プロを指名できるオンライン家庭教師

数学検定に対応可能なオンライン家庭教師一覧

数学検定のオンライン指導を1科目から指導依頼できるオンライン家庭教師の一覧です。数学検定の受験対策、定期テスト対策、苦手克服のためのワンポイントな指導など幅広く対応しています。

オンライン家庭教師一覧

オンライン指導コース
オンライン指導コース

関連情報

数学検定とは?


数学検定とは、数学の実用的な技能(計算・作図・表現・測定・整理・統計・証明)を測り、論理的な構成力をみる、記述式の検定です。

1次は「計算技能検定」、2次は「数理技能検定」という構成になっています。


1字は計算問題、2次は文章問題です。

最初は、両方受験してどちらかのみ合格した場合、次回、合格した方だけ免除になります。

数学検定は、公益財団法人日本数学検定協会が実施し、文部科学省が後援している検定です。


年に一度、成績優秀な団体や個人を表彰し、「文部科学大臣賞」を授与しています。


キチンとした検定なだけに、基礎学力の定着、確かな学力の向上、主体的な学習活動のために、数学検定を活用する行政が増えてきています。

ちなみに、おもに数学領域である1級から5級までを「数学検定」と呼び、算数領域である6級から11級、かず・かたち検定までを「算数検定」と呼びます。


数学検定のメリット


まず、高校・大学入試などで「入試優遇制度」が活用できることがメリットとしてあげられます。

入試時の点数加算から参考要素にするなど、それぞれの学校によって内容はさまざまです。

さらに、受験したら終わりではなく、受験後も引き続き数学の学習を続けられるよう、個別成績表を発行してもらえる点も良いですね。

そこには、小問ごとの成績とあわせて、問題の内容、結果を表すグラフ、評価コメント、成績に応じたチャレンジ問題などが記載されています。

数学検定は記述式のため、マークシート形式のように、与えられた選択肢の中から正解を選ぶ解答方式では評価できない理解度についても、判定することが可能です。


数学検定対策の勉強法


勉強法としては、まず基本に忠実に計算力を身につけること。

教科書が、最良の参考書です。

教科書レベルの問題でわからない問題があったら、解けるようにしておきましょう。

教科書の問題を全て理解し解答できるのであれば、1次試験の問題は満点も夢ではありません。

2次試験に関しては、数学検定向けのテキストで対策すると良いでしょう。

くせのある数検独特の問題もあるので、やはり専用のテキストがあると心強いです。

テキスト自体薄く、ポイントがまとまっているものなら、効率よく勉強することが可能です。

そしてある程度問題パターンに慣れたら、過去問を解きましょう。

過去問題集を購入する際には、解説が丁寧なものを選ぶといいですね。


数学検定を勉強する上で大切なこと、料金相場


まず、計算問題でミスすることがないように、教科書レベルの問題を繰り返し解きましょう。

その際、必ず採点後に間違い直しをすることを習慣づけてください。

どの問題でミスが多いか、苦手な問題は何かを把握し、1つずつクリアしていくことが大切です。

相手を知る意味で、過去問題を解くことも忘れずに。

その時も、わからない問題を放置せず、解説を見るなり人に聞くなりして、間違えていた問題を解けるようにしておきましょう。

個人にあわせて指導してもらえるオンライン家庭教師を利用すれば、不明点を残す心配がありません。

料金相場は、20,000~28,000円/月4回 です。

受験する級によって、値段が変わります。