石井 オンライン家庭教師

本人確認済 残り1枠
初めまして、石井と申します。 以下、かなりの長文になってしまいますが、私の指導方針やキャ...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

5コース

自己紹介

自己紹介

初めまして、石井と申します。 以下、かなりの長文になってしまいますが、私の指導方針やキャラクターを知っていただくために必要な情報として、記載してみました。関心を持っていただけた方に、お読みいただければ幸いです。 私の家庭教師の指導歴は、大学生時代に遡ります。人に勉強を教えるというのが初めての経験で、今思うとこの頃は、問題を解かせて成績を上げることだけに必死になり、教わる方の立場に立つことができていなかったと思います。なかなか理解できない生徒さんや、強制されて嫌々ながら勉強する生徒さんに、そして指導する側として思うような結果を出せない自分に、ただただもどかしさを感じていました。 大学卒業後には大手コンピューターメーカーに就職。社会人3年目に大学の同級生と結婚。共通の趣味であった旅行、特に世界遺産を中心に年2回ほど海外に出かけるようになり、いつか海外で暮らしてみたいと漠然と考えるようになっていました。 ひょんなことからそれが現実となりました。当時まだ珍しかったクラフトビール製造会社のインターンとして渡米することになった夫に付き添い、私も会社を辞めてアメリカ・サンディエゴで暮らすことになったのです。 私にはアメリカで働く資格は与えられなかったため、以前から興味があった米国宝石学会の宝石学修了資格を取得。また、初めは自分の英語力向上のために通い始めたアダルトスクールで、何とボランティアで算数を教えることに! 5,6名の小さなクラスでしたが、生徒さんのほとんどは、貧しい国で生まれ育って義務教育すら満足に受けられなかった大人、それも自分よりずっと年上の方ばかり。教育がないために、賃金の安い限られた仕事にしか就けない現実の中、彼らにとっては大変貴重な学べる機会です。とにかく自分から学びたい、教育をつけたい、という一心で、私の言うことを一字一句逃すまいと熱心に授業に参加し、わからないことはとことん質問し、どんどん吸収していくのです。 私はこの学ぶ姿勢に、衝撃を受けました。“自ら学びたい意欲がある”生徒さんが、こんなにも伸びるものかと。そして、その“学びたい意欲”にあふれた生徒さんを指導することが、こんなにも楽しいことかと。学生時代の家庭教師で感じたもどかしさを、一気に吹き飛ばしてくれる経験でした。そして同時に、実は自分は教えることが好きなんだ、ということにも気付かされました。 約1年間続けたボランティアでしたが、3年間のビザの期限を迎え、日本に帰国。この時もご縁あって、中学受験の小学生と、不登校気味の中学生の家庭教師をしました。学生時代の反省から、学びたい意欲を引き出すことを心がけ、小学生は見事志望校に合格しましたが、中学生は一進一退を繰り返し、私自身もまだ明確な指導方針を見出すことができずにいました。 紆余曲折を経て、今度はついに夫がブルワーとして独立起業することになりました。もう10年以上前のことです。選んだ場所はグアム、日本に最も近いアメリカでした。 異国の地での起業は、想像もしないような困難が次々に襲い掛かり本当に大変でしたが、夫婦二人三脚で何とか乗り越えてきました。そんな折、今から3年前になりますが、思いがけず日本人学校補習校から先生をやりませんかとのお誘いを受けたのです。 様々な人生経験を経て、自分自身が人間的に成長していたのだと思います、自分で言うのも何ですが、以前の“ぎこちない家庭教師の先生”とは違っていました。レベルも目的も違う生徒さんたちを相手に、一人も置いていかずに、それぞれに“自ら学びたい意欲”を持たせるにはどうすればいいのか、最初の数か月ではっきり見えてきました。 私の出した答え、それはずばり“褒めること”でした。 例えば、どの先生からも“あの子はスロー(=理解に時間がかかる)”と言われていた女子中学生がいました。確かにおっとりしてはいましたが、私は理解に時間がかかったり間違ったりしたことを咎めるのではなく、できたことを褒めて、やればできる、もっとできると励まし続けた結果、過去問では合格点すれすれだった日本語検定に、驚くような高得点で合格したのです。おそらく、それまであまり褒められた経験がなかったので、褒められたこと・自分を認めてもらえたことが嬉しくて、やる気に繋がったのだと思います。続く漢字検定にも見事合格して、クラスの中でも“優秀”な生徒さんの一人に成長しました。 どんな生徒さんにも、必ず褒めポイントが見つかります。むやみやたらに褒めるのではなく、その褒めポイントを見抜くことで、生徒さんのやる気に繋げることが重要です。 例えば、最初からある程度学習能力の高い生徒さんを、ただただ褒めても意味がありません。そういう生徒さんこそ、間違った時に褒めるのです。どうやって褒めるのか?それは企業秘密です(笑)。 漢字が得意な小学生をこの方法で褒め続けた結果、漢字検定で予定より一つ上の級に、ほぼ満点で合格。保護者の方からは、“今まで言ったことがないですが、今回初めて来年も石井先生に教わりたいと言っています”とのお言葉をいただきました。 また、普段厳しく指導している生徒さんは、よく出来た時に思いっきり褒めてあげれば、勉強に対するモチベーションが大きくあがります。 実際、算数のクラスで受け持った中学受験志望の小学生は、私に褒められてすっかり算数に自信がつき、帰国後見事日本の難関中学に合格しました。保護者の方からは、“受験本番に向けての算数の伸びしろが半端なく、算数で点数を稼げたのが大きかった”とのご報告をいただき、私も自分のことのように嬉しくなりました。 こんな私の指導方針に共感いただけるようでしたら、ぜひ一度お問合せください。 ご連絡をお待ちしております。

趣味

国内・海外旅行 天然石アクセサリー作り ゴスペル でも、どれもこの10年以上、ほとんどできていません。再開したいです!

学歴

東京都立武蔵高校卒業 慶應義塾大学理工学部 数理科学科卒業

指導/合格実績

家庭教師経験 小学生~高校生 10名程度 (大学生・社会人にて) アメリカサンディエゴ在住時(1998-2001) アダルトスクールにて算数を指導 グアム在住時 (2010-2021) 日本人学校補習校にて小中学生に国語・算数を指導 合格実績: 日大付属中学 東邦大付属東邦中学(帰国子女枠) 群馬大学医学部

先生のブログ

先生のブログ

このオンライン家庭教師はまだブログ記事をマナリンクに投稿していません。