プロを指名できるオンライン家庭教師

オンライン家庭教師 残り3枠

みなさんこんにちは。南と言います。 北海道札幌市で、18年近く、家庭教師・個別指導をしてきました。 ...
本人確認済

オンライン指導コース

オンライン指導コース

5コース

基本情報

基本情報

学歴

北海道大学大学院工学研究科修士課程 修了

指導/合格実績

学習塾・家庭教師指導歴18年 北海道札幌市で中学生・高校生の学習指導、受験指導を行ってきました。

自己紹介

自己紹介

みなさんこんにちは。南と言います。 北海道札幌市で、18年近く、家庭教師・個別指導をしてきました。 私の指導のポリシーは ① 「一人一人の生徒さんにしっかり向き合い、とことん生徒さんに合わせて指導すること」 生徒さんにも様々なタイプの方がいらっしゃいます。 対話を繰り返しながら学ぶ方が良いタイプ、一方的に話を聞いている方が良いタイプ、逆にまずは自分で黙々と解いてみたいタイプ…など、生徒さんのタイプの違いに合わせた指導が可能です。 ② 「すぐに理解できなくても、何度も間違えても、決して叱らないこと」 初めから完璧にすべてを理解できる人はいません。ですから“物覚えが悪い”ことや“何度も間違う”ことはおかしなことではありません。繰り返しつまずくとしても辛抱強く親切に教え、「なんでこんなこともわからないの?」と言われているように感じさせない指導を心がけています。 (※もちろん、わざとふざけたり怠けたりすれば注意します) ③ 「どんなに小さな成長でもほめること」 勉強は、初めての道を一歩一歩踏みしめながら行う旅のようです。 当然、自分の進む道が正しいのかどうか自信を持てないという気持ちになるでしょう。 そんなとき、「これでいいんだよ」というほめ言葉は、さらにもう一歩踏み出す力になります。 私は、小さな成長を見つけたら、そこをほめて、自分に自信を持ってもらえるように心がけています。例えば同じ問題を一度間違えて、別の時にまた間違えたとしても、答えまでのアプローチが1回目よりも正しくなっていれば、そこをピックアップしてほめるようにしています。 そしてもう一つ、 ④ 「学びを楽しんでもらえるようにすること」 普段の学習が、知識をただ入れていくだけの作業なら、それは楽しい作業とは言えません。 何かを学ぶことが「楽しいな」と思えるのは、一つには、他の知識とのつながりが見えた時です。 私の指導では、今学んでいることが、他の知識(例えば、自分がすでに知っていることや自分の得意分野)とどうつながっているかを知ってもらい、「へぇ~そうなんだ!」と感じてもらうようにしています。 もし得意科目と苦手科目があるなら、それらが実はつながっていると気づくと、苦手科目もより覚えやすくなります。そのようにして、科目の垣根を越えて立体的に学ぶことができるよう意識しています。 立体的に学ぶことができれば、学習は楽しくなりますし、将来社会人として生きていくのにその立体的な知識はとても役立ちます。 もちろん、その上で、成績アップや志望校合格といった、目に見える成果も得られるよう指導してまいります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 皆さんのお力になれればうれしく思います。お気軽にお問い合わせください。

みなさんこんにちは。南と言います。 北海道札幌市で、18年近く、家庭教師・個別指導をしてきました。 私の指導のポリシーは ① 「一人一人の生徒さんにしっかり向き合い、とことん生徒さんに合わせて指導すること」 生徒さんにも様々なタイプの方がいらっしゃいます。 対話を繰り返しながら学ぶ方が良いタイプ、一方的に話を聞いている方が良いタイプ、逆にまずは自分で黙々と解いてみたいタイプ…など、生徒さんのタイプの違いに合わせた指導が可能です。 ② 「すぐに理解できなくても、何度も間違えても、決して叱らないこと」 初めから完璧にすべてを理解できる人はいません。ですから“物覚えが悪い”ことや“何度も間違う”ことはおかしなことではありません。繰り返しつまずくとしても辛抱強く親切に教え、「なんでこんなこともわからないの?」と言われているように感じさせない指導を心がけています。 (※もちろん、わざとふざけたり怠けたりすれば注意します) ③ 「どんなに小さな成長でもほめること」 勉強は、初めての道を一歩一歩踏みしめながら行う旅のようです。 当然、自分の進む道が正しいのかどうか自信を持てないという気持ちになるでしょう。 そんなとき、「これでいいんだよ」というほめ言葉は、さらにもう一歩踏み出す力になります。 私は、小さな成長を見つけたら、そこをほめて、自分に自信を持ってもらえるように心がけています。例えば同じ問題を一度間違えて、別の時にまた間違えたとしても、答えまでのアプローチが1回目よりも正しくなっていれば、そこをピックアップしてほめるようにしています。 そしてもう一つ、 ④ 「学びを楽しんでもらえるようにすること」 普段の学習が、知識をただ入れていくだけの作業なら、それは楽しい作業とは言えません。 何かを学ぶことが「楽しいな」と思えるのは、一つには、他の知識とのつながりが見えた時です。 私の指導では、今学んでいることが、他の知識(例えば、自分がすでに知っていることや自分の得意分野)とどうつながっているかを知ってもらい、「へぇ~そうなんだ!」と感じてもらうようにしています。 もし得意科目と苦手科目があるなら、それらが実はつながっていると気づくと、苦手科目もより覚えやすくなります。そのようにして、科目の垣根を越えて立体的に学ぶことができるよう意識しています。 立体的に学ぶことができれば、学習は楽しくなりますし、将来社会人として生きていくのにその立体的な知識はとても役立ちます。 もちろん、その上で、成績アップや志望校合格といった、目に見える成果も得られるよう指導してまいります。 最後までお読みいただきありがとうございました。 皆さんのお力になれればうれしく思います。お気軽にお問い合わせください。

趣味

ドライブ、温泉めぐり、海外サッカー観戦

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をNoSchoolに投稿していません。