算数についてのオンライン家庭教師ブログ(7件)

計算力の身に着け方

算数の基本ともいえる計算について、なかなかミスが減らないなど悩んでいる方が多いのではないでしょうか。ここでは『計算力』について考えてみたいと思います。 よく学校で先生から「ゆっくりでいいから正確にやりなさい」と声をかけられたかと思います。保護者の方との面談でも、とにかく正確にやることが最も重要だという認識を持たれている方が多いと感じます。 ですが『正確性』よりも『解くスピード』の方が何倍も重要です。(初めて習うときは『正確性』重視です!) 『正確に解く練習』は・・・時間をかければ誰でも出来るんであまり効果が無いんです。。。テストや入試では時間制限があるため、時間に余裕が無いテストであるほどある...続きを見る

水口オンライン家庭教師

2021/9/22

時間のもとめかた②時間のひき算(小学3年生)

 たし算の次はひき算です。たし算と同じように数字を書く場所を整理してあげるとわかりやすいです。繰り返して慣れてきたら、ヒントを少なくしていき、白紙から自分で解けるように導いていきます。文章題にもチャレンジしていくようにします。 ☆苦手なことはスモールステップで力をつけていきましょう!算数が得意だと感じているお子さんはこれまでの経験で、少しくらい難しくても「自分ならきっとわかる!」と思って頑張れるでしょう。でも算数が苦手だと感じているお子さんは、できるまでに時間がかかると、これまでの体験から「やっぱり無理。」「できないしおもしろくない。」とやめてしまいます。やらなければ上達しませ...続きを見る

西川オンライン家庭教師

2021/5/29

時間のもとめかた①時間のたし算(小学3年生)

「時刻と時間」の単元は、苦手なお子さんがとても多いです。まずはアナログ時計を使い時計の読み方を覚えて、針を動かして時間を進めたり戻したりして時間の感覚に慣れるといいと思います。その次の段階として、数字だけで時間の計算ができるようにします。今回は時間のたし算の仕方について書きます。 問題:1時間40分と40分を合わせると何時間何分ですか。 考え方①たし算をする   ②分と分をたす   ③60分を超えたら1時間に変える 練習の仕方(伝え方)ひっ算で計算するとわかりやすいです。ただ、60分を1時間に直すときに、どこに書いたらいいのかなど数字を書く場所が整理できずに困ってしまうお子さんもいます。そこで...続きを見る

西川オンライン家庭教師

2021/5/24

【時差問題】は「ひき算」「わり算」「ひき算」のかんたん計算で解く

【時差問題】は「ひき算」「わり算」「ひき算」のかんたん計算で解く #算数 #数学 #社会 でよくテストに出される【 #時差問題 】、 質問の多い問題です。 そこでワンポイントアドバイス! 時差問題は、 「ひき算」「わり算」「ひき算」 のかんたんな3段階の計算で解ける方法があります。 詳しくは、『難しい事を簡単に』プロ家庭教師 小野先生までお気軽にメッセージ下さい。 続きを見る

小野オンライン家庭教師

2021/5/17

L..dL.mLの単位変換(小学2年生)

小学校2年生の算数、「L、dL,mLの単位変換」はとてもややこしいと思います。中でもデシリットルという単位は日常生活でほとんど見かけないです。 単位変換の図を作りました。図を見ながら問題を解いて、覚えてもらえたらと思います。 dL(デシリットル)のデシとは、10分の1という意味で、1デシリットルは1リットルを10個に分けた一つ分ということです。 mL(ミリリットル)のミリとは、1000分の1という意味で、1ミリリットルは1リットルを1000個に分けた一つ分ということになります。 言葉の意味を、小学校低学年のお子さんが覚える必要はないでしょうが、言葉の意味を聞くことで、記憶に残りやすくなってく...続きを見る

西川オンライン家庭教師

2021/4/15

【小学生】各コースの違い・選び方まとめ

「コースがたくさんあって困ってしまう」というお声に応えて、まとめ記事を作りました!最後にコース選び方のコツも紹介しております。あわせてご覧ください。 [目次]1,基本コース(お任せ)2,受験コース(入試過去問等)3,カスタマイズコース(2科目希望の方、価格重視の方)4,選び方のコツ ‥‥・*・‥‥……‥‥・*・‥‥………‥‥・*・‥‥ <u>①基本コース</u>特に決まっていない、お任せ!という方は、以下の基本コースからお問い合わせください。【小中学生】図式でわかる!授業+24時間チャットで完全フォローコース(月4回) | 算数算数の指導コース。こんな生徒さんにおすすめ:優しく、ペースにあわせ...続きを見る

めぐみオンライン家庭教師

2020/12/29

算数の過去問をやってみて散々だったときは・・・

そろそろ過去問にトライしてみる生徒さんも多くなってくる時期ですね。例えば、 「算数の過去問をやってみたら散々だった・・・」 こういうときにどうするか。諦めてしまっていいのでしょうか。それが1回目であったなら、最初はそんなもんです。ここからどうやって体制を立て直して行けばいいか、考えてみましょう。 今までやってきた問題集がバイブルである 今までずっとやってきた問題集、または塾の教材。それらが生徒さんのバイブルです。バイブルを超える問題はまだ解けないし、その範囲にあったものは解けていないといけません。(もちろん、飛ばしてしまったハイレベル問題は除きます) ひとまず解答解説を読んで分析してみましょう...続きを見る

kuroオンライン家庭教師

2019/9/24