鈴木 オンライン家庭教師

本人確認済 残り3枠
こんにちは、講師の鈴木です。 家庭教師、個別塾でほぼ高校生をメインに数学、物理を教えてきま...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

6コース

自己紹介

自己紹介

こんにちは、講師の鈴木です。 家庭教師、個別塾でほぼ高校生をメインに数学、物理を教えてきました。 その他、理系大学生、中学生、小学生、社会人等一通りも教えてまいりました。 数学等の理数系分野というのは、好きな人は大好き、苦手な人は大嫌いと結構はっきりわかれる傾向が強いかなと思います。 苦手な人はまずは基礎を徹底していけば、例えば数学なら二次関数、物理なら力学等をしっかり理解していけば次なる分野はスルスルとわかっていくことでしょう。 今まで苦手と思っていた人も実はやってみたら面白いと感じる事ができように指導にあたっていきます。 もちろん、得意な人もチャレンジ問題をじっくり考えて、解けた喜びを共有できるよう指導にあたっていきます。 いろいろな教え方がありますが、ある程度できるようになったら、先生とちょっとした問題を時間や正確性を踏まえて勝負して みませんか!  この手法は10年来教育業に携わってこれほどやる気と集中力を出せる、且つ集中力を高めさせる手法はないと思います。 何より勝ったという成功体験を積むということは、身近なライバルの存在をおくということで自らの集中力が相当高まり、1問1問と勝つ楽しさ、負ける悔しさや、テスト残り5分で集中力がマックスに高まるような体験を擬似的に味わう事により更なる記憶や考え方が更に強化されます。 というのも、数学、物理等科学の歴史では対決で発展してきた歴史で証明されております。 といった具合に基礎を学び、難問まで集中して解く喜びを体験し希望する学校へ自ら進んで、楽しく勉強していく、そして合格に導くように持っていくよう頑張っていきましょう。 余談ではありますが、一説によりますと(アメリカ経済誌より)アメリカでは給料が高いのはどこの大学を出たかではなく、何の学科を学んだかという事で数学科が一番高いとも記載されてたりもします。 確かに今後は、コンピュータ、プログラミング、マーケティングにおいても数学的考え方、データ処理は避けられないものと思います。 数学、物理等科学分野もそういった意味も含めて長い目で見ても受験時にマスターして合格は勿論、将来に向けて今できる事を一緒に最大限頑張っていきましょう。 余談ではありますが、 アメリカ経済誌より、アメリカでは給料の指標として何の学科を学んだかという事で数学科が一番高いとも記載されてたりもします。 よって数学科にいきましょうという事ではなく、数学的思考は将来実益に結びつくものと考えられます。 確かに今後はプログラミング、マーケティング等においても数学は必須ですので今出来る事を最大限頑張ってみましょう。

趣味

読書、プログラミング

学歴

1994年東京理科大学理工学部物理学科卒業

指導/合格実績

昨年度慶應大学法学部合格、早稲田大学文学部合格。 以前は、東京大学、東京農工大学、東京理科大学等等

先生のブログ | 全1

先生のブログ