高校二年生の夏に両親に懇願し、学校の交換留学プログラムに参加させてもらい、オーストラリアのメルボルンへ二週間のホームステイに行きました。 ですが、それまで英語を話す機会なんて田舎町には皆無でしたから、ほとんど話すこともできず、問いかけに“Yes” ”No“で答えるのが精一杯で、私が得意だと思っていた英語は全く持って無意味なものでした。それでも優しく、温かく受け入れてくれたホストファミリーともう一度会ってたくさんお話ししたいと、英語をもっと学習しようという気持ちになり、外国語学部への進学を決めました。 大学時代は、英語科を専攻していたものの経済的理由もあり、留学をすることはできませんでしたから、留学しなくたってできるようになるのだと証明したい一心で必死に勉強して、ネイティブの先生の発音をとにかく真似しながら過ごしておりました。 大学時代より、個別教室での英語の指導をはじめ 主に[英語が苦手な中高生] [将来英語系の学科に進学したい高校生] を中心に指導しておりました。受験シーズンには高校入試特別指導の集団授業も担当しました。 そんな英語ばかりの私ですが、別の科目にどうしても苦手なものがありました。 小学校4年生くらいから苦手な意識があり、中学生の時には担当の先生に「あなたには教えたくない」と言われる始末。 そんな私にも、苦手を好きに変えてくれた先生がいました。時折ユーモアを混ぜながら、何度も何度も、丁寧に教えてくださったその先生のおかげで得意とまではなれませんでしたが、“できた”という実感と自信をいただき、ほんの少しだけ好きになれました。 学生時代の先生とは、良くも悪くも生徒の心に残るものです。 言われてショックだった言葉はいつまでたっても忘れられず、自信を持たせてくれた、自分を見てくれた先生のことは何年たっても覚えているものです。 
私に自信をくれた先生のように、今度は私自身が、興味や関心を、勉強へのモチベーションとして、そしてその学習への理解へつなげていくお手伝いさせていただきます。 苦手な科目を勉強することはとてもしんどいことですよね。時間もかかるうえに成果も見えず、何より興味も湧かなくて。 その苦手科目をせっかく勉強するのです、どうせなら楽しくやりましょう。生徒の皆さんに興味を持っていただけるような知識、お話を頭の引き出しに沢山詰めてお待ちしております。 一緒に頑張っていきましょう。


趣味

・旅行に行くこと ・読書 ・アニメやゲーム ・筋トレと食事管理研究

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をNoSchoolに投稿していません。