プロを指名できるオンライン家庭教師
英語

【英語の勉強】どれくらいやれば、できるようになるの?

0

2020/12/5

こんにちは!

若田部です。


今日は

「英語の勉強時間」

について

お話しようと思います!


なんとなく・体験談

ではなく

科学的・データ的な

部分からお話ししますので

よろしかったら

ご一読ください!


勉強

特に「語学学習」って

終わりが見えない


いつまで経っても

できるようにならない


いつまでこんなに

辛いことを続けなきゃいけないんだろう…


そんな感情を

持ってしまうこと

ありませんか?


実は、

さまざまな研究で

「語学習得」に必要な時間について

少しずつですが

明らかになってきているんです!



では、実際に

どのくらい勉強したら

英語ができるようになると

思いますか?


「んなもん、人によるやろ」

「個人差大きいんじゃない?」


もちろん

そういった側面もあります。


現に、

日本人がどれくらいの時間で

英語を習得できるかについて

直接的な研究はまだありません。


けれども、

英語ネイティブが

日本語を習得するのに

どれくらいの時間がかかったか

については

こんな研究があります。


2010年

イリノイ大学の研究では

約2400~2800時間くらい

かかることが示されています


習得レベルとしては

「愛とは」

「家族とは」みたいな

抽象的な概念を

説明できるようになるまでに

かかった時間をまとめたものです


この研究は

一日5時間の授業を受け

3~4時間の自主学習を

伴ったものです。


1日あたり8時間くらい

勉強している計算に

なります


ざっくり計算して

毎日8時間勉強すれば

300日~350日

かかるということになります。


1日8時間も

英語ばっかり勉強してられないよ…


そんな声も聞こえてきそうなので

別の研究もご紹介します。


もう少し緩い研究で

英語ネイティブの宣教師が

日本語を話せるようになるのに

約4200時間

かかったというデータがあります


宣教師と言われても

ピンとこないかもしれませんが、


イメージしやすいのは

結婚式のチャペルで話してくれる

英語圏のおじさんの日本語

です


アナタハ

ヤメルトキモ

スコヤカナルトキモ…

みたいなイメージを

持ってもらうと

わかりやすいかと思います


仮に母語話者から見て

カタコトであっても

結婚式という

人生の一大イベントで

主役の二人に対して

関われるほどの言葉を

話せるようになる


そう考えると

そこまで言葉を操れるのは

すごいことですよね!


その語学レベルを

想定していただいた上で

計算すると


仮に

毎日3時間

勉強時間を取ったとして

1400日

3年10ヶ月くらいです


もちろん

上でも申し上げたように

「日本人が英語を話せるようになる」

研究ではなく

「英語ネイティブが日本語を話せるようになる」

ときの研究なので

誤差はあるかもしれません


しかし

「日本人が英語を話せるようになる」

についての研究はないので


日本人の外国語学習に

どれくらいの時間がかかるのか


を考えてみる上では

非常に参考になるデータ

だと思います



もしあなたが


学校で習ってるのに…

家で勉強してるのに…

塾に行ってるのに…


全然英語ができるようにならない…


そういった思いをお持ちであるならば

一度冷静に考えてみませんか?


学生の皆さん

皆さんの総勉強時間は

何時間くらいありますか??


保護者の皆さん

お子さんの勉強時間は

どれくらい取れていますか?


もし今の段階で

1000時間勉強できているとしたら…


あと

1400時間勉強を続けたら


ゆるりと勉強しても

3200時間勉強を続けたら


できるようになってる

可能性が高いわけです



自分が思っている

英語ができるようになっていたいとき


お子さんに期待している

英語をできるようになってほしい年齢


そのときまでに

「あと何時間くらいの努力が必要か」


ざっくりではありますが

簡単な計算で割り出せるところまで

研究が進んできています


その時間を計算して

割り振って

日々努力を続けたら…


終わりが見えてきそうじゃないですか!?


ゴールがあるから

目標があるから

目的があるから

終わりがあるから

頑張れるものです


そういったゴールを見つける

一つの指標として


2400時間~4200時間


ぜひ活用してみてください!!



ちなみに

僕が使っている

勉強コーチングの理論は

「時間を上手に使う」

「ゴール設定をする」

「長期間モチベーションを持続させる」

といった習慣にまで

アプローチをしていくことができます。


ご興味いただけましたら

お問い合わせ

お待ちしております。


今日のお話はここまで!

お読みいただきありがとうございました!

0

この先生の他のブログ