ミキオ オンライン家庭教師

本人確認済 残り1枠
みなさん、 こんにちは。 ぼくの自己紹介ページをご覧いただき、 ありがとうございます。 ...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

1コース

感謝の声

感謝の声

小学6年生
志望校:都内私立中高一貫校 2023/01/01

国語への苦手意識が高く、他の教科の足を引っ張る形となり、志望校対策としてミキオ先生にお願いしました。集団塾だと娘のレベルに合わず、授業内容を消化できずにいた為、成績は下がる一方でした。国語と聞くだけで顔が暗くなっていた娘が、先生のクラスを受け始めて国語への姿勢が前向きになりました。先生のわかりやすく丁寧なご指導のおかげで、心の国語嫌いフィルターが和らいできたようです。授業中のトークも楽しいようで、授業への積極性も感じます。 まだまだ課題は多いですが、以前の国語の点数と比較すると成長が見え始めました。入試まであと少しの期間ですが、引き続きサポート宜しくお願い致します。

コメントありがとうございます! 苦手意識が少しでも和らいでいること、 本当にうれしいです。 国語が苦手になる場合には、 大きく分けて3つあると思います。 1つ目は、 「正解の幅が広くすっきりしない」という、 いわゆる算数のように答えが1つではない点に、 納得感が持てない場合です。 2つ目は、 「教科に魅力を感じない」という、 担任の先生が国語を苦手としているとき、 知らず知らずその影響を受けてしまう場合です。 3つ目は、 「日本文化に親しみがない」という、 いわゆる帰国子女の方によくある、 日本的な心理描写や感覚が分からない場合です。 お嬢様の場合は物語を読むことが好きでしたので、 国語が苦手というよりも、 国語のテスト形式に苦しんでいるという、 「正解の幅が広くすっきりしない」状態のようでした。 ですので授業の中では、 「20字以内で答えなさい。」という文章で答える問題には、 まず答えとなる「キーワード」を1つ見つけるといった、 解答のポイントを重点的に掴んでいただきました。 すると解答への迷いが晴れ、 表情がだんだんと明るくなり、 問題に対する積極性も増すようになりました。 入試まで残り僅かとなりましたが、 国語の楽しさだけでなく、 入試を乗り越えたその先を見つめられるよう、 精一杯ご協力させていただきます。 今回は貴重なご縁をいただき、 本当にありがとうございます 今後とも、 どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む

自己紹介

自己紹介

みなさん、 こんにちは。 ぼくの自己紹介ページをご覧いただき、 ありがとうございます。 ぼくには他の先生にない大きな特技があります。 それは「見えないモノを評価する力」です。 学校教育だけでなく豊富な社会人経験の中で、 あらゆる年代や環境の人達に接した経験から、 身に付けた確かな力です。 それではその評価について、 簡単に紹介します。 1.現在のポジションを評価   十年以上の学級経営の経験を元に、   友人関係や先生からの印象などを見抜き、   学校生活における現在のポジションを評価します。   これを起点に「目指す自分像」を導き、   ゆるぎないモチベーションに繋げることができます。 2.心のベクトルを評価   自衛隊での特殊な経験から、   見えない心の状態を見抜き、   モチベーションの変化を分析して評価します。   これを元に自分の「負けパターン」から抜け出すことができます。 3.小論文を点数化して評価   高校生の進路指導の経験から、   小論文の評価ポイントを分析し、   細かな点数にして評価します。   これを元に文章の要点を知り高得点が狙えます。 これらの評価を授業に加えることで、 表面的な成績だけでなく、 内面的なポテンシャルをお伝えすることができます。 もう一つ伝えたいことがあります。 それはぼくの「教育目標」です。 ぼくは日本を支える人材を育てることを、 教育目標にしています。 なぜなら、教育は「国家の未来を創る」ことだからです。 もし少しでも興味を持っていただけたのなら、 ぜひご連絡ください。 一緒に未来を切り拓きましょう!

趣味

日本の神話から導く道徳教育 見えない心を見抜く力の研究 教育組織の運用方法の研究 若手教員の研修と学級経営術 演劇から育てる道徳心

学歴

1998年 大阪芸術大学 芸術学部 文芸学科 卒業 2001年 大阪教育大学 教育学部 小学校教員養成5年課程 卒業

指導/合格実績

【経験】 私立高等学校国語科教員3年 日本人学校小学校教員2年 公立小学校教員7年 私立小学校教員2年 【実績】 (1)対面家庭教師にて1名 広島県立叡智学園 2020年合格 (2)オンライン家庭教師にて1名 広島県立広島中学校 2022年合格

先生のブログ | 全2

先生のブログ