小関 オンライン家庭教師

本人確認済
東北地方で家庭教師をしています。 学生の頃、暇な時間に心理学を勉強し、さらに社会人時代に後...

オンライン指導コース

オンライン指導コース

11コース

自己紹介

自己紹介

東北地方で家庭教師をしています。 学生の頃、暇な時間に心理学を勉強し、さらに社会人時代に後輩を指導する目的で教育論と脳科学とついでに子育て論を10年ほど勉強し、その時の知識を活かし某大手塾にて家庭教師を始めました。8年ほど続けております。 大人と子供の脳機能の違いや記憶や発想のプロセスを考慮し、一人一人が理解できる授業をします。そのため、塾では旧帝大等難関大学の受験生や不登校児、発達障害児といった生徒さん達の担当として指名されます。 解法の説明にとどまらず、レベルやパーソナリティに勉強の仕方、概念や発想の違いを乗り越えて理解できる指導を行います。担当した生徒さん全員から「分かりやすく、楽しい」「先生の授業でなければ続けたくない」というお声をいただきます。 ○講師としてどのような授業を行うのか 「分かりやすい授業」は当たり前と考えます。実際、フォローアップ担当者は「子供が目を輝かせて『すごく楽しいし分かる!』と言っていました」というご両親のお声をよくいただくそうです。 しかし、それだけで成績は向上しないのも事実です。 経験上、成績が伸び悩む生徒さんの大半は授業を受けることで勉強をしたと勘違いしており、自主学習の方法を指導する必要があります。しかし通常指導の時間内では到底説明しきれないため、別途時間を用意して指導を行うべき、という結論に至りました。 そこで、マナリンクにおける私の指導は「分かりやすい」で終わりにせず、その後のフォローを含む自宅学習の方法をコーチングし、「分かったつもり」で終わらせない指導を行います。 ○コーチングにてレクチャーする内容 ※ただし、生徒さんの状況やレベルに合わせて内容は変わります。全員に同じ内容を提供することはありません。 ⒈目的の明確化。  通常時、テスト前、受験対策と3つに分け、それぞれの目的を明確にすることで  「今行うこと」「これからしなければならないこと」を明確にします。 ⒉毎日の勉強スケジュールの作成と見直し  「計画通り勉強する」と簡単に言っても、一朝一夕にできるものではありません。   計画の立て方、計画を見直すタイミング、修正の仕方を一緒に考えていきます。 ⒊授業の活用と勉強のやり方  勉強の中心は授業ではありません。自主勉強の中に授業を組み込み、活用します。  その方法を、自主勉強の流れや方法と併せて説明します。 勉強の本質と自分にあった方法を知ることが出来れば、道のりは違えど「できた」にたどり着くことができます。 ○どうしても「一人で勉強するモチベーションが保てない」という生徒さん向けに、オンラインで繋いだまま演習していただく演習コースもご用意しています。 ○指導科目について ①高校生以上は数学(理系高校数学及び数的推理まで)専門に指導致します。 数学では、「公式に頼らない解き方」と「自分の考えを活かした考え方」を指導します。 公式は使うと楽ですが、何も考えずに方法論だけを当てはめて問題を解く生徒さんは、経験上一定以上は伸びません。公式の使い方そのものに疑問を持ち、公式を「理解する」ことで次のレベルに進みます。 同じ内容に対し、表面上同じ結論に辿り着いたとしても、個人単位で疑問の持ち方や理解のプロセスが異なります。生徒たちの思考様式を個別に把握し、指導や解説に反映させ、本質を理解させる指導を行っています。ありていに言えば「一人一人が理解できる指導」を行います。 ②中学生までは、全科目指導可能です。 授業フォローを主題としていますが、受験対策まで可能です。 ③読解力訓練(現代文) 成績だけで言えば、国語(特に現代文)が得意です。しかし、解答、解説をメインとする通常指導は国語の学習と相性がよくないと考えております。 そのため、問題を解かせ、解説するという通常指導は行わず、文章を要約し表現する訓練を繰り返すことで読解力を身につけていただくコースをご用意しています。 指導方針について ○無理をさせない。  勉強、特に受験勉強は雨乞いの儀式と似ています。結果がでるまで続けなければいけません。運動に例えるとマラソンです。ペース配分が何より大切です。 毎日のペース配分に気を配り、長期的に続けられる方法も指導します。 ○一方通行の授業をしない。  私は予想できない質問をたくさんします。脳を活性化させるためでもありますので、正誤気にせず、考えて答えてみましょう。的外れな答えも学びの途中です。 疑問はなんでも受け付けます。少しでも気になる事は質問しましょう。それが無関係かどうかの判断は私がしますし、多少の脱線は気にしません。「無関係だった」と知ることも学びです。 ○自信がつく指導をします。  偏差値40から70まで急上昇した経験から、出来ない人の気持ちや考え方が理解出来ます。出来ない人の発想や概念の違いまで把握できますので、生徒さんの考えに近い解説、つまり「かゆい所に手がとどく」解説が出来ます。 「数の概念」が欠如したLDの生徒さんに数と大小を認識させ、2学年の遅れを取り戻すことに成功しました。 繰り返しますが、「分かりやすい授業」は大前提です。 その次のステップである、「わかる」を「出来る」に変える方法も併せて指導致します。 勉強の仕方が分からない、勉強しているのに成績が思うように上がらない、という方は是非ともご相談ください。

東北地方で家庭教師をしています。 学生の頃、暇な時間に心理学を勉強し、さらに社会人時代に後輩を指導する目的で教育論と脳科学とついでに子育て論を10年ほど勉強し、その時の知識を活かし某大手塾にて家庭教師を始めました。8年ほど続けております。 大人と子供の脳機能の違いや記憶や発想のプロセスを考慮し、一人一人が理解できる授業をします。そのため、塾では旧帝大等難関大学の受験生や不登校児、発達障害児といった生徒さん達の担当として指名されます。 解法の説明にとどまらず、レベルやパーソナリティに勉強の仕方、概念や発想の違いを乗り越えて理解できる指導を行います。担当した生徒さん全員から「分かりやすく、楽しい」「先生の授業でなければ続けたくない」というお声をいただきます。 ○講師としてどのような授業を行うのか 「分かりやすい授業」は当たり前と考えます。実際、フォローアップ担当者は「子供が目を輝かせて『すごく楽しいし分かる!』と言っていました」というご両親のお声をよくいただくそうです。 しかし、それだけで成績は向上しないのも事実です。 経験上、成績が伸び悩む生徒さんの大半は授業を受けることで勉強をしたと勘違いしており、自主学習の方法を指導する必要があります。しかし通常指導の時間内では到底説明しきれないため、別途時間を用意して指導を行うべき、という結論に至りました。 そこで、マナリンクにおける私の指導は「分かりやすい」で終わりにせず、その後のフォローを含む自宅学習の方法をコーチングし、「分かったつもり」で終わらせない指導を行います。 ○コーチングにてレクチャーする内容 ※ただし、生徒さんの状況やレベルに合わせて内容は変わります。全員に同じ内容を提供することはありません。 ⒈目的の明確化。  通常時、テスト前、受験対策と3つに分け、それぞれの目的を明確にすることで  「今行うこと」「これからしなければならないこと」を明確にします。 ⒉毎日の勉強スケジュールの作成と見直し  「計画通り勉強する」と簡単に言っても、一朝一夕にできるものではありません。   計画の立て方、計画を見直すタイミング、修正の仕方を一緒に考えていきます。 ⒊授業の活用と勉強のやり方  勉強の中心は授業ではありません。自主勉強の中に授業を組み込み、活用します。  その方法を、自主勉強の流れや方法と併せて説明します。 勉強の本質と自分にあった方法を知ることが出来れば、道のりは違えど「できた」にたどり着くことができます。 ○どうしても「一人で勉強するモチベーションが保てない」という生徒さん向けに、オンラインで繋いだまま演習していただく演習コースもご用意しています。 ○指導科目について ①高校生以上は数学(理系高校数学及び数的推理まで)専門に指導致します。 数学では、「公式に頼らない解き方」と「自分の考えを活かした考え方」を指導します。 公式は使うと楽ですが、何も考えずに方法論だけを当てはめて問題を解く生徒さんは、経験上一定以上は伸びません。公式の使い方そのものに疑問を持ち、公式を「理解する」ことで次のレベルに進みます。 同じ内容に対し、表面上同じ結論に辿り着いたとしても、個人単位で疑問の持ち方や理解のプロセスが異なります。生徒たちの思考様式を個別に把握し、指導や解説に反映させ、本質を理解させる指導を行っています。ありていに言えば「一人一人が理解できる指導」を行います。 ②中学生までは、全科目指導可能です。 授業フォローを主題としていますが、受験対策まで可能です。 ③読解力訓練(現代文) 成績だけで言えば、国語(特に現代文)が得意です。しかし、解答、解説をメインとする通常指導は国語の学習と相性がよくないと考えております。 そのため、問題を解かせ、解説するという通常指導は行わず、文章を要約し表現する訓練を繰り返すことで読解力を身につけていただくコースをご用意しています。 指導方針について ○無理をさせない。  勉強、特に受験勉強は雨乞いの儀式と似ています。結果がでるまで続けなければいけません。運動に例えるとマラソンです。ペース配分が何より大切です。 毎日のペース配分に気を配り、長期的に続けられる方法も指導します。 ○一方通行の授業をしない。  私は予想できない質問をたくさんします。脳を活性化させるためでもありますので、正誤気にせず、考えて答えてみましょう。的外れな答えも学びの途中です。 疑問はなんでも受け付けます。少しでも気になる事は質問しましょう。それが無関係かどうかの判断は私がしますし、多少の脱線は気にしません。「無関係だった」と知ることも学びです。 ○自信がつく指導をします。  偏差値40から70まで急上昇した経験から、出来ない人の気持ちや考え方が理解出来ます。出来ない人の発想や概念の違いまで把握できますので、生徒さんの考えに近い解説、つまり「かゆい所に手がとどく」解説が出来ます。 「数の概念」が欠如したLDの生徒さんに数と大小を認識させ、2学年の遅れを取り戻すことに成功しました。 繰り返しますが、「分かりやすい授業」は大前提です。 その次のステップである、「わかる」を「出来る」に変える方法も併せて指導致します。 勉強の仕方が分からない、勉強しているのに成績が思うように上がらない、という方は是非ともご相談ください。

趣味

ムダな情報、いわゆるトリビアを集めること。 トリビアって「三叉路」が語源らしいですね。無駄すぎて笑うしかない情報ほど良いです。 中学生からずっとゲーム好きです。 ゲームと勉強の両立に悩む方はご相談ください。

学歴

東北大学 農学部 博士課程前期卒 いわゆる修士課程です。

指導/合格実績

○小学生  小学3年生以上  低学年の発達障害児 ○中学生  全学年の全科目  発達障害児および不登校児 ○高校生  全学年の数学および英語、現代文  地元進学校の生徒さんを指導。  不登校児の指導経験あり。 ○社会人  特別区公務員教養試験 数的推理

先生のブログ | 全4

先生のブログ